鬼武者タクティクス ‐ マップ攻略 (五)

スポンサーリンク

第四十一話 裏本能寺

秀吉との対決マップ。
ジンメズナは遠距離攻撃と回復、ディマウザーは呪縛攻撃と厄介な上、どちらもHPがそこそこあるので簡単に倒せるわけでもありません。各自鬼水系を装備し、最初のターンから大技を使っていきましょう。
秀吉の「地獄送りの術」を完全に防ぐ手立てはないと思います。なのでせめて王仁丸にはディマウザー対策に「気合の鉢巻」を装備させて突っ込ませ、秀吉に極・六連斬りを決めてもらいましょう。秀吉さえ倒せばあとはなんとかなります。

第四十二話 三途の川

ギルデンスタンとの決戦マップ。
まずマクマは「奇怪の踊り」でこちらを混乱にしてくるため、直接攻撃勢に「気合の鉢巻」の装着が必須です。
ギルデンスタンは3ターン目から移動を開始し、左側の段差に落ち着きます。攻撃は射程5の複数攻撃が二種類あり、「螺旋竜巻」は180程度ですが、「荒れ狂う神風」は350前後ものダメージを食らうので、HPの低いユニットは近付かないほうがいいでしょう。また、毎ターン200以上のHPが自動回復するため、王仁丸や怪童丸といったタフな力自慢3人で囲むのが理想です。HPはだいたい2000程度。

第四十三話 地獄門

「シッポを切って逃げるなよ!」

幻魔・秀吉となった秀吉との決戦マップ。
ディマウザーが多いため、前マップに引き続き「気合の鉢巻」中心の装備が良いでしょう。ディマウザーは呪縛以外の状態異常で動けなくし、できるだけキンメズナから先に倒すのが無難です。また、敵を4体以下にするとこちらの初期位置付近にキンメズナx2の増援が発生します。
幻魔・秀吉はある程度の中段まで進むと降りてくるので、必ず防御力を高めた王仁丸で隣接しておきましょう。HPは恐らく3000程度でしょうか。

第四十四話 死闘、幻魔陣!

「歴史を作るのは俺たちだ!」

ついに信長との対決です。
まず初登場のゾンメレクは「気力吸収で」こちらのSPを20ずつ吸収し続け、さっさと倒そうにも高い防御力が邪魔をするという最高に厄介な相手です。一撃で倒す手段は恐らく鬼ッ子の二つの術式のみ。回復担当は鬼水系を装備しておきましょう。同じく初登場のギドロザイムは眠りか呪縛をしておけばいいと思います。
信長は2歩以内に入ると動いてきます。たまに「黄泉送りの術」を使ってくるため、もし王仁丸が狙われたらそれはもう運が悪かったと思ってください。また信長はレベル50のため、1でもダメージを与えれば48の経験値がもらえます。HPは2000ほど。

最終話 真幻魔王

「お前は最初にして最後の幻魔王になるのだ!」

最終マップ。
ザコ敵はゾンメレク&ギドロザイムと前マップと同じです。幻魔王・信長は3歩以内にさえ入らなければ何もしてこないので、まずは周りから片付けましょう。
幻魔王・信長の攻撃は射程5で十字範囲の「漆黒の嵐」と周囲8マスの「混沌の衝撃」で、ぶっちゃけラスボスとしては大したことはありません。究極的には3マスより外から間接攻撃を続ければ無傷で倒すことも可能です。まあ、さすがにそれでは盛り上がらないので、各々大技を駆使して倒しましょう。HPは6000くらいだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^