鬼武者タクティクス ‐ マップ攻略 (三)

スポンサーリンク

第二十話 怪童現る

加入
怪童丸 (クリア後)

4ターン目に怪童丸がNPCとして登場します。ほかは幻魔武士のx2の増援が三度もありますが、特に問題はないでしょう。

クリア後、唐突にイベントが発生し、王仁丸が真鬼武者変身を習得します。

第二十一話 浜松の養魔所

加入
風魔小太郎 (クリア後)

「気合の鉢巻」の有無で難易度が変わるマップ。
初期に2体いるバラムゾップの「痺れ光線」は射程5かつ十字範囲と広く、しかも麻痺は5ターンも続くという厄介さ。そしてノームゾップも4ターン目にこのバラムゾップへと成長するため、それまでに倒したいところです。
「気合の鉢巻」がない場合、バラムゾップは阿国の悪夢の術で動きを止め、ノームゾップは風魔小太郎のよう間接攻撃で上からも攻撃し、それでも厳しいようなら王仁丸に覚えたばかりの真鬼武者変身を使って突っ込んでもらいましょう。

クリア後、風魔小太郎が正式に加入します。

第二十二話 長篠の戦い

加入
三十郎 (開始前)

開始前に三十郎が加入。
幻魔ガトリングの一斉射撃は射程5の十字範囲にランダムの4回攻撃と強力で、大半のユニットは1人で範囲に入れば簡単にやられてしまうと思います。前にある柵はこちらの弓や銃に加え、カーソルまで防ぐという鉄壁ぶり。少なくとも正面突破は避け、左右のどちらかから間接攻撃で1体ずつ破壊していくのが無難です。つばめが稲妻の術を覚えているなら2体同時に半壊することができます。

第二十三話 ドクロ杯

4体いるフィルメレクが結構な強敵。防御力が高い上、射程5の「体力吸収」でこちらのHPを吸い取って回復してしまいます。風属性が弱点なので、風神斬りが使用できるユニットを3人以上は用意したいところです。
また、途中何度か幻魔武士の増援がありますが、フィルメレクの厄介さに比べればどうってことはありません。

第二十四話 清洲城の罠

加入
サクラ (開始前)

開始前にサクラが加入。
厄介なフィルメレクが今度は5体。やはり3~4人の風神斬り部隊を結成しましょう。
左側の段差のほうが緩やかですが、敵はターンごとに左・右・上という順番で動いてくるため、場合によっては挟み撃ちをされるかたちになります。初めから左右に二部隊を展開するか、もしくは初期位置で待ちに徹するのもありでしょう。

第二十五話 清洲の幻魔獣

かなり厄介なマップ。
幻魔獣はベロン ⇒ ベロスク ⇒ ベロズーナと3ターンごとに成長し、ベロズーナは攻撃を受けるとそのターンで四方に4体のベロンとなって分裂します。なのでとりあえず左側の2体を倒したいところですが、倒すごとに右側・上側・こちらの初期位置付近と3回のベロン&ベロスクの増援があるのが厄介です。
弱点は火属性なので、風魔小太郎の火炎の術大火炎の術、修羅の鳳凰斬りを活かしましょう。またベロズーナの分裂は四方をユニットで塞ぐことで防ぐことができます。

第二十六話 宿命の悲劇

最初のターンから一気に5体のギラムサイドが攻めてきますが、ギラムサイドは攻撃力はそこそこも防御力は低いので、レベル上げに適したマップではないかと思います。まんべんなく上げたい派の人は、ここで全ユニットをレベル20付近まで上げておきましょう。ギラムサイドx2の増援が2回ありますが、それも良い経験値になります。

第二十七話 蘇れ、怪童丸!

非常に足場が悪く、間接攻撃要員がいればいるほど有利に運べると思います。
しかしボスのサンダーガインはHPと防御力が高く、移動力は0ながら強力な射程5十字範囲の「黄金発射」を使ってきます。王仁丸以外にもう一人移動力5以上の直接攻撃要員、要するにアゲハか修羅を出しておきましょう。

「これからは忍びもサイエンスだぜ!」

第二十八話 幻魔砲を追え

開始時から8体の敵に囲まれているマップ。キンメズナが一番倒しやすいと思うので、まずはその方面に攻めて陣形を整えましょう。また増援が7回もありますが、3ターン以内に初期配置の敵を片付けてしまえばなかったことにできます。

第二十九話 幻魔砲

これまたドロガンド改がいやらしい初期配置になっていますが、さすがに強行突破するしかなさそうです。ドロガンド改はさらに二度の増援で、右側の広場とこちらの初期位置の計4体が追加されます。間接攻撃要員を多めに。
初登場のメドザイムはHPが660もあり、周囲8マスに攻撃する「触手攻撃」も強烈なのでまともに相手をするべきではありません。麻痺以外の状態異常が効くので、動きを止めているあいだに倒してしまいましょう。

第三十話 降臨せよ!青龍の精霊

メドザイムが今度は4体。睡眠や呪縛はボスのザバロッソスにも有効なので、半平太の睡眠の弓や阿国の悪夢の術があると全般的に有利に運べます。

第三十一話 青龍陣

メドザイムもキンメズナ最初のターンは攻めてきますが、その後は待ち状態になるため、順々に潰していけば問題ないと思います。マーダナナイドも適当にサクッと。

第三十二話 青龍陣・後編

最初のターンから攻め入ると、段差で思うようにメドザイムを攻撃できないまま、そのうちマーダナナイドの間接攻撃を受けるという非常に悪い構図になります。初期位置で待っているとマーダナナイドのほうが先に動いてくるので、そちらのほうが安全です。
ボスのラミージアは3体のメドザイムと一緒に攻めてきて、「開花乱舞」でいずれかの状態異常にしてきます。「気合の鉢巻」がまだないようなら、メドザイムたちを眠らせるなりして先に倒してしまったほうがいいでしょう。
16ターン目にはマーダナナイドx2の増援が発生し、そのうちの片方を倒すと夢悠の刀というアイテムを落とします。特別入用ではないと思いますが、一応レアアイテムなので欲しい方は。

また、結界をひとつ破壊したことで、幻夢空間が第十三階層まで潜れるようになっています。十二階層では最強剣の斬魔の剣、十三階層の1回目では毎ターンHPが回復する蒼玉の飾り、2回目では毎ターンSPが回復する朱玉の飾りの製法が入手できます。いずれもかなり有用なアイテムですが、鬼神の鎧の製法入手のため第十六階層を2回クリアするつもりなら、第四十話のクリアまで待ったほうが効率的かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^