攻略チャート (2) ‐ 桃太郎伝説 (PS)

スポンサーリンク

金太郎の村

取得物
元気の玉 (はきもの屋の右上の窪み)
鬼の角 (といち屋の上の家の左上の崖)

装備の新調も済ませたら、まだ洞窟へは向かわずに、北西にあるふしぎの森へ。

ふしぎの森

つづら
きびだんご
仙人の桃
サンゴのお札

ワープゾーンを利用するややこしい構成です。
サルのもとへは「右・上・真ん中」と進み、あとは一本道でたどり着きます。

サルを加えたら金太郎の村に戻り、神社の裏にある金の洞窟へ。

金の洞窟

つづら
おまんじゅう (1F)
おにぎり (B1)
マヒ消し (B1)
おにぎり (B2)
クモの糸 (B2)
がらくた (B4)
(B4)
サンゴのお札 (B4)
竹の水筒 (B4)
マヒ消し (B4)
毒消し (B4)
きびだんご (B4)
100 両 (B4)
キツネのたび (B4)
仙人のかすみ (B3)
きびだんご (B3)

階層が深く、しかもこのエンカウント率なので、本作前半の山場とも言える高難易度のダンジョンとなっています。毒消しを幾つか用意して挑みましょう。

1Fで金太郎が仲間になりますが、まだ正式な仲間ではなくサブ的な立ち位置です。ちなみに洞窟を出ると金太郎は入口で待っているようになります。

B4の岩は金太郎が退かしてくれます。奥で竜燈鬼と戦闘へ。

竜燈鬼

蛇をかみつかせて技を減らしてくるほか、「鬼道吸い取り」で体力を吸収しやがります。蛇のほうは「サンゴのお札」で封じることもできますが、そこまでする必要はないかもしれません。

撃破後、子供たちを解放し、村のお祭りが再開し、そして金太郎が正式に仲間に加わります。丸腰なので装備一式を揃えてあげましょう。ほか、茶店の女の子からきびだんごがもらえます。

次は南東に進み、すずめのお宿2へ。

すずめのお宿2

装備を新調する程度。つづら屋も大きな変化はありません。
次は南東に進み、長い橋を渡った先にあるふゆう仙人の庵へ。

ふゆう仙人の庵

つづら
おにぎり (B1)
おにぎり (B1)
おにぎり (B1)
おにぎり (1F)
おにぎり (1F)

修行内容は落とし穴だらけの地帯を抜けて仙人に話しかけること。
難しいようならお供に頼れと言われますが、実際は頼らないとやってらんない規模です。イヌの偵察で歩けないところが落とし穴。クリアで「ふゆうの術」を習得します。

次は南西の浦島の村へ。

浦島の村

取得物
鬼のなみだ (茶店の裏の窪み)
金のなる木 (茶店の右下の空き家の前の窪み)

青鬼&赤鬼を倒してカメを助け、竜宮城へ。

竜宮城

2Fで女官の長の話を聞いたら、再び浦島の村へ。

浦島の村

村に着くなり浦島が仲間に加わります。
茶店の右下にある空き家にてたつまき鬼と戦闘へ。

たつまき鬼

竜巻の全体攻撃を連発してきますが、浦島の「おとひめ」があれば問題はないでしょう。また、これ以降のボス戦は早めに金太郎の「はりて」で攻撃力と守備力を下げるのが常套手段となります。

撃破して乙姫様を救出したら、再度竜宮城へ向かいます。
また、村人からはマヒ消し毒消しがもらえます。

竜宮城

乙姫様と話せば5つの宝物1つ「竜の首飾り」の入手となります。踊りを見て和んでおきましょう。
このほか、1階の女官からはランダムでタイアワビカニなどをもらうことができます。これは入り直すたびに何度でも可能です。

さらに、浦島の村へ戻ったとき、以前に並び洞窟で岩を破壊していれば、崖から伝助が登場します。
伝助の抜け穴に入り、最初の窪みの上部を調べるとろっかくの玉が、一番広い部分の中央を調べるとはやぶさの玉が入手できます。

次はすずめのお宿2から北東へ進み、お地蔵様から北東にあるめざまし仙人の庵へ。

めざまし仙人の庵

修行内容は仙人を起こすこと。「いなずま」と「ほうひ」でOKです。浦島が「めざましの術」を習得します。
次は平原を北西に進み、いだてん仙人の庵へ。

いだてん仙人の庵

修行内容は「2」のめざまし仙人と同じ、流れる文字列を読み取って入力すること。
正解は下記に。黒い部分をクリックで止まります。

もももももももものうちすもももももももものうちまもももみもももむもものうち

これで「いだてんの術」を習得し、「Xボタン」のダッシュがさらに速くなります。
次は北東にある謎解き山へ。

謎解き山

つづら
やきいも (B7)
仙人のかすみ (B7)
サンマ (B6)
竹の水筒 (B6)
アワビ (B5)
毒消し (B4)
出前券 (B3)
エビ (B3)
元気の玉 (B3)
書物 (B3)
200両 (B2)
根性の玉 (B2)
ヒラメ (B2)
仙人の桃 (B1)

