モルドリアン ~光と闇の姉妹~ ‐ 登場人物 (仲間)

スポンサーリンク

ナバル

本作主人公。
いかにも気弱そうな顔立ちとよくわからない帽子が特徴です。父ハンネス曰く「スジは良いんだが強くならない」という微妙な評価の剣の腕が、ミリアがさらわれたことにより開花します。演出的にはこの時期に多い喋らないタイプですが、たまに跳ねることで感情を表したりはします。

ミリア

本作のヒロイン。
主人公のナバルのほか、ルスランと恐らくランドからも好意を寄せられているうえ、兄のバドからもシスコン気味の扱いを受ける魅力溢れる少女。序盤にさらわれるため出番自体は少ないものの、旅の目的が彼女の救出なのと、また行く先々で名前が出てくるため、存在感はあります。

テスコ

タリフの兵士。
タリフに着いた途端に無理やり加わってきますが、生気のない眼をした顔グラが悪魔に取り憑かれているようにしか見えず、初回プレイでは絶対に裏切るタイプだと常に警戒を怠りませんでした。申し訳程度のMPが特徴。離脱後はタリフの上側の入口に佇むようになります。

バド

エマロイ城に仕えるミリアの兄。
直情的かつシスコン気味のお兄様で、それゆえ一緒にいながらミリアを助けられなかったナバルに最初はきつく当たってきます。セリアをミリアと思い込んで迫る場面は圧巻。結局勘違いしたままプリストルで唸り続けます。

トルル

エマロイ城に使える魔道士。
ルスランが加わるまでの繋ぎ的存在として仲間になります。勝手に引越しをして娘に報告を忘れる豪快な両親を持っており、その反面教師か真面目に育った感じの娘。王宮務めということでルトの町では「名誉町民」となっています。離脱後は引越し先にもお城にも戻らず旧家で寛いでいますが、そういう気持ちわかるかも。

ルスラン

同じくエマロイ城に使える魔道士。
ナバルらと同じコイズンの出身で、登場するまでに実力者風に名前が挙げられる場面も多く、初回プレイでは天才肌のエリートキャラを想像していました。ミリアに好意を寄せていた時期があり、「ナバルだから手を引いた」とのこと。瓜二つのセリアに惹かれるのは必然と言えます。

コルラ

ミリアとバドの叔父でもある魔道士。
登場時はブカリにやられて突っ伏していますが、単身でプリストルを魔物から解放するあたりはさすが歳相応の実力者と言えそうです。初期レベルも高め。

セリア

ミリアと瓜二つの本作のもう一人のヒロイン。
魔族の王ピニオンの娘であり、つまりは魔族のお姫様。…なのですが、実際このあたりの事情は複雑で、本作の副題すら危うくなるような設定となっています。かつての部下との戦いを気丈に耐えうる姿は美しい。また、魔法が不得手というやや萌えポイントを持ちますが、加入後は問題なく使いこなしてくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^