魔界塔士Sa・Ga ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「魔界塔士Sa・Ga」は1989年12月15日に、ゲームボーイ初のRPGとしてスクウェアから発売されました。
ゲームボーイ初のRPGということは同時に携帯機初のRPGということでもあり、さらにスクウェア初のミリオンセラーを記録した作品でもあります。もちろん「サガシリーズ」の初代作でもある、いろいろと記念すべき作品です。

種族解説

人間
オーソドックス。ドーピングアイテムを使わない限り強くなりませんが、逆を言えば金さえあればすぐにでも強くできます。装備欄もすべて自由。一人はいたほうがいいと思います。
エスパー
装備欄の上4つが特殊能力欄として埋まります。ステータスは勝手にどんどん上がるので楽です。ドーピングアイテムも使おうと思えば使えます。ステータスの上昇と特殊能力の習得は特に明示されないので注意。
モンスター
敵モンスターの肉を喰らうことで変身を繰り返します。変身のたびに全回復するのでお手軽ですし、エスパーよりも狙った特殊攻撃を使える状況に持っていきやすいです。ドーピングアイテムも使おうと思えば使えます。

個人的なおすすめ構成は「人間・エスパー・エスパー・エスパー」。最初の階でちょっと意識して多めに戦闘をしておけばエスパーが勝手に強くなり、その後の展開が随分と楽になるでしょう。モンスターも便利と言えば便利なのですが、終盤のボスに対して有効な攻撃手段があまりなく、どうしても手数不足に陥ってしまいます。

前期ロムと後期ロム

初期出荷のロムにはバグが多かったため、本作は修正前の「前期ロム」と修正後の「後期ロム」の2つが存在します。
見分け方は、能力値に「ちから」があるものが前期ロム、「こうげき」があるものが後期ロムです。当サイトの表記は前期ロムの「ちから」で統一しています。確かにこれ、友達のデータを見て不思議に思ったことがありました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^