ムサシの冒険 ‐ 攻略チャート (3)

スポンサーリンク

みはまのさと

現時点では情報のみ。宿屋にいるご隠居と助さんに話しかけるのも忘れずに。
万屋では「ふね」が売っていますが、まだ買う必要はありません。

次は北西・北東と橋を渡り、砂漠を北東に抜けた先にある「ひのきのむら」へ。結構距離があるので注意。また砂漠の南西には祈祷師の櫓があり、3本の名刀の情報を聞くことができます。

ひのきのむら

きも姫に話しかけて走り去るのを確認したら、南の「うみべのてら」へ。

なお、この近辺に出現するおぼうぎつねという敵は、まんだらのいしという一定確率で壊れるまで何度でも法力を回復できる道具を落とします。売っても5000両という良い金額になるため、レベル上げがてら狙ってみるのもいいでしょう。

うみべのてら

「おおみずのときに あやまって
 うみへ ながしましげお… いや 
 ながして しまったのぢゃ」

何も言いますまい。

入口から一歩下がって右側の部屋に格さんがいて、話しを聞くと東にそびえる「からかさやま」の頂上に「いんろう」を落としてしまったとのこと。頂上の鳥居をタヌキで調べると見つかるので、格さんに返してあげるとお礼に「ひきしおのすな」をくれます。これで水辺の鳥居に1マスの橋を架けられるようになりました。

  • ありまのさと内  ⇒ がんりゅうじまに渡る方法の情報
  • すわのさとの東  ⇒ 2000
  • みはまのさと内  ⇒ 「おふだ」
  • ひのきのむらの北 ⇒ 2000

これまでに登場した使用箇所は上記の通り。
「おふだ」を入手したら、再び「ひのきのむら」へ。

ひのきのむら

きも姫のいた場所の近くの家の前で「おふだ」を使って中に入り、一番左の座布団をタヌキで調べると「くものいと」が手に入ります。北東の「すいげつのとう」へ。

すいげつのとう

宝のツボ
たんぽぽのわた (4F)
420 両 (4F)
がまのあぶら (4F)
600 両 (4F)
いさうおのけん (4F)
「しゃちほこ」 (4F)

入口にいるきも姫に「くものいと」を使うと塔の奥へと走り去ります。扉は「おふだ」で。
4Fできもひめとの戦闘へ。

vs きもひめ

毒の息吹と「しゅんか」の法力を使ってくる程度。普通に力押しで十分です。

撃破後の宝のツボから「しゃちほこ」を入手。
「みはまのさと」へ戻りましょう。

みはまのさと

長老に「しゃちほこ」を返すと「ふうじんのまき」の入手となります。
万屋で「ふね」を購入し、里内の右下から乗り込めば船旅への出発です。

うみ

RPGで船の入手ともなればいろいろと探索したくなるものですが、本作の大海原はまずエンカウント率がほとんど下がらず、少し陸から離れると強敵が出現するようになり、そして南のほうにある渦に突っ込むと即死するという、大変危険な地帯となっております。

現時点で可能な寄り道は、「みはまのさと」の北西の湾内に見えた宝のツボから「タヌキのはっぱ」を入手するのと、欲しい人は「しょうやのいえ」の南の小島の万屋でまんだらのいしを購入する程度。
他は余計なことはせず、「からかさやま」の南東の陸地に上陸し、すぐ見える「うきょうのみやこ」へ行きましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^