桃太郎伝説外伝 ‐ 貧乏神伝説

スポンサーリンク

基礎知識

貧乏神伝説は一番上にあるだけあって、守銭奴のぜに王を懲らしめるという単純明快なシナリオです。
貧乏神の特性上「こうげき=ぬすむ」であり、与えたダメージがそのまま取得金額になるという面白い仕様をしています。なので武器を優先して買うのが効率的です。といってもあまり買い物の機会もないのですが。

ももたろうのいおり

桃太郎と話せば全回復ができます。

どんべいのむら

まずはここを拠点に段を上げ、この村の最高の装備を揃えたら北のカッパの川原へと進みましょう。
倒れている村人にはお恵みを施すことで見返りの道具をもらうことが可能です。詳しくは裏技・小ネタにて。

いおり1

どんべいの村からすぐ北西にあるいおり。
ここではお恵みをできるだけで、内容はどんべいの村の人と変わりません。

いおり2

つづら
しらなみのつえ

カッパの川原の北側にあるいおり。
ここではしらなみのつえが手に入ります。道具使用で敵全体にダメージの効果があります。

いおり3

つづら
きんのふんどし

カッパの川原の同じく北側にあるいおり。
ここではきんのふんどしが手に入ります。

いおり4

つづら
こんごうのつえ

カッパの川原の西側にあるいおり。
ここではこんごうのつえが手に入ります。

ぜに王のむら

守銭奴極まる美しい村。まず入るのに100両かかり、その後も橋を渡るたびに100両取られます。宿屋は最低120両。遊覧船もなんだかんだで420両取られますが、個人的には面白いので一度は乗っておくのをおすすめします。

ぜに王のやしき

つづら
かくれみの (1F)
はごろも (1F)
しょもつ (2F)
おにぎり (1F)
はやぶさのタマ (2F)
シシのたび (1F)
サンゴのおふだ (1F)
ほん (1F)
きびだんご (1F)
ものふやしのタマ (2F)
げんきのふんどし (2F)
くものいと (2F)
もめんのふんどし (3F)
きびだんご (2F)
ユキのおにぎり (3F)
がわんばっちょ (2F)
せんにんのかすみ (2F)
サンゴのおふだ (3F)
げんきのつえ (3F)
がわんばっちょ (3F)
せんにんのもも (3F)
ユキのおにぎり (3F)
げんきのたび (4F)
くものいと (4F)
せんにんのかすみ (4F)
せんにんのもも (4F)
ひでんしょ (4F)
がわんばっちょ (4F)

1歩ごとに1両減るという大変美しい仕様のお屋敷です。ただ大量のつづらがあるので、ある意味気前が良いのかもしれません。

遊覧船で聞けるように、階段の隣にあるつづらの前には必ず落とし穴があります。B1に落ちてしまうと道具を使うか100両払わないと外に出ることができず、またがわんばっちょという強敵が出てくるので注意してください。
ただ、このがわんばっちょは501もの経験値を持つ美味しい敵でもあるので、「げんきシリーズ」を揃えた後なら優秀な稼ぎポイントにもなります。ちなみにがわんばっちょは一部のつづらからも出てくるので注意。

4Fでは明かりを付けるために300両が必要。右上にある3つのネコの像を押せば奥へ進めるようになります。ぜに王と戦うにはファイトマネー10000両が必要で、これを渋ると入り口まで戻されてしまいます。

vs ぜに王

通常攻撃も「らいげきのじゅつ」も強力ですが、ある程度育っていて「まんきんたん」があるなら適宜回復で十分勝てると思います。

ももたろうのいおり

桃太郎と話せばクリアとなります。
が、天の仙人が現れて、別の神様になっての2周目を勧めてきます。2周目に行く場合、どの神様になるのかはランダムで決めるように見えますが、

  • どんべいに報告しなかった   ⇒ ろっかくせんにん
  • どんべいに報告した      ⇒ ふくのかみ
  • 「いいえ」「いいえ」「はい」 ⇒ あまのじゃく

実際はこのロジックで決定されています。

どの神様になっても1段からの再出発となるかわり、所持金と道具は引き継ぐうえ、経験値とお金も2倍の取得に変わります。内容的には「ぜに王」が「ぜに大王」に変わるくらいで大した違いもないのですが、このサクサク感はかなりの快感だと思います。ただしあまのじゃくは除く。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^