桃太郎伝説2 ‐ 攻略チャート (5)

スポンサーリンク

ふにゃらせんにんのいおり

修行内容は浦島一人での戦闘です。勝てば「ふにゃらの術」の習得となります。

vs ふにゃらせんにん

「ふにゃら」をかけられた後だとそれなりのダメージを食らいますが、それでも適宜「おとひめ」で回復すれば問題ありません。

やまびこせんにんのいおり

修行内容は仙人の指定した道具を持ってくること。指定の仕方が特殊ですが難しくはないでしょう。ちなみに「たびだちのむら」と「カチカチのむら」にしか売っていません。持ってくれば夜叉姫が「やまびこの術」を習得します。

ばいりきせんにんのいおり

修行内容は再び浦島一人での戦闘。勝てば「ばいりきの術」の習得です。

vs ばいりきせんにん

当然「ばいりき」を使ってきますが、「まもり」で普通に相殺できます。「ふにゃら」を使えばもっと楽になります。

相当に戦闘回数を抑えていない限り、これで術自体はすべて揃ったはずです。まだ空欄があるなら確認を。
揃っているようなら南の岩があった場所を抜け、その先の「つづらどうくつ」へ。

つづらどうくつ

つづら
やきいも (B1)
わらいだけ (B1)
2000 両 (B1)
かくれみの (B1)
ものふやしのタマ (B1)
きびだんご (B1)
しょもつ (B1)
1000 両 (B1)
くものいと (B2)
でまえけん (B2)
かざぐるま (B2)
はりせん (B2)
はやぶさのタマ (B2)
しょもつ (B2)
きびだんご (B2)
1000 両 (B2)
かぜのまさかり (B2)
1000 両 (B3)
ユキのおにぎり (B3)
はごろも (B3)
ひでんしょ (B3)
きんぽのタマ (B3)
2000 両 (B3)
ほん (B3)
うんそうけん (B3)
ユキのきびだんご (B3)
じゅうにひとえ (B3)
ひでんしょ (B1)
3000 両 (B1)
ユキのおにぎり (B1)
やせいのやくそう (B1)
ひかりのモリ (B1)

文字通りつづらだらけの洞窟です。
実にたくさんのつづらがあり、ここでしか手に入らない物も幾つかあるのですが、絶対に取得するべき物は特にありません。回収が面倒なら総スルーでも問題はないでしょう。

一応、ここでしか手に入らない物というのは、かぜのまさかりひかりのモリじゅうにひとえユキのきびだんごの4点です。

洞窟を抜けたら、目の前の「ひこぼしのむら」へ。

ひこぼしのむら

ここは隣の「おりひめのむら」とつながっているのですが、現在は鬼によって通せんぼされています。
装備を新調したら、通せんぼしているごず&めずを懲らしめてやりましょう。

vs ごず&めず

両者ともツノをふるわせ攻撃力と防御力を上げたりしますが、体力はそれほど多くないので、浦島が全体に「ふにゃら」を使い、効いたほうから集中攻撃で倒してしまえば特に苦戦はしないと思います。

倒すと、七夕祭りを見ることができます。祭り…?
そして「おりひめのむら」にいる織姫様から帆掛け舟と、それをどこでも呼び出せる「おりひめのふえ」がもらえます。

次は舟に乗って西の「たけとりのむら」…に行く前に、「はなさかのむら」の西にある洞窟に行くと、もっと便利な「きんとうん」がもらうことができ、サルも命令の「きんとうん」を習得します。ただ、これは必須ではないのでお好みで。

