忍者武雷伝説 ‐ 章攻略 (前半)

スポンサーリンク

第一章 羽尾の国

勝利条件敵の全滅
制限日数15日

同じユニット構成でのガチンコ勝負。
まずは武雷に昇龍剣を、権平に火の槍を買い与えましょう。あとはそれぞれ三すくみで相性の良い相手を担当すれば無難に終えられると思います。
弓兵の玄番は、個人的には使いどころが難しく、それならば他の3人に経験値を与えたほうが良いとの判断から当攻略では使用いたしません。ご了承ください。

クリア後、銭200が手に入ります。

第二章 岩瀬の国

勝利条件「天明の鏡」の入手
制限日数13日
仲間加入雲海 (必ず)

恐ろしいどアップのお顔で始まります。
右上の忍者は右近で、中央の槍兵は武雷で、弓兵は権兵で、迫り来る2段の武士は武雷の忍術と権兵で倒すのがいいでしょう。
また、ここでは来たる難関の第四章に備え、中央の町の一番右の家で銭600をもらったら、南の町で権兵に鋼の鎧を買い与えてあげましょう。

武雷が南の町の中央の家を訪ねると、「天明の鏡」の入手とともにクリアとなります。
鏡をくれた僧侶の雲海が仲間に加わり、再び銭600が入ります。

第三章 安達の国

勝利条件敵の全滅
制限日数13日
仲間加入頼継 (必ず)

まず、開始位置付近の町の、右から2番目の家を雲海で訪ねると、全財産と引き換えに「まが玉」が手に入ります。使う予定がなくとも、とりあえず入手しておけばいいと思います。もちろん、その際はできるだけ安く済むよう道場で鍛えられるだけ鍛えておきましょう。ここで権平は最低でも3段にはしておきたいところです。

あとは、それぞれ三すくみの相性の良い相手を担当すれば問題はないかと。東の町も特に寄る必要はありません。
クリア後、騎馬の頼継が加わるとともに、銭1000が入ります。

第四章 置賜の国

勝利条件大友に会う
制限日数20日
仲間加入忠次 (必ず)

大勢の武士が攻め寄せてくる、下手をすれば本作最難関とも名高い第四章。しかしきちんと権平を強化していれば、気持ち良いくらいの「権平無双」が可能です。
まずは先陣の鉄砲や忍者を武雷や頼継で倒し、武士ゾーンに入ったら権平とその後ろに雲海を。きちんと火の槍と鋼の鎧を装備していれば、回復は1回程度ですべての武士をなぎ倒せると思います。残りは適当に。

お城に入城でクリア。鉄砲の忠次が加わり、銭3000が入ります。
ただ、忠次も玄番と同様に使いどころが難しいため、当攻略ではほぼ使用しない方針です。ご了承ください。

第五章 刈田の国

勝利条件武雷が寺を訪ねる
制限日数15日
仲間加入角房 (必ず)

この章は序盤の猛攻を乗り切るのがすべて。初手は権平を上の木の左に移動し、他の仲間は右上に避難させ、武士と騎馬の攻撃を権平に集中させたいところです。
また、敵の忍者は対象の体力が17以下だと「木の葉の術」で殺しにかかってくる点に要注意。18以上であれば「風神の術」しか使ってきません。

凌ぎきったら、東の町で武雷に手裏剣を、右近と頼継に正宗を買い与えましょう。特に手裏剣は「反撃されない」という脅威の性能で、目的の寺付近の騎馬と武士すら武雷一人で倒せるほど優秀です。

お寺で武雷が話を聞けばクリア。
クリア後、僧侶の角房が加わり、銭2000が入ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^