ロマンシング サ・ガ3 ‐ マスコンの攻略

スポンサーリンク

ゴドウィン男爵との戦い1

指揮ゴブリンキング
陣形ゴブリン軍団
兵力4000騎

オープニングバトルその1。敗北はゲームオーバーとなります。
こちらの兵力は相手の半分の2000しかありませんが、「全軍突撃」を使用すると後方にいたラドムの騎馬兵が撤退し、ほどなくして敵軍の後ろを突いてくれる、実質ほぼイベントバトルとなっています。勝つこと自体は簡単なので、ここでは有用な戦術を習得できるまで粘りたいところ。攻撃なら「疾風陣」「速攻前進」、防御なら「分断作戦」「雨ごい」あたりが狙い目です。

撃破後、編成のみ可能でそのまま2へ。

ゴドウィン男爵との戦い2

指揮ゴドウィン
陣形波状盾の陣
兵力4000騎

オープニングバトルその2。同じく敗北はゲームオーバー。
兵力は互角であり、本格的なマスコンはここから。まずは普通に前進し、「前二列交代」で騎兵が出てきたら防御し、再度歩兵が前になったら「全軍突撃」を。運が悪いと負けることもありますが、大抵はゴドウィンが途中で退却するなどして勝てると思います。可能であれば前戦同様に有用な戦術の習得を粘りたいところです。

この戦い以降、施政の軍事にて「戦術研究」が可能になります。
「偽りの白旗」「情報操作L3」「情報操作L4」あたりはリセットを駆使してでも早めに入手しておきましょう。

パッペンハイム傭兵軍団との戦い

指揮パッペンハイム
陣形疾風陣
兵力4000騎

初期状態からランダムで発生します。10万オーラムで一時回避も可能。
動きの早い「速攻前進」と、いやらしい「後退攻撃」を使ってきます。まず「速攻前進」に対しては普通に防御をし、「後退攻撃」を始めたらうまく触らないように距離を詰めましょう。そんなことを繰り返しているうちに「全軍突撃」を使ってくるのでこちらも突撃で対応を。陣形は「防壁の波陣」のほうが相性が良さげです。

エドウィン男爵との戦い

指揮エドウィン
陣形波状盾の陣
兵力4000騎

傭兵軍団戦後にランダムで発生します。10万オーラムで一時回避も可能。
まずすぐに「前列突撃」を使ってきますが、これは大したことはなく、普通に防御からの攻撃で押し返せます。ほどなくして「前二列交代」のあとに再び「前列突撃」を使ってくるので防御して耐え、ほどよいタイミングで「全軍突撃」を。ただしその前にミカエルがやられてしまうことも多く、できれば「前二列交代」を使われるあたりでモラルを回復できるもう一手が欲しいところです。

野盗の討伐

エドウィン戦後にランダムで発生します。同様に10万オーラムで一時回避も可能。
初の編成を挟まない連戦です。各戦闘ごと作戦の回数は復活しますが、消耗した兵力は戻りません。いかに兵力を減らさずに三戦目に突入できるかが勝負となります。

第1戦

指揮ラビット
陣形上翼突撃の陣
兵力4000騎

兵力は互角ながら、その実は陽動部隊であり、適当な交戦ですぐに退却を始めます。もちろん連戦という手前、さっさとお帰りいただくに越したことはありません。「中央突破の陣」だと高確率ですぐに退却してくれるので、手早く済ませたいなら予め戦術研究で習得しておきましょう。

第2戦

指揮フォックス
陣形中央突破の陣
兵力4000騎

敵軍はすぐに防御を始めますが、釣られて中央付近まで攻め入ると、ガサガサと上部の森から伏兵の弓が飛んできます。かといって中央より右で戦うにしても元々が不利なうえ、引き付けてもこちらの前進と同時に後退を始める嫌らしさです。
なので最も被害が少ないと思うのは、結局のところ伏兵にもめげずに「疾風陣」等で攻め入り、敵が「後列突撃」を使ったタイミングでこちらも「全軍突撃」を行うこと。うまく指揮官のフォックスを撃破できれば退却を始めてくれます。