たけとりのむら

まずは装備の新調を…といっても浦島のきんのモリくらいでしょうか。それよりは茶店のラインナップが一気に豪華になっているのでぜひとも覗いておきましょう。

かぐや姫の家に入るとらいじんがいて、「追いかけて来れるものなら月まで来い」と言い残し牛車に乗って飛んでいきます。後を追おうとするときまいらx2との戦闘に。

vs きまいらx2

個々はザコレベルですが、最初のターンに高確率で合体をし、そうなると守備力を中心にかなり強化されてしまいます。理想は合体前に「ろっかく」やタマを駆使して片方を倒してしまうこと。合体されてしまった場合は「ふにゃら」もほぼ効かないため、「ばいりき」を使った金太郎に「かいしんのタマ」を連発させましょう。

倒したら、牛車に乗って「つき」へ。

つき

宮殿前の左にいる人が全回復をしてくれます。
宮殿の構造は単純です。3階でらいじんと対決へ。

vs らいじん

通常攻撃と、全体に70弱のダメージを繰り出す「かみなり」を使ってき、まさに風神の強化版といったところ。しかしこちらもフルメンバーなので、浦島の「おとひめ」さえあれば問題はないでしょう。ただし「ふにゃら」はあまり効かず、それよりは「ばいりき」+「かいしんのタマ」のほうが確実です。

倒すと雷神は去っていき、かぐや姫が戻ってきます。
そして、ここで一気に全員の最高装備を賜ります。いかにも最終決戦という感じ。

  • ゆうきのけん
  • ゆうきのどう
  • ゆうきのたび
  • きぼうのまさかり
  • きぼうのはらがけ
  • きぼうのたび
  • せいぎのモリ
  • せいぎのきもの
  • せいぎのたび
  • あいのかんざし
  • あいのふりそで
  • あいのたび

なお、これらは自動的に装備することとなり、これまでの装備は道具袋へ、いっぱいならといちやへ送られます。
いずれにせよかなりお金が余ると思うので、「たけとりのむら」の茶店で買いたい物を買ってしまいましょう。

ももたろうのいえ

月の水晶の中から鳳凰が飛び出し、鬼ヶ島にある「じごくもん」を開けに飛んでいきます。
次は「じごくもん」へ。「すずめのおやど2」が一番近いです。

じごくもん

最終決戦の地。まずは門の前に行くと鳳凰さんが突っ込んで開けてくれます。
入るなり、いきなりらせつとの戦闘へ。

vs らせつ

全員が最高装備となってヒャッハーな気分かもしれませんが、舐めてかかると全滅させられます(初回プレイの管理人)。セオリー通り「ふにゃら」「はやて」「ばいりき」「ぶんしん」を使い、あとは適宜回復をしながら丁寧に。

そしてここからが名物展開。まずは同階の右上の階段の先でエンマ様が仲間になり、さらに階を深めるごと風神が、雷神が、阿修羅までが加わります。近辺の敵は強力ですが、レベル上げをするにしてもまずはここまで進んで全員を仲間にしたほうがいいでしょう。

最終決戦に向けて、まず重視したい道具はやはりうちでのこづちで、少なくとも3本は欲しいところです。あとは非常用のこんろんのタマと、そして何より幾つかのといしを忘れずに。といしで桃太郎の攻撃力を上げるとエンマ様らの攻撃力も連動して上がります。ほか、きょうりょくたんこうがしゃのタマなど、道具袋はすべて埋めるつもりで。段数は術の習得を考慮すると「40段」が目安になるでしょうか。

準備が整ったら、最下層のじごく王の元へ。
直前に天の仙人が現れ、全回復をしてくれます。

vs じごく王

とにかく体力が高く、確実に長期戦となります。まずは桃太郎に「といし」を使用し、「ふにゃら」「ぶんしん」「まもり」「はやて」などの下準備も済んだら、あとはひたすら適宜回復での戦いを続けましょう。こちらの手数は多いなので、桃太郎への「といし」とじごく王への「ふにゃら」さえ効いているなら、ほかは通常攻撃で十分です。それよりは守りを固め、特に不注意で桃太郎がやられて全滅!なんて展開だけは避けるよう注意しましょう。集中力が切れないように。

エンディングへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^