風の伝説ザナドゥ ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「風の伝説ザナドゥ」は、ドラゴンスレイヤーシリーズの8作目として、1994年2月18日にPCエンジン CD-ROM²より発売されました。ファルコムが初めて家庭用ゲーム機用に放ったオリジナル作品としても有名です。

もうこれでもかというほどファルコムテイストを詰め込んだ作品であり、早い話が「英雄伝説 + イース」で大体の雰囲気が伝わります。それにソーサリアンのおつかい要素を「少々強めに」加味したといったところ。このお使い要素の多さがよく槍玉に挙げられますが、アクションRPGというジャンルと快適な移動速度のお陰で、実際はそこまで大変なものでもありません。

それよりは、音源を活かしたクオリティの高い曲の数々や、さすがの王道的大作感が、こういう世界観が好きな人にたまらなく心地よい感触を与えてくれます。今ではWindowsやバーチャルコンソールでも配信されているので、王道的ファンタジーが好きな人には是非とも手にとってみてください。

基本事項

  • 「Ⅱボタン」で移動速度2倍
  • HPの回復は教会のベッドにて
  • HPは回復するごとにちょっとずつ最大値が上がっていく。最高999999
  • 敵の落とすお金やハートは画面を切り替えない限り消えない
  • 装備品のみ買取屋で売却可能
  • 売却は5割~7割間のルーレット方式。ただし何度でもやり直し可能
  • 道具個々は99個まで所持可能
  • 道具は使用と装備でそれぞれ異なる効果がある
  • 装備品の性能と価格のインフレが凄まじい
  • 宝箱は中身を戻すこともできる
  • 伝統の「半キャラずらし」が有効
  • 「Ⅰボタン」で仲間の集合ができる
  • 各章は完結型。クリア後にその土地へ戻ることはできない

アイコン解説

主要の8つのみ。

  • AUTO … 移動時に障害物を自動的に避けるかどうか。常時ONで問題ないかと
  • SPD  … 移動速度が2倍になる。Ⅱボタンで計4倍。慎重に戦いたいとき以外はONで
  • MESS … メッセージを一気に表示するかどうか。ONのほうがファルコムです
  • ATT  … 仲間に攻撃させるかどうか。熟練度を上げたいときはOFFで
  • BGM  … BGMを流すかどうか。余程の理由がないかぎりON推奨。OFFは本作の魅力を半減させます
  • FONT … メッセージを太字にするかどうか。ONのほうがファルコムです
  • GRP  … 装備の熟練度をグラフで表すかどうか。お好みで
  • ALM  … ONにすると1時間ごとに15分の休憩を促すメッセージが出現します。まず不要です

時間の経過

矢のような速さで過ぎていきますが、影響があるのは時間に応じて人々が就寝したり、一部のイベントの発生条件になっていたりする程度。定期的に眠らないとHPが減ったり、クリア後にかかった日数が表示されたりはしません。アイテムの「アワーグラス」があれば若干の操作が可能になります。

各章の流れ

  1. だいたい教会からスタート
    「みこころに感謝いたします。」
    「汝に、祝福のあらんことを。」
  2. お使い&お使い&お使い
    メイン期間
    その土地の問題を解決したり、謎を解いたりします
  3. アクションステージ
    幾つかの画面を経て、最後にボスと対決します
    ボス撃破後はアリオスの変なポーズで締め
  4. 面間ビジュアル
    めでたしめでたし
  5. 次の教会へワープ
    「みこころに感謝いたします。」
    「汝に、祝福のあらんことを。」

装備品の熟練度

装備品の個々には熟練度の概念があり、パーセンテージで表示されます。
主な特徴は以下の通り。

  • 剣の熟練度は「一撃で倒せない敵にダメージを与えたとき」のみ上昇する
  • 鎧・盾の熟練度は「ダメージを受けたとき」のみ上昇する
  • 新品の熟練度の初期値はワンランク下の装備の約半分
  • 熟練度の最低値は20%
  • 同名のアイテムなら熟練度は共通
  • 熟練度が100%に達すると音が鳴る

ザコ敵それぞれによって上げられる限界値は決まっているようなものですが、その章内で手に入る装備品は、その章内のザコ敵で必ず100%に達するようになっています。ちなみに熟練度を上げたいとき、ザコ敵はセーブ&ロードで簡単に復活します。

アクションステージ

各章の最後には、ほぼ必ずサイドビューのアクションステージが入ります。
通常攻撃で衝撃波が飛ばせるほか、「Ⅱ」の長押しで「溜め」が可能です。「溜め」は厳密には完了効果音の鳴り始めからの「1段階」と、効果音終了から半秒後の「2段階」があります。そのほかのテクニックは以下の通り。

  • 「溜め + 攻撃」で威力&射程増加。ただし適用は横への攻撃のみ
  • ジャンプ中のみ斜め上への攻撃が可能
  • ジャンプ中に「下 + Ⅱ」で下突き攻撃
  • 「斜め下 + Ⅱ」でスライディング
  • 「溜め + 下突き」でキリモミアタック
  • 「溜め(2段階) + スライディング」でスライディング後に乱舞攻撃
  • 「上」で防御。ただし防ぎきれない攻撃もたくさんある
  • 一部の遠距離攻撃は剣や衝撃波で打ち消したり跳ね返したりもできる
  • 下に足場のある段差は「下 + Ⅰ」で下段へ降りられる
  • ドラゴンスレイヤー装備時のみ、溜め(2段階)攻撃がビーム突きになる
  • ビーム突きは適用は通常時の横への攻撃のみ
  • ビーム突きの発動時は若干の無敵期間を伴う

また、敵を倒したときに落ちる「鈴」を取ることで、色に対応した仲間が駆けつけます。もちろん加入中の仲間のみで、同時一人まで。基本的にアリオスと連動した動きをし、ある程度のダメージを受けると去ってしまいます。

  • リュコス … 3連投げナイフで攻撃する
  • ダイモス … 剣の衝撃波で攻撃する
  • ヌース  … フラスコを投げて攻撃する。当たった敵は一定時間凍結
  • ピュラー … 炎の魔法で攻撃する
  • メディア … 弓矢で攻撃する
  • ソフィア … 光の魔法で攻撃する。アリオスには微回復の効果
  • 北風   … 炎の魔法で攻撃する

そのほか、どうもアクションステージは別の熟練度が設定されているのか、例え鎧と盾の熟練度が100%に達していても、攻撃を受けるごとにダメージが減っていきます。が、状況的に回復の手段はほぼ限られているため、これを当てにするべきではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^