サガ フロンティア2 ‐ 登場人物 (その他)

スポンサーリンク

ギュスターヴ12世

開始時のフィニー王。主人公のギュスターヴの父親。
ギュスターヴにアニマがないと知るや、「石ころ以下」としてギュスターヴを追放します。人間的に褒められた行為ではありませんが、王という立場を考えると間違っているとも言い切れません。

ソフィー

ギュスターヴの偉大な母親。
ギュスターヴと共に追放される道を選び、そのまま異国の地にて早世します。「ギュスターヴ12才」でギュスターヴを叱り諭す場面はもう直視できません。

フリン

ギュスターヴの子分。
ギュスターヴと同じ術不能者であり、初めはいじめられつつも、生涯にわたって健気にギュスターヴに付き従います。他作品ではなかなか見られない立ち位置のキャラクター。後にダイクという養子を迎えます。

レスリー

グリューゲルの名門ベーリング家の女性。
青年期のギュスターヴを支えた一人。直接的な描写こそありませんが、ギュスターヴと最も精神的に繋がっていた女性と思われます。「兄弟再会」での詩的な台詞が印象的。

ムートン

ワイド候に使えていた政務者。
しっかり者の良い人という評判と、モブ的な見た目は地味な印象を受けますが、政務に上の空のギュスターヴを意図的に放り出したり、ネーベルスタンの招聘にシルマールを利用したりと、実際はかなりのやり手です。そのときのネーベルスタンに対する「お褒め頂いて光栄です、将軍」という台詞が彼の本質を表していると思います。

バット

海賊「銀帆船団」の用心棒。
ギュスターヴも認める剣技の持ち主で、ギュスターヴをして「ファン」と言わしめたほどの好人物。恐らくワイドの発展に貢献したのでは。

ギュスターヴ14世

ギュスターヴ12世の子。
少々ややこしいですが、ギュスターヴたちの追放後、12世が新たに別の王妃との間にもうけ、正当な後継者として育てていた子のこと。つまり主人公のギュスターヴにとっては異母弟にあたります。登場はごく僅かながら公式絵あり。

フィリップ

ギュスターヴの弟。
幼い頃は兄を慕っていたものの、ギュスターヴの追放後は実質母親を連れ去った兄を憎むようになり、その復讐を生き甲斐に20年を過ごしてきました。そんな事情を知れば知るほど「兄弟再会」のシナリオが響きます。以後、ギュスターヴとはそれなりの関係に落ち着くも、息子のフィリップ2世が暗殺されると、アニマを暴走させて火竜の姿へ…。

マリー

ギュスターヴの妹。
ギュスターヴとソフィーの追放の少し前に生まれたため、「兄弟再会」ではギュスターヴとほぼ初対面を果たします。オート候のカンタールに嫁ぎますが、実際はフィニー有利の政略結婚だったため、カンタールとの仲は冷え切っていたとのこと。作中では「兄弟再会」の「今度はカンタールも連れてくるといい」の台詞あとのちょっとした「間」にそれが表現されています。後にカンタールとは離縁し、ケルヴィンと再婚。

カンタール

オート候。マリーの初夫。
ギュスターヴ編の大敵的な存在で、フィリップ2世の暗殺や、南の砦の襲撃の黒幕とも囁かれる黒い噂の耐えない人物。23人という多くの子を残し、その中にはヌヴィエムやプルミエールも含まれます。

新首都建設プロジェクトチームの一員

ギュスターヴにハン・ノヴァの市街地の建設を説明する人。
ギュスターヴの凶暴な噂に怯え、前日の晩には妻と泣きはらすも、いざ説明が始まればギュスターヴに臆することなく歓楽街の重要性を説く強者。そして歓楽街の帝王へ。

フィリップ2世

フィリップの子供。
フィニーの正統後継者としてファイアブランドの儀式を成功させますが、その直後に暗殺されてしまい、怒りでアニマを食われて火竜となったフィリップに連れ去られます。その後は不明。

ダイク

フリンの子。作中に描写はありませんが、養子とのこと。
ギュスターヴから「優秀」との評を受けるも、「南の砦で」は何者かの策略により砦の到着が遅れます。

フィリップ3世

ケルヴィンの第二子。母親はマリー。
尊大な兄チャールズとは異なり、ケルヴィンの実直さを受け継いでいます。ヴァンアーブルとは友人の間柄。そして何よりグスタフの父親でもあります。

チャールズ

ケルヴィンの第一子。同じく母親はマリー。
誰に似たのか不遜な物言いが鼻に付く問題児。実際ヌヴィエムに放った心ない一言が後の戦争の引き金となります。そんな立ち位置もあってか、コンバットの第三戦ではプレイヤーの撃破対象に。

ヌヴィエム

カンタールの娘にして、異母妹にあたるプルミエールの義母。
過去にチャールズに受けた屈辱から、ヤーデが覇権を手にした後は、多くの勢力にヤーデへの反乱を扇動します。プルミエールを呼び止める際の台詞はいかにも有能な人のもの。ドット絵には器量の良さが表現されています。

デーヴィド

チャールズの息子。
ギュスターヴ編のラストを飾る最後の主人公。

ポール

ニーナの夫。
ニーナに「足手まとい」呼ばわりされる冴えない夫風ですが、ニーナの臨終の際には印象的な台詞を残します。

アレクセイ・ゼルゲン

ディガーグループ「アレクセイ一味」の頭。
以前ウィルの父親と砂漠のメガリスに行ったことがあり、そこで「エッグ」を見つけ出した、ある意味最重要の人物。

ミスティ

1270年頃からエッグが媒介としていた女性。
この頃からエッグはアニマの研究を始めるようになり、手始めにノースゲートの住人をふにゃーんとさせます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^