魍魎戦記MADARA2 ‐ 登場人物 (仲間)

スポンサーリンク

管理人は原作をほとんど知りません。

かみしろ (神代斑)

やや無気力系の本作主人公。パンクロッカー
冒頭から学校に普段着で登校する問題児っぷりを披露します。デフォルトネームは「かみしろ」ですが、ほかの面々の名称を考慮するなら、下の名前の「はん」か「ハン」にしたほうが違和感がないかもしれません。

すばる (妹背すばる)

本作ヒロイン。新聞部。
かみしろの幼馴染でもある好奇心旺盛な女の子。冒頭にさらわれてしまい、再加入は終盤と、パーティーメンバーとして使用できる期間はごく僅か。再加入時は唐突に「魔術師」になっています。

カゲオウ (影王)

光と影の要素を持つ黄昏の戦士。
異世界に来る際に光と闇が分離するというナイトガンダムのような設定を持ちます。序盤での名前は「カラ」で、これは異世界の言葉で「黒」を意味するとのこと。序盤にカルパ仙人によってどこかへ飛ばされ、中盤で再会することになりますが、無視してクリアすることも可能です。

セイシンジャ (聖神邪)

よくわかりませんが「英雄」とのこと。
序盤から離脱なく加わる戦士系で、治療系魔法も使用できる恵まれっぷりを発揮します。峠道で無視しても気が付いたら酒場に居座る積極派。同じ田島先生の「多重人格探偵サイコ」にも別の名前で登場しているそうです。

フヨウ (芙蓉)

記憶喪失の女性。
その正体はユイマン国のお姫様。しかし、たくましく成長したお陰で国に戻っても誰も気付かないという不憫な?設定を持ちます。セイシンジャと同様に、コーサラ国で絡まなくても気が付けば酒場に出現します。

ハクタク (白沢)

古代ロウランの都にいる謎の老人。
見た目の通り生粋の魔法系ですが、基本的にレベルを上げて物理で殴ればいい本作において出番は少なめです。ウリである移動系の霊術もアイテムでどうにでもなってしまいます。カゲオウと同じく無視したままクリアが可能な一人。

マダラ (摩陀羅)

ランクァ国の王の一人。
タイトルネームを持ちますが、前作のマダラとは別人です。ややブラコンの妹を持ちます。

バサラ (伐叉羅)

ヤワト国の人。捨て童子?
成人の儀式を行っている最中に、知人によって村が燃やされるという悲劇に見舞われます。

シシマル (獅子丸)

ツガル国の王様。
油断ならない曲者のような登場をしておきながら、唐突に仲間に加わります。エンディングでの一枚絵はバカ殿風。

カオス (夏凰翔)

ムクリ族の王子様。
こういう3文字の名前に1文字ずつ難しい漢字を当てると、ものすごく近年の「キラキラネーム」っぽく見えてしまいます。人名用漢字の制限があるとはいえ、そろそろ「摩陀羅」「伐叉羅」「夏凰翔」あたりは現代に転生するかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^