鬼武者タクティクス ‐ マップ攻略 (二)

スポンサーリンク

第十話 人か?幻魔か?

加入
虎鉄 (クリア後)

このマップから全員出撃とはいかなくなります。
虎鉄がNPCで登場。初期位置はやや離れていますが、最初のターンは止まっていてくれるので問題はないでしょう。2ターン目に謎の女が幻魔刀兵を倒して去っていきます。また、4・5ターン目には簡単な増援があります。

第十一話 姫路城のカブキ踊り

加入
与一 (開始前)
阿国 (クリア後)

開始前に与一が加入。
NPCの阿国が結構離れているので、まずは全員そちらに向かいましょう。幻魔刀兵2体を倒す頃にはボスのビストゥーラら6体が近付いてきていると思いますが、王仁丸に身守りの式をかけて引き受けてもらえばなんとかなります。
5ターン目にこちらの初期位置付近から増援2体が発生します。特に問題はないと思います。

第十二話 異変!淡路島

左側から攻めたほうがやりやすいと思います。
また、阿国がレベル8で今後必須となる中回復の法を覚えるため、積極的に経験値を与えてあげましょう。
5ターン目に増援がありますが、やはり問題はないと思います。

第十三話 高松城水攻め!

加入
安国寺恵瓊 (開始前)

開始前に安国寺恵瓊が加入。
ここはさすがに左右の二部隊に分けて進行したほうが良さそうです。
幻魔ポンプはHPが高いだけで攻撃はしてこず、レベルの低いユニットの経験値稼ぎに最適です。すべて破壊するとクリアになるので、ベオジーケルより先に倒してしまわないように。

またこのマップをクリア後、雑賀孫市と安国寺恵瓊の連れション中に王仁丸が「幻夢クサビ」を入手し、「幻夢空間」に行けるようになります。ただ、現時点ではそれほどメリットはありません。

第十四話 ギルデンスタンの秘密研究室

加入
修羅 (クリア後)

2体で初登場するドロガンドはストレート弾という防御力無視の間接攻撃を持ち、撃破すると自爆して隣接している味方がダメージを食らうという厄介な相手。マップの構造上的にも、間接攻撃要員を多めに出したいところです。
NPCは開始時にアゲハがいる上、3ターン目には右上のほうから修羅も出現します。アゲハはすぐに駆けつければ問題ありませんが、修羅のほうは放っておくとドロガンドの自爆でやられてしまう可能性があります。直接誰かを向かわせるよりも、川越しでドロガンドを倒してしまうほうが早いでしょう。

第十五話 砂に埋もれた鳥取城

加入
アゲハ (開始前)

開始前、ようやくアゲハが仲間に加わります。
敵はギュンボス8体のみ。攻撃力は大したことありませんが、催眠ガスを連発されると戦闘が長引きます。現段階では有効な対処法もないと思うので、セオリー通り引きつけてから集中攻撃で叩き、被害を最小限に抑えましょう。

クリア後、尼子勝久と山中鹿之助を先行して助けるため、仲間になったばかりのアゲハが一時離脱します。

第十六話 上月城の攻防戦

加入
才蔵 (開始前)

才蔵が加わる以外にこれといった展開はありません。ドロガンドの自爆に注意程度。

第十七話 宿命の者

初のターン制限マップ。ヒトキラーにやられたアゲハを救うため、12ターン終了までに奥のラグノッソスを倒します。
割とギリギリです。注意したいのは直進した先の段差は越せないということで、開始早々全力で右回りを進む必要があります。移動力重視のメンバーにし、風神斬り雷撃の術を使いながら、ドロガンドの自爆も気にせず駆け抜けましょう。

第十八話 朱雀陣

暑苦しいバラハギが登場します。初期位置すぐのオレナナイド4体はかたまっているので倒しやすいはず。倒すとさらにオレナナイドx2・バイゴザレスx2が現れますが、こちらも特に問題ないと思います。

第十九話 朱雀陣・後編

「マグマにたたき込んでやる!」

暑苦しいバラハギとのタイトルマッチ。初期配置がいやらしいですが、最初のターンはアゲハだけ橋の上に避難させて終えると、敵は移動だけをしてきていい感じに密集します。
バラハギは直接攻撃がなかなか強烈なので、守備力の高いユニットを当てましょう。

また、クリア後は結界をひとつ破壊したことで、幻夢空間が第九階層まで潜れるようになります。第九階層では状態異常を防ぐ気合の鉢巻の製法が手に入ります。できるだけ早めに入手しておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^