ファセット ‐ 魔女と百騎兵 Revival

スポンサーリンク

概要

  • メイン1つに、サブを2つまで設定できる
  • 設定は魔女邸でのみ行える
  • マップ中でも「L1+○」でサブとメインを切り替えることが可能
  • それぞれにレベルの概念あり。最高は「99」
  • 装備適性と耐性はメインのもののみが適用される
  • ステータスはメインにサブそれぞれの1/3が足される
  • スキルはサブのものも適用される
  • 経験値はメインには100%、サブには33%が入る

百騎兵の職業的なもので、上記の特徴があります。サブの設定は必須ではありませんが、基本的にはメリットしかありません。枠があるなら何かしらを設定しておきましょう。

一覧

詳細

ワンダー・ナイト
デフォルトの基本職。
槍鎌と蝕台以外の適性が100%で、耐性もすべて0%というほぼフラットな性能です。スキルはトーチカの体力が2倍になる「戦術トーチカ使い」と、復活時の必要ギガカロリーが半分になる「復活の魂」。どちらもあればいいな程度のものですが、基本ステータスがバランスよく高いため、デフォルトのままメインに据えることが多くなるのではないでしょうか。
パワー・フォートレス
鈍槌適性と物理防御に特化したパワータイプ。第1章のマーリカの撃破後に入手。
スキルはガード時に斬・打撃耐性が+25%される「城壁ブロック」と、ジャンプ攻撃の威力が1.5倍になる「ヘビースマッシュ」。ワンダー・ナイトと同じく基本ステータスが高いものの、魔撃耐性-99%はさすがに無視できる数値ではありません。よほど鈍槌派でない限りはサブが無難。
マージナル・ゲイズ
槍鎌の扱いに長け、魔撃の耐性も高い一応の魔法系。第3章のヴァレンティーヌの撃破後に入手。
スキルはアニマの出現率が大幅に上がり、またカルマが上昇しなくなる「死神との契約Ⅰ」と、赤い血を流す敵を攻撃するとHPが3%回復する「死神との契約Ⅱ」。特に前者の「カルマが上がらない」効果は、特別な状況でない限り心理的な開放感があります。どちらかといえばサブ向けか。
シノビ・ザ・アサシン
刀剣が得意で、状態異常にも強い職。第6章の夜行列車の撃破後に入手。
スキルはダッシュ時の消費スタミナが抑えられる「エンドレスダッシュ」と、ギガカロリーの自然消費量が少なくなる「断食の心得」。どちらも快適なプレイには欠かせない代物であり、入手後はセットし続けることが多くなるのではないかと。刀剣の適性と状態異常耐性の高さから、場面によってはメインに据えるのもあり。
トリック・スクリーマー
蝕台が得意な職。第7章のアロマニジェルの撃破後に入手。
スキルはミスティカル・ダッジの発動範囲とトーチカの能力が上昇する「リーフトリッカー」に、攻撃時に敵の友愛が上昇するがスタミナ回復時のギガカロリー消費が10倍になる「友愛と絶叫の呪い」。前者はミスティカル・ダッジ頼みのボス戦に、後者はトレハン時に有効です。ただし、スタミナ回復でギガカロリーを大きく消費してしまうのは長期戦向きではありません。
ノーブル・ラプター
攻撃偏重タイプ。第7章から魔女の嘆願書で入手できるようになります。77アニマが必要。
スキルはAP攻撃の威力が1.5倍になる「卑見の見切り」と、クリティカル確率が30%上昇する「薄氷の見切り」。全般的な攻撃力の高さは魅力ですが、HP・防御の低さと、何より全撃耐性-50%はさすがにメインに据えられるものではありません。サブか上級者向け。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^