酒呑童子の謎を解きながら進みます。
わからない場合のみ、下記「答え」を押してください。

答え

  • 1F … 左から3列目を縦に並べばOK。ただし7文字なのでサブ仲間が必須
  • B1 … 赤:上段右と中段左、青:下段の両端、黄:上段中と中段右、緑:上段左と下段中
  • B2 … 右上の「ネズミ」
  • B3 … 「東・北・北・南・北」の順。最後はランダムかも?
  • B4 … まず「上2・右3・上3・左2」と進み、上2の位置まで戻ってから「上4・右2」
  • B5 … 「白・青・黄・赤」の順
  • B6 … 一番左の上から2番目。金棒の根本の形が違う

B7からエンカウントが発生し、再び1Fまで上がって行きます。途中でザコ敵によって病気になること必至ですが、B6に回復の泉があるし、魚介類が幾つか拾えるのでどうにかなるかと。

出口で酒呑童子と戦闘です。

酒呑童子

酒を呷って2・3回の連続攻撃を繰り出してくるため、早々に「はりて」で攻撃力を下げないと危険です。浦島はそれまで守りに徹したほうが無難。攻撃力さえ下げてしまえばあとはどうにでもなると思います。

撃破後、洞窟を抜けたら北東にある寝太郎の村へ。

寝太郎の村 (西)

取得物
鬼だいこ (神社の右の切株の右)
つげのかんざし (宿屋の裏の北西の窪み)

装備を新調しておきましょう。履物は桃太郎だけにかんじきを。
次は真西に進み、きゅうどう仙人の庵へ。

きゅうどう仙人の庵

修行内容は「不安定な風の中で矢を的に当てること」。専用の画面が用意され、普通に面白いミニゲームとなっています。失敗してもペナルティはないので何度でも挑戦してください。成功で「しゃくねつの弓」を入手。

次は東回りの北にあるきっちょむさんの家へ。

きっちょむさんの家

好物の「タマゴ」が欲しいと言われます。「タマゴ」は桃太郎の実家のニワトリから入手できます。
持ってくれば「かぎなわ」の入手となります。

次はきゅうどう仙人の庵の西にあるすずめのお宿3へ。

すずめのお宿3

周辺を攻略する際の当面の拠点。「2」と同じくつづら屋が優秀です。特に会心の玉は今作では1グループ対象となっており、きたる夜叉姫戦においてはろっかくの玉と同等の価値があります。幾つか得ておくと有利です。

まずは南西にあるまもり仙人の庵へ。

まもり仙人の庵

修行内容は一定時間「ひたすらじっとしている」こと。結構長いので用足しにでも行けばいいと思います。無事終了で浦島が「まもりの術」を取得。

次は東にあるもっとふしぎな森へ。

もっとふしぎな森

つづら
昇段免状
「仏のお鉢」

ふしぎな森の紛らわしい構造に、一見通れなさそうな道という要素が加わったもっとふしぎな森。
最短ルートは「右 ⇒ 上 ⇒ 下 ⇒ 右」で昇段免状のつづらがあり、そこから上(通り抜けられるようには見えない)へ進めば、5つの宝物の1つ「仏のお鉢」のつづらへと辿り着きます。

次は北にある氷の洞窟へ。

氷の洞窟

つづら
きびだんご (B1)
ユキのおにぎり (B1)
隠れみの (B2)
元気の玉 (B2)
仙人の桃 (B3)
根性の玉 (B4)
「氷の塔の鍵」 (B4)
ユキのおにぎり (B4)
スズメの涙 (B4)
300 両 (B3)
きびだんご (B3)
物増やしの玉 (B3)
風車 (B3)
金のなる木 (B2)
運玉 (B2)
クモの糸 (B2)

B4で夜叉姫との戦闘へ。

夜叉姫

戦闘BGMは「2」バージョン。ある程度ダメージを与えると、恒例の「ぶんしん」を使うとともに攻撃力・守備力・素早さが上がり、さらに今作では全体攻撃の「ながれぼし」も使ってくるようになります。
まずは「はりて」で守備力を下げたら、桃太郎と金太郎は分身前は通常攻撃、分身後は「ろっかく」や「会心の玉」を炸裂させましょう。浦島は「まもり2」を切らさないようにし、あとは毎ターン「おとひめ」を。

撃破で夜叉姫は仲間に加わります。
やはり丸腰なので、装備の購入とセーブのためにも一旦引き返したほうがいいですが、右に進んですぐのつづらに「氷の塔の鍵」が入っているのでそれだけ取得しておきましょう。これで以降は正面から氷の塔に入ることができます。

なお、洞窟自体はここが最下層であり、ここから再び上がっていって氷の塔の内部に続いています。鍵さえ入手していれば、あとはつづらの中身が欲しければ行けばいいかと。

氷の塔

つづら
「氷室の削り火」 (5F)

2階からは「かぎなわ」を使用して進みます。5階で醜女との戦闘へ。

醜女

高い攻撃力かつ、連続攻撃も繰り出してきます。セオリー通り「はりて」「まもり」に、夜叉姫は「ぶんしん」も使いながら。

撃破後、つづらから「氷室の削り火」を入手。
これを寝太郎の村の寝太郎に使用すれば目覚めて退いてくれ、晴れて東側へ行くことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^