ファンタシースター外伝 ‐ 登場人物

スポンサーリンク

アレック

主人公の一人。テドの村の少年。
「アリサの戦士」というお役目を担っています。基本グラフィックはどこかアメリカの犯罪者風。

ミニナ

主人公の一人。テドの村の少女。
本作はこの娘が「ライトペンダント」を拾ってきたことで幕を開けます。両親がおらず村長に育てられており、その正体は初代作の主人公アリサのクローン。少女という割に基本グラフィックはやや化粧濃い目に映りますが、ロブ爺の家での一枚絵は歳相応で可愛らしい感じ。

テーラー

冒頭にボコボコの顔で現れてモーグのピンチを告げる人。その後は出番なし。

そんちょう

テドの村の村長。ミニナの父的存在。

ロブ

テドの村の外れに住む爺さん。ドロムの兄。

ポポ

タイニー村の自身過剰な人。
以前は老師に従事していたところ、「せかいのちず」を盗んで破門を食らったとのこと。

ろうし

ポポの元師匠。
「せかいのちず」を金儲けに使おうとしたポポを破門にし、地図も盗み返します。

ばんにん

カルカットの遺跡の番人さん。
酒癖の悪い職務怠慢。

占い婆

ジプシーのキャンプで占いを営む人。
カブロンの撃破に必須な「クラのうでわ」をくれますが、一体何者なのでしょう。

ドロム

迷いの森に住む水門の管理者。ロブ爺の弟。
やたらと小型な身体は人間なのでしょうか? 兄のロブ爺は普通の大きさなのですが…。迷いの森で初の3人目の仲間として加わります。初期レベルが低く装備もないので戦力にはならないものの、ビンドワの魔法を持っているため金縛り要員として活躍できます。

ダイダロス

ロボット山賊。
本来はアリサの補助ロボットでありながら、カブロンによって悪いロボットになってしまっています。仲間になる際は字数制限のせいか「ダロス」に短縮。だったら初めから…。

モーグ

アレックの父親。救出時は割とピンピンしています。

アリサ

初代作の主人公。
ミニナのクローン元。自身のクローンを子供と考えるのはSFでは割と普通の考えなのでしょうか。スター・ウォーズのジャンゴ=フェットもそんな感じでした。

カブロン

秒速で1億稼ぎそうなほど恰幅の良いラスボス。
「クラのうでわ」未使用で倒すとわざわざやられる演技をしてくれるあたり、サービス精神旺盛です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^