第3戦

指揮ベア
陣形上翼突撃の陣
兵力3000騎

最終戦。理想は相手と同じ3000前後の兵力が残っていること。
第2戦が辛かったし、兵力的にも大したことないのかと思いきや、「後列突撃」+「分断作戦」+「全軍突撃」というコンボで畳み掛けてきます。対策としては、どうも「情報操作L4」を使用すると、これら3つのうち2つが不発で終わる?ようなので、あとはセオリー通りの攻め方で問題ないかと思います。

大演習

初期状態から施政を最低5回行うと発生します。費用1万オーラムが必要。
こちらも一応連戦ですが、それぞれ別部隊での戦いとなります。

第1戦

指揮ゴブリンプリンス
陣形ゴブリン軍団
兵力3000騎

北ルートはライブラの指揮する重装歩兵でゴブリン軍団と戦います。
陣形・作戦ともに初期状態のものしかなく、兵力的にも劣勢ですが、敵側も何の捻りもない動きなので、セオリー通りの戦い方で特に問題はないでしょう。

第2戦

指揮ゾンビのトミー
陣形ゾンビの群れ
兵力2500騎

南ルートはタウラスの指揮する騎兵隊でゾンビの群れと交戦。
モラルがゼロなので楽勝かと思いきや、まともにぶつかると押し負けます。ただ、その動きは攻めてくるわけでもなく、適当な距離を右往左往するだけのもの。中央のやや右あたりで防御して待ち、背中を向けたところを攻撃するのを何度か繰り返せばOKです。

第3戦

指揮????????
陣形防壁の波陣
兵力4000騎

中央ルートのミカエルは謎の一団と対峙します。
とはいえ、所属が謎なだけで戦術的に変わった行動はしてきません。こういう力押しの相手には「偽りの白旗」が効果覿面です。適当に殲滅を。

リブロフ軍団との戦い1

指揮ヴラド
陣形沼地の守り
兵力4000騎

大演習のあと部屋に戻って影と話し、その後に5回施政を行うと発生します。費用1万オーラムが必要。また、お金に余裕があればこの戦いは傭兵を雇っておきましょう。

まず目を引く中央の沼地は、移動速度が下がる + 微ダメージという厄介なもので、当然敵もこちらを入れようと防御に徹してきます。「情報操作L1」などで敵を沼地に入れることもできますが、早々に「疾風陣」等で敵陣に突っ込み、「全軍突撃」を後出しすればどうにか押し切れるんじゃないかと思います。「偽りの白旗」や「情報操作L3」があると尚良しです。

撃破後、編成のみ可能でそのまま2へ。

リブロフ軍団との戦い2

こちらは連戦。先に雇った傭兵はここで活きてきます。

第1戦

指揮ラザール
陣形城の守り
兵力2500騎

出城を落とす攻城戦。兵力こそ優勢ですが、三機の投石機の攻撃をかわしつつ、城門をこじ開けて敵も殲滅と、やることは多いです。
投石機の攻撃は1号機がこちらの初期位置、2号機が中央付近、3号機が城門付近となっていて、敵の発言を頼りにかわすことになります。どのみちモラル回復のために前進と後退を繰り返すことになるので避けるのはそれほど難儀ではありませんが、たまに「石の雨」という回避不能の全体攻撃を使ってくるのでそれが来ないよう祈りましょう。また、傭兵を雇っていれば「弓兵部隊4」という作戦が出現しており、これは投石機を攻撃できるもので、指揮官が中央から中央やや右にいるときに使用すると、一撃で投石機をしばらく機能停止にすることができます。
そして城門が開くと、こちらはなぜか一瞬混乱状態になった後、敵軍が「全軍突撃」を繰り出してきますが、普通に突撃で返せば問題はありません。このあと連戦なので、有利に運べる作戦が余っているなら使用するのもいいでしょう。

第2戦

指揮バイヤール
陣形下翼突撃の陣
兵力2500騎

いきなり指揮官を倒せた…と思ったらそれは影武者だったという姑息な手を使ってき、さらに「偽りの白旗」を使用したあと、「前列交代」「全軍突撃」と畳み掛けてきます。ここさえ凌げば勝ったも同然なので、モラルを回復できる一手を用意しておきましょう。

