邪聖剣ネクロマンサー ‐ パーティー編成

スポンサーリンク

概要

本作の特徴のひとつがこのパーティーの編成です。
冒頭に5名の有志の中からお供となる2名を選ぶのですが、これが一度決めると二度と変更できないため、本作の難易度を左右する最も重要な選択となっています。また並び順もこの時に確定するので、選ぶ順番にも注意を。

キャラクター解説

主人公
旅の途中の勇者様。高い力と十分な素早さに、豊富な装備と最低限の魔法も使用できる文句のない最強キャラ。セルスの魔法は彼専用であり、またゼライルやイーガスも使えるため、どのような編成でも最悪の事態は免れるようになっています。最高レベルは62。
ライム
攻撃魔法を得意とする女魔術師。サズンデスとサバリスは彼女専用。素早さも低くはなく、回復もゼライルまで使えるので問題なし。総合的にお供の中では一番優秀だと思います。最高レベルは54。
カオス
回復魔法を得意とする魔術師。微妙に性別不詳ですが恐らく女性。グフトスとウォルズは彼女専用で、特にグストフはステータスも下げられるため強力です。しかし素早さが低いのは本作において致命的。最高レベルは50。
バロン
大きなガタイの典型的な力自慢。魔法は一切使えませんが、彼のみや彼と主人公しか扱えない武具も多く、ネクロマンサーの入手までは主人公の攻撃力を凌駕します。しかし、中盤あたりから素早さが足りなくなり、攻撃は空を切るように…。また最高レベルも46と一番低く、そのぶんレベルの上がる速度も遅いです。
マイスト
「疾風のマイスト」を自称する速さ自慢。突き抜けた素早さに、そこそこの装備とそこそこの魔法を扱える器用貧乏系。連続攻撃は魅力ですが、攻撃力は高くはなく、また逃げ足も速いです。最高レベルは一番高い64。
ロミナ
取り柄はないけれどとにかく主人公の力になりたいいじらしい女性。典型的な晩成タイプであり、最終的なステータスは主人公に迫るバランス型へと成長します。魔法もそこそこで、ゼライガスが使えるのもグッド。ただし、開花するまでは本当に回復とバーンの杖くらいしか使いどころがありません。最高レベルは主人公と同じ62。

ポイントとして、本作は素早さ(AGL)の重要性が高いです。特に攻撃では命中率にかかわるばかりか、差が大きいと最大3回の連続攻撃が可能になります。逆に言えば、遅いキャラは敵の攻撃を余計に食らってしまうことも。

おすすめパーティー

ライム & マイスト
恐らく最も王道のパーティー。大半の攻撃魔法を使えるにライムに素早さ自慢のマイストと殲滅力は随一です。欠点はゼライガスが使えないのと、終盤のボス戦でマイストがバラムぐらいしか使いどころがなくなってしまうことでしょうか。せめて「まよけのみず」を持たせておきましょう。
ライム & ロミナ
準王道のパーティー。晩成のロミナがいるぶん終盤までの道のりが険しくはなるものの、ロミナはゼライガスとラミールを使えるため、終盤のボス戦の選択肢に大きな差があります。

おすすめできないパーティー

カオス & バロン
最も遅い2人ということで、とにかく敵の攻撃を余計に食らいます。カオスがいるぶんまだゼライガスでなんとかなる部分はありますが、終盤はバロンの攻撃もあてにできず、ネクロマンサー入手までが大変厳しいでしょう。
バロン & マイスト
これは実際にやったわけではありませんが、この編成だとゼライガスとラミールの両方が使えず、終盤のボス戦では「まよけのみず」が不可欠という制限のある戦いを強いられそうです。
バロン & ロミナ
直接攻撃力だけを見れば最強の構成も、ハルモニア付近で「バロンの攻撃が当たらない&ロミナ開花前」という壮絶なデッドゾーンがあり、主人公の孤軍奮闘感が凄まじいことになります。

最終ステータス

複数のデータを比較したところ、恐らく固定と思われます。
ただ、どうもステータスが下がる場合もあるようなので、もしレベル毎のステータスも固定なのだとしたら、成長曲線的に最高レベルの少し手前でピークを迎えるのかもしれません。特に気にするものでもありませんが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^