いけにえと雪のセツナ ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

■ 公式サイト
http://www.jp.square-enix.com/setsuna/

「とりもどそう、ぼくたちのRPG」をキャッチコピーに、90年代の国産RPGの手触りを目指して作成された完全新作のRPG作品。ATBや連携など、システム的には「クロノ・トリガー」を色濃く受け継いでいると思われます。

基本事項

  • 仲間全員は名前の変更が可能
  • レベルアップでHP・MP全回復
  • 戦闘中「START」で状態強化や状態異常、発動しているシンギュラリティの確認が可能
  • 全員行動不能系の状態異常でゲームオーバー
  • 控えメンバーの取得経験値は1/2

雪世界の記憶

いわゆる図鑑的なもの。開始時から閲覧可能です。
各項目に細やかなフレーバーテキストが記載されているほか、連携魔法は対応する法石をすべて入手した時点で登録されるため、現状でどの連携魔法が使用可能なのか確認する手段としても役立ちます。また、未読のものは水色のマークが付きますが、魔導商会の項目はうまく機能していないようです。

宿屋は存在しない

全編を通して「宿屋」的な全回復施設は存在しません。
これは、レベルアップで全回復するのと、お馴染みのテントやコテージが比較的安価で手に入ることから、バランス的に特に問題はないと思われます。ただ、RPGに慣れている人にとっては、なんというか「ひと段落感」に欠けるのも事実。特に「あの頃のRPG」を謳っている本作でこの仕様なのは少々疑問かもしれません。

戦闘の入り方

本作はクロノ・トリガーよろしくのシンボルエンカウントであり、魔物に気付かれずに後ろを突けば、ATBゲージと刹那ゲージが1つ溜まった状態で戦闘に入れます。後半になるほどこの差は大きいので、早めに魔物の後ろを突くクセを体得しておきましょう。
もし魔物に気付かれた場合、以降はマップを変えない限りその魔物の後ろを突いても先制にはなりませんが、同じ集団の別の魔物に気付かれずに後ろを突けば先制となります。

戦闘からの離脱

本作に「逃げる」というコマンドは存在せず、戦闘から離脱するには市販アイテムの「ミストーン」を使用する必要があります。使用した時点で撃破した敵がいれば、そのぶんの経験値と素材は入手できます。

刹那システム

本作を代表するシステム。
MPの右にある円形の「SP=刹那ポイント」が溜まった状態で、攻撃や魔法の発動時に然るべきタイミングで「□ボタン」を押すと、追加で攻撃や回復などの「刹那効果」が発生します。主な特徴は以下の通り。

  • SPは最大3つまで溜められる
  • SPは戦闘ごとにリセットされる
  • 闇雲に連打するよりもタイミングを身体で覚えたほうが確実
  • 魔法個々によって発動する効果が決まっている。刹那効果もご参照
  • 条件により、被弾時やアイテムの使用時に発動できることもある

通常攻撃の刹那効果

  • エンド … 物理攻撃 (無属性・単体)
  • セツナ … 物理攻撃 (天属性・全体)
  • クオン … 物理攻撃 (時属性・単体)
  • ヨミ  … 物理攻撃 (無属性・全体)
  • キール   … 魔法攻撃 (火属性・全体)
  • ジュリオン … 物理攻撃 (水属性・単体)
  • フィデス  … 物理攻撃 (冥属性・単体)

武器の属性によって変化するかもしれませんが。

お金の稼ぎ方

お金は敵を倒して入手した素材を魔導商会に売ることで得られます。
売った素材はそのまま法石交換の条件になるので、基本的に村・町に着くたび素材は全売りでOKです。ただし、緑色で表示される食材は必要な料理を作成してもらうまで取っておきましょう。

バグ情報

いずれもVITA版での発生を確認しています。

フリーズ
主に民家から出るとき、右下の雪の結晶の回転が止まり、そのまま固まってしまうことがあります。
対策はこまめなセーブを心がけるくらいでしょうか。一度HOME画面に戻ったら再開したこともありました。
セーブデータが再開できない
最も凶悪なバグ。上記と同じ状況になり、何度やっても再開できませんでした。データ自体が死んでいる?
対策は、ゲームをスリープでなく終わらせるときは2ヶ所以上にセーブをすることで。
戦闘の視点が変わる
画面の視点が遥か上を向き、戦闘の状況がほとんどわからなくなります。
対策は、さっさとミストーンで逃走するのが無難です。ボス戦は事前にセーブをしていると思うので被害は少ないと思います。ちなみに自分はオーロランタイガー戦でこれが発動し、わけもわからずボッコボコにされました。
先頭のキャラが消える、小さくなる
主にダンジョンから出たあとのフィールドで発生。移動速度も遅くなります。
歩いていればそのうち元に戻るので、実害はほとんどないと思われます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^