  • バランスのブラッドレー
  • 速攻のコリンズ
  • 突撃のパットン

勝利後、出城の守りを上記の誰に任せるかの選択になります。個人的にはコリンズを推奨。
また、施政の軍事にて「防御工事」が可能になっており、5万オーラムで次の出城の防衛戦に作戦「投石機1」を追加することができます。お金に余裕があるようなら。

神王教団との戦い1

指揮ガリバルディー
陣形攻撃の波陣
兵力4000騎

リブロフ軍団戦の勝利後、施政を10回行うと発生します。費用1万オーラムが必要。
最初は先に選んだ方での出城の防衛戦。敵の侵入者を全滅させるまでの一定期間を耐え忍べばそのまま勝利となります。まず陣形は必ず「防壁の波陣」を選択し、基本は防御、敵が後退したら前進を繰り返しましょう。モラルの回復手段を大事に。防御工事で設置できる「投石機」はまず命中しませんが、敵が後退するぶん時間稼ぎにはなります。

撃破後、編成のみ可能でそのまま2へ。

神王教団との戦い2

指揮アクート
陣形防壁の波陣
兵力4000騎

敵側への上り坂という不利な峠戦。
「疾風陣」でないとかなり厳しい戦いを強いられます。できれば「速攻前進」も。さすがに敵側に特殊な作戦はなく、防御や退却の頻度も高いです。きっちりと距離を詰め、然るべきタイミングで「全軍突撃」を。

撃破後、編成のみ可能で最終戦の3へ。

神王教団との戦い3

指揮シャルル
陣形神王教団
兵力4000騎

灼熱の砂漠での一戦。
この暑さによって両軍ともモラルがダダ下がりし、しばらくはグダグダの戦いが展開されます。ほどなく「信じる者達‥」という表示とともに爆裂部隊が突っ込んでくるので、後退してかわしましょう。2度の爆裂部隊をかわせばあとはどうにでもなります。

ちなみにこの戦いに勝利すると、国庫に50万オーラムが追加されます。

ビューネイ軍との戦い

指揮デビルリーダー
陣形魔物の群れ
兵力4000騎

これは少々特殊な戦い。発生条件等はマスコンの基礎をご覧ください。
沼地での戦いですが、敵は浮いているため沼地がダメージにならないのと、防御していてもフラフラと右往左往しているだけなので、結局こちらから攻めるしかありません。「疾風陣」に「速攻前進」「偽りの白旗」「情報操作L3」あたりを組み合わせ、一気に突き抜けましょう。

ちなみにこの戦いに敗北すると、ロアーヌにて「ビューネイの精」との通常バトル三連戦が発生します。
どちらかに勝利し、その後に部屋で影の報告を受けると、ビューネイの巣への突入が可能になります。

アビスの魔物との戦い

指揮ボナパルト
陣形幻魔陣
兵力4000騎

4つのアビスゲートを閉じると発生するマスコンの最終戦。戦が終わるまで施政が行えなくなるので、4つ目のアビスゲートを閉じるときは一応注意しておきましょう。

何といっても地形を自在に変化させる「幻影」が最高に厄介です。峠や砂漠、こちらが中央付近にいると沼地に変えたりしてくるうえ、「陣形回復 速」「統率回復 強」を無制限に使用し、さらに「爆裂部隊」「偽りの白旗」「指揮官突撃」には同作戦を、ほかの奇策には「情報操作L3」を返してくるなど、好き放題に戦局を動かしてきます。適当に攻めようものならもうコテンパンにやられることでしょう。

個人的に勝率の高い戦略はこんな感じ。

  1. 陣形は「疾風陣」
  2. 3歩ほど進むと「幻影」で沼地にされる
  3. 「情報操作L4」を使用する
  4. ほどなく「情報操作L3」が返ってきて、本隊も攻めてくる
  5. 動かせるようになったらそのまま防御し、「統率回復」や「陣形回復」でモラルを最大に
  6. そのうち「幻影」で峠にされるが、それでも防御
  7. 相手のモラルが赤に入ったあたりで攻撃に転じる
  8. ほどなく「全軍突撃」してくるのでやり返す

ほかの不確定要素がなければ、これで半分以上は勝てるんじゃないかと思います。
ポイントは、前半は軍を沼地に浸かる位置に保つこと。下手に沼地を脱すると、地形を砂漠に変えられてむしろ面倒な展開を強いられてしまいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^