登場人物 ‐ 魔女と百騎兵 Revival

スポンサーリンク

メタリカ

伊瀬茉莉也

本作の主人公である沼の魔女。
普通の人間には瘴気となる沼の付近に住み、この沼を広げること目的としています。正確は高慢で我侭で理不尽。しかも「エリクシール」という秘薬によって不死身体ですが、自身の占いによると余命あと100日とのこと。

百騎兵

水原薫

伝説の魔法生物。
沼を広ようとするメタリカによって、数年の儀式を経て召喚されます。

アルレッキーノ

遊佐浩二

メタリカのお世話をする魔法生物の執事。
丁寧な物腰でありながら、随所に皮肉めいた言い直しを織り交ぜる慇懃無礼な態度が特徴。フィールドワークを日課としており、メタリカが意図しないような場所に登場することもあります。

マーリカ

生天目仁美

森の魔女。
ウーズの森を統べる魔女で、ヴァルプルギスの夜会にも名を連ねる実力者。

ビスコ

藤村歩

アマタイア王国の第二王女。本名ビスコール・ドートリッシュ。
悪しき魔女を断罪する異端審問官の一員でもありますが、何者かの呪いによって中途半端に犬の姿にされ、周囲からも密かに「犬姫」と陰口を囁かれています。なぜか沼の瘴気に耐性あり。

トトペペ

アマタイア王国の下男。

テレッサ

水橋かおり

ヤニの魔女。
灰汁の魔女であるベルダの一番弟子。

ヴァレンティーヌ

中根久美子

華の大公爵。
ヴァルプルギスの夜会にも参加する魔女であり、コリゴンたちに恐怖政治を敷いて領地を治めています。

マーニィ

松嵜麗

鋳掛屋の妖精。
放浪癖を持ちますが、かなりの地獄耳で、メタリカが百騎兵のサポートができない状況になると豪快に窓を割って登場し、代役を務めます。モットーは「当たって砕けろ、世界を滅ぼせ」。

ナハブ

魚人の呪術師。
魔女にかかる「ウツシ」という病気を治します。

グルカ

翼人の王女。

ルッキーニィ

たみやすともえ

テラッタ砂漠の羊飼い。本名ラナ・ニア・ルッキーニィ。
かなりの魔女オタクで、メタリアに弟子にしてくれるよう懇願します。

夜行列車

ヴァルプルギスの夜会行きの夜行列車。
正面のライオネル13世、側面のゴードーラとゴードール、末尾のスネーカーの4人構成。

パープルピール

松井菜桜子

南方のナハトの砂塵の魔女。ラビィの師。
ヴァルプルギスの夜会に参加する魔女の一人。初老に差し掛かる見た目でありながら体格が良く、魔法のほかに体術も得意としています。

ラビィ

藤田咲

パープルピールの弟子である焔の魔女。本名ラビリ・ラルラ・ラー。
ヴァルプルギスの夜会に参加する魔女の一人。喋るウサギ人形を連れています。

リリアーヌ

たみやすともえ

ツェーンライブの薄氷の魔女。
ヴァルプルギスの夜会に参加する魔女の一人。ボクっ娘ですが、もうちょっと複雑な事情を持ちます。

ベルダ

松嵜麗

アマタイア王国に勤める灰汁の魔女。テレッサの師。
ヴァルプルギスの夜会に参加する魔女の一人。

リューベンス

水原薫

チンクエの南瓜の魔女。
ヴァルプルギスの夜会に参加する魔女の一人。ツギハギのある身体が特徴。

ネザリア

水橋かおり

霧の魔女。
ヴァルプルギスの夜会に参加する魔女の一人で、現在の議長を務めます。

ミント

藤田咲

ブリダンゴ虫のお姫様。
とある王子様を応援したいと魔女邸に依頼してきます。

ハインツ

異端審問官の主席。本名ハインツ・フォン・フラウゼン。
ジャックの兄で、ともにダムー卿の養子となっています。美形で評判の有名人。チンクエでヒルダ姫と密会をしています。

ヒルダ

アマタイア王国の第一王女。

ウルカ

高名な大魔女。
「魔女ドクトリン」という魔女の手引書みたいなものを残します。

ヴェライエ

王国専属魔女。陽の魔女で、毒蛾の魔女。

サビーナ

透明な魔女。
結構壮絶な理由により姿を隠しています。よく見ると顔は見えます。

ジールデン

アマタイア王国の参謀。

国王

アマタイア国王。
ビスコとヒルダの父。魔女に大してそれなりの理解を示します。

トルーデ

アマタイア王国の老魔女。
帽子の後方に「リカの人形」らしきものをぶら下げています。

ジャック

ハインツの弟。

ダムー卿

ニケ教の教皇。

ドルチェ

本当の華の大公爵。
ジェラートとスィガーロの産みの親的存在で、ウルカと同期の13人の魔女のうちの一人でもあります。好戦的な態度のメタリカをさらりとかわすあたり、人物の大きさが窺えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^