桃太郎伝説2 ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作は桃太郎伝説シリーズの第2弾として、1990年12月22日に発売されました。
舞台は前作から3年後。地獄王によって再び暴れだした鬼たちを懲らしめるため、桃太郎が立ち上がります。

発売日が前作と半年も離れていないことから、恐らく平行開発をしていたと思われます。そのせいかグラフィック面での進化はほどほども、ストーリーやボリュームの内面は大幅に強化され、PCエンジンを代表すると言ってもいいくらいの名作に仕上がっています。桃伝シリーズの中ではスーパーファミコンの「新桃太郎伝説」も評価が高いですが、個人的には本作こそがシリーズ最高傑作だと声を張り上げて主張します。

基本事項

  • 段の上昇で技と体力が全回復
  • 仙人と話すと技と体力が全回復
  • 売値は買値の約3/4
  • 桃太郎がやられると全滅扱い

道具袋の仕様

コマンド入力可能な仲間が1人増えるごと、最大数が8個ずつ増えていきます。最大32個。
一度増えてしまえば、途中の一時離脱イベント中でも減ることはありません

前作からの変更点

思いつく限りを。

  • 食べ物系の道具を使うと頬張る音が鳴るようになった
  • エンカウントからコマンド入力までが若干速くなった(重要)
  • 兵具屋で「したどり」ができるようになった
  • すずめのお宿に専用BGMができた
  • つづら屋のシステムが納得できるかたちになった
  • 毒の沼地が4ダメージに減った(前作は20ダメージ)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^