桃太郎伝説2 ‐ 攻略チャート (4)

スポンサーリンク

すずめのおやど4

「ひえん」で飛んできた場合は誰もおらず、BGMも暗いです。
外に出てすぐ西に、倒れている夜叉姫をすずめたちが囲んでいます。囲んでいる4人全員と話すと銀次がやってきて、とりあえず夜叉姫を医者に運び、毒を治すための「ひかりごけ」を取りに行くことに。ここで銀次も仲間に加わります。
BGMは暗いままですがお店は再開するので、とりあえず装備の新調を。つづら屋ではせんにんのももを幾つか取っておくと安心です。

すぐ北東の「あぶくまどう」へ。

あぶくまどう

B2ででか太郎が仲間に加わり、B4ででか太郎が教えてくれる場所を調べれば「ひかりごけ」が見つかります。ちなみにイベント後に再取得もできますが、売ることも捨てることもできないので注意しましょう。

また、同階では「うみひこのいし」「やまひこのいし」という隠し道具も入手できます。使い方など、詳細は裏技・小ネタをご覧ください。

すずめのおやど4

「ひかりごけ」を医者に渡せば夜叉姫が目を覚まし、翌日に仲間として復帰します。BGMもようやく従来のものに。
夜叉姫の装備も新調したら、南の「オニのどうくつ」へ。

オニのどうくつ

つづら
かざぐるま (B1)
やきいも (B3)
きんぽのタマ (B4)
ユキのおにぎり (B5)
きょうりょくたん (B5)
イヌ (B5)
しょもつ (B4)
ゆめのかんざし (B4)
サル (B2)

一旦B6まで下ってからまた上る構造です。

上りのB5のつづらにイヌが、B2のつづらにサルが入っています。
このサルが加わった時点で、パーティー人数はウリ文句でもあった「17人」に達します。さらに、このとき「ひえん」の修行を行っていなけれれば、「たびだちのむら」のウンチ3匹を加えて「20人」に達することも可能です。特に意味はありません。

洞窟を抜けたら、すぐ南に見える「しおふきのむら」へ。
村名に突っ込んではいけません。

しおふきのむら

一面塩で埋まっていて、口の中がじわっとしてきます。
装備を新調したら、右のほうでしおふきのオニとの対決へ。

vs しおふきのオニ

割と強敵。攻撃力が非常に高く、地蔵様たちがどれだけかばってくれるかにかかってきます。守備力も高いものの「ふにゃらのタマ」はまず効かず、地道にダメージを重ねていくしかありません。また塩をふきかけられると攻撃が当たらなくなってしまうので、そうなったら「かいしんのタマ」や「ろっかくのタマ」を。

倒すと小船が手に入ります。船に乗れないということで地蔵様たちとはここでお別れ…。
鬼の爪痕に進む前に、東の「はやてせんにんのいおり」へ寄っておきましょう。

はやてせんにんのいおり

修行内容は夜叉姫一人での戦闘です。見事一本取れば夜叉姫が「はやての術」を習得します。

vs はやてせんにん

当然「はやて」を使うため回避率は高いですが、「ぶんしん」を用いた力押しでどうにかなります。一応「ユキのおにぎり」があると安心です。

次は小船に乗り、鬼の爪痕内の南西にある「すずめのおやど5」へ。
まず西に進み、そこから南下していく感じになります。キジの「ていさつ」の有効利用を。また、恒例のカッパたちの盗み対策として、お金や貴重な道具はできるだけ預けておきましょう。

すずめのおやど5

まずは例のごとく装備の新調を。つづら屋は一気に料金が上がりますが、内容も最高級のものになっています。特にうちでのこづちは数本取っておきたいところです。

次は、まずは南下した先に埋まっている金太郎を助けにいきましょう。救出を拒否すると「ほうひ」を使ってきます。
金太郎を加えたら、「すずめのおやど5」から東に進んで「わざよせせんにんのいおり」へ。

わざよせせんにんのいおり

修行内容はまたも夜叉姫一人での戦闘。見事一本取れば夜叉姫が「わざよせの術」を習得します。

vs わざよせせんにん

やはり「ぶんしん」を使った力押しで問題ありません。「はやて」も使っておきましょう。仙人の「わざよせ」は分身が食らっても夜叉姫本体の技が減ります。

そのまま南西へ進んで鬼の爪痕を抜け、「ウサカメのむら」へ。

ウサカメのむら

個人的にもっとも苦戦した記憶のある風神戦が待ち受けます。
まずは装備を新調し、神社の右隅に落ちている「かめいし」を拾ったら村の上部へ。いよいよふうじんと対決です。

vs ふうじん

浦島不在も手伝ってとにかく強敵。攻撃力が非常に高く、特に連続という名の全体攻撃が飛び出すと、どれだけ順調に来ていても一気に劣勢に追い込まれます。
回復は桃太郎が担当し、夜叉姫は「ぶんしん」を用いて「ふにゃらのタマ」「はやて」「といし」など補助を中心に、金太郎は準備が整い次第ありったけの「かいしんのタマ」と「ろっかくのタマ」をぶつけましょう。

撃破でようやく浦島が戻ってきて、これで全員が揃います。
一夜明けた後に風神が南の岩をどけてくれ、さらにここで銀次とでか太郎が離脱します。また村のBGMが素敵な「うさぎのダンス」へ。この曲が本当に和むのです。

南へ進む前に、この村の周りには仙人の庵が3つもあるので寄っておきましょう。

  • 北 ⇒ ふにゃら仙人 (浦島)
  • 東 ⇒ やまびこ仙人 (夜叉姫)
  • 南 ⇒ ばいりき仙人 (浦島)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^