桃太郎伝説ターボ ‐ 攻略チャート (4)

スポンサーリンク

ラストまで。

すずめのおやど8

つづら屋にはいよいよこんろんのタマが登場します。本作ではここでしか入手できないため、狙ってみるのもいいでしょう。特に最終決戦にはひとつは持ち込みたいものです。

次は、南西の「たけとりのむら」へ。

たけとりのむら(35段)

ついにかぐや姫とのご対面ですが、特にこれといったイベントはありません。
装備を新調したら、西の「ヨミのとう」に向かいましょう。

ヨミのとう(38段)

つづら
せんにんのかすみ (1F)
もものえだ (1F)
かくれみの (1F)
せんにんのかすみ (B2)
せんにんのかすみ (1F)
「ゆうきのどう」 (6F)
「ツバメのこやすがい」 (6F)
はごろも (6F)

存在的にはほぼラストダンジョンのようなもの。何より強烈なボス3連戦が待ち受けます。可能な限りのうちでのこづちを持って挑みましょう。

一旦B2まで下がってから上を目指すかたちになります。
3Fで、まずはふうじんとの対決です。

vs ふうじん

「きんたん」と何より「まんきんたん」を使うため、通常攻撃では運が悪いといつまで経っても倒せません。MPの回復手段が豊富なら、いっそ「だだぢぢ」で倒すのがいいかもしれません。

続いて、4Fでらいじんと対決。
また、4Fからエンカウントがなくなります。

vs らいじん

ふうじんに「かみなり攻撃」を加えた感じ。やはり「まんきんたん」が厄介です。「サンゴのおふだ」で封じれるかもと思ったのですが、効果は2ターンしか続かない?ためあまり意味はありません。やはり「だだぢぢ」が有効でしょうか。ただ、一撃くらいはダメージを与えてからのほうが確実です。

そして5Fでらしょうもんのオニとの対決です。がんばりましょー。

vs らしょうもんのオニ

「つめたいかぜ」と、やはり「まんきんたん」を使います。そして攻撃力が非常に高く、運が悪いと「つめたいかぜ」との合わせ技で一気にやられます。やはり「だだぢぢ」に頼るのが一番でしょうか。

倒すと、6Fにて「ゆうきのどう」「ツバメのこやすがい」が手に入ります。「ゆうきのどう」大して強くねえ。
これで宝が五つ揃いました。「たけとりのむら」に戻りましょう。

たけとりのむら

ところが、かぐや姫は「おにがしま」へ連れ去られてしまったとのこと。
「ゆうきのけん」はここから南東の竹薮、光る竹を調べれば入手となります。「ゆうきのけん」も性能微妙だな。

さあ、いよいよラストバトルです。
準備としては、まず易者の推奨レベルが40段。道具欄は大量のうちでのこづちと、あとは非常用としてこんろんのタマも持っていきたいところです。

準備ができたら北の岬へ。
「ゆうきのけん」が輝き、海をズッシャズッシャ割りながら「おにがしま」へ到着します。

おにがしま(40段)

毒の沼地がありますが、仙人たちの激励で回復するので気にせず歩きましょう。
建物に入り、無駄に入り組んだ通路を抜け、仙人たちの激励を受けたらえんま大王とのご対面です。まずは多くの鬼との前座戦。すべて先手を取られるのが厄介です。そしてえんま大王とのラストバトルへ。

vs えんま大王

お地蔵様が教えてくれるように、体力が約4000とこれまでの敵とはまさに桁違い。確実に長期戦となります。攻撃方法も実に多彩ですが、「まんきんたん」のタイミングさえ間違えなければ大丈夫のはず。あとは「うちでのこづち」が尽きる前に倒せるかどうかでしょう。攻撃の際の台詞が残体力を表していて、「まさか これが あい という ものなのか?」等になるとゴールは近いです。「ろっかく」や「だだぢぢ」も、この台詞と「うちでのこづち」の残り数を見て使っていきましょう。

エンディングへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^