いけにえと雪のセツナ ‐ 登場人物 (その他)

スポンサーリンク

キト

エンドと同じ仮面の一族の老剣士。
エンドに興味を持ち、冒頭のほか、終盤のサブイベントにもかかわってきます。彼とのタイマン戦は本作屈指の難易度。

ライシン

セツナの父親。
前回は妻のマナを、そして今回は娘のセツナを「いけにえ」に捧げることになる悲劇の人。しかし、大げさな悲壮感はなく、この人の反応から本作における「いけにえ」というものの位置付けを窺い知れるようです。ヨミとも面識あり。

イチギ

魔導商会の一員。
モル島からの船に同乗していた魔導商会の人。ユラルで再開し、以後はユラルの魔導商会となります。入口に近いので重宝します。意外にノリが良かったり。

タギシ

ユラル自警団長を勤める女性。ヨミの師匠。
双剣を扱う実力者。ヨミの師匠ということで年齢はかなり行っていると思われますが、衰えなんぞ微塵も感じさせず、キトと同じく終盤のサブイベントのタイマン戦で大きく立ちはだかります。

アヴァロ

ウカテイナの城主。
理解ある優しい城主という表の顔を持ちつつ、実際は魔物と取引をして少数の犠牲を差し出している下衆野郎。しかし彼は彼で偉大な父親を継ぐプレッシャーに苦しんでいた模様です。

シャンバ

ウカテイナの元城主。
いつくしみの里にて隠居生活を送っているアヴァロの父親。

アマツ

ウカテイナの操船技師。
「ちっちっ」という口癖を持つ変わり者で、シャンバに心酔してアヴァロを軽んじる頑固者でもあります。EDではなぜかフィデスと意気投合している風。

ヒドロ

隠れ里イルの村長。
年齢の割に達観した人生観を持つ落ち着いた人。

トール

キールの兄。
かつて天才と言われたほどの実力者。希少種の延命方法を求めて旅立ちますが、そのまま失踪中。

ナナセ

セツナの母マナの姉。
ヨミが護衛隊を勤めたときの「いけにえ」。

ロッカス

ジュリオンの腹心。
冒頭にてエンドに「いけにえ」殺しを依頼する人。登場時こそこんな感じの嫌な雰囲気を醸し出しますが、実際は主想いな好々爺風のキャラ。

ライーラ

ジュリオンの幼馴染のヘタレさん。

サヤギ

ギャッカの薬師。
かなりの魔力を持つ老女。セツナと同じチャクラムを持ちます。

テンバ

いにしえの王国の守護者。
要するにジュリオンの先祖と思われる人。

ユーテス

「時の審判者」と呼ばれる人物。
静止した世界にて輪廻の闇の抑えつつ、その力の源として、要するに「いけにえ」と必要としてきた人。クオンの本体的であり、あのカエルのフードなどはこの人の趣味とのこと。

マナ

セツナの母でナナセの妹。
ライシンの妻でもあります。セツナのひとつ前の「いけにえ」。

シンク

ヨミと同じときの「いけにえ」の護衛隊の一員。
ヨミへの恨みを持って現れますが…。

シグ&クロトワ&トローネ

キールと同じ希少種の三姉妹。
迫害を受けた過去を持ち、人間に対して並々ならぬ憎悪を抱いています。交戦時は三姉妹恒例の「デルタアタック」を使用。個人的にこの三姉妹には何か救いが欲しかった…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^