桃太郎伝説2 ‐ 登場人物

スポンサーリンク

主要な方々だけを。

桃太郎

桃からおちんちん丸出しで飛び出してきた本作の主人公。

イヌ・サル・キジ

詳しくはお供情報を。

おじいさんとおばあさん

今作では家が庭付きということが判明。そもそも領地の概念とかあまりなさそうですけれど。

ウンチたち

旅立ちの村でぷりぷりしているウンチ。ひえん仙人の修行の一環として仲間になったりします。残念ながら戦闘への参加はなし。ある意味最強の攻撃力がありそうなものなのに。

金太郎

シリーズで初めて加わる正式な仲間。
高い攻撃力が自慢の典型的なパワータイプですが、素早と命中率が密接に関係している本作では特にボス戦で信頼度に欠けることも。「かいしんのタマ」などを活かしたいところです。

浦島

同じく3人目の正式な仲間。
能力的には典型的な回復・補助担当です。特に「おとひめの術」は反則級に便利であり、それだけに風神の谷からの展開がやけに厳しく感じます。

夜叉姫

本作ではラスボスじごく王の娘にして、序盤を締めくくる大ボス、そして4人目の正式な仲間となります。
桃鉄を含めても恐らく本作がシリーズ初登場。桃鉄だけしかやったことのない人には「そういえばこの娘は誰なの?」とか思われているのでしょうか。

並び地蔵たち

今作では友情を失った桃太郎のため、10体全員が一気に仲間になり、RPG史上最多のパーティーが誕生します。このときの桃太郎にとって「かばう」は大きな助けです。

銀次

実家である希望の都の料亭を2代目として繁盛させています。
スリ稼業からは足を洗っていますが、仲間になった際は鬼相手にかつての腕を披露することも。特に鬼の爪痕のカッパ共から道具を取り返すのはさすがと言わざるを得ません。

でか太郎

あぶくま洞に住んでいるでかい人。「ひかりごけ」は彼にしか取れないということで仲間になってくれますが、そのあと彼なしで訪れても普通に取れてしまうのを気にしてはいけません。離脱後は銀次の料亭で働くことに。

阿修羅

希望の都を真っ暗にしている大ボス。
「ふふふふふふっ!」という不敵な笑いを多用し、中盤の大ボスとして立ちはだかります。

風神

前作にも登場した大ボス。
今作では仲間を散り散りにしたり、後半の大ボスとして大きく立ちはだかったりと、とにかく強敵のイメージ。

雷神

前作にも登場した大ボス。
強さ的には風神以上も、フルメンバーで挑めるだけに風神ほどの強敵感はありません。彼を倒せば一気に最高装備が揃うため、どちらかといえば美味しいイメージのほうが勝ります。

エンマ様

前作のラスボス。
今作では地獄の一角で桃太郎を待ち、最終決戦へ向けて仲間に加わってくれます。非正規メンバーでは最高の攻撃力。

地獄王

がんこ親父。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^