SDガンダム外伝 ナイトガンダム物語 ‐ 登場人物 (その他)

スポンサーリンク

レビル

ラクロアの王様。
愛娘がさらわれ、戻ってきたと思ったら巨人に城を潰されと、苦労が絶えない御方です。

フラウ

ラクロアのお姫様。
オープニングでジオン族にさらわれ、魔物に姿を変えられて死のロシアンルーレットに参加させられるなど結構な恐怖体験をします。巨人登場後は気が動転した父に代わってしっかりとラクロアを取り仕切ります。

ジムスナイパー

ラクロアの妖精。カードダスでは「妖精」に「エルフ」というルビが振ってあります。
仲間には加わりませんが、要所要所で一行の手助けやイベントの制御を行うキーパーソン。

ジムヘンソン

セントーの住人。
妻一人子一人ペット一匹の典型的な一般人代表ながら、マイホームを構えた矢先に巨人によって踏み潰され、各地を流転するという波乱万丈な人生を強いられます。

シャア

謎の騎士。妹を探しているとのこと。
中盤以降は姿を変えて登場します。

ランバ・ラル

ジオンの戦士。
しかし女性とは戦わないという紳士でもあります。

くろいさんれんせい

オデッサの盗賊団の首領3人組。
問答無用で「ちからのたて」を奪い去ります。戦闘では3人で1体という雑な扱いに。

ララァ

ジオンの魔道士。
本作では魔物に変えたフラウ姫を含めたロシアンルーレットを強要してくる鬼畜に成り果てています。

サタンガンダム

ジオンの大ボス。
ブラックドラゴンの仮の姿であり、その正体はナイトガンダムの半身なのですが、本作でそのあたりは語られません。素の状態ではこちらのほうが強いということは、武者頑駄無真悪参は悪の心のほうが勝っていたということでしょうか。

ドラゴンベビー

ブラックドラゴンの子供。
炎の剣を手に入れて何をしようとしていたのかわかりませんが、その献身的な行動力と、何度も立ち向かってくる根性には赤ん坊ながら頭が下がります。

キャラ

グラナダで大人気の踊り子。
サインはラクロアの掘り出し物屋に並びます。

アレクサンダー

グラナダの北のほこらに住む予言者。
疑心暗鬼に陥っていて、フラウ姫を連れてこないと家に入れてくれません。しかし一行に貴重なチケットを盗まれることになるので、やはり入れないほうがよかったですね。

ハモン

ムーアの村の予言者。
予言者というか、霊媒師というか。

サラサ

「ルフォイの星」の名を持つルウムの村の予言者。
予言者の中では一番まともな雰囲気かと思いきや、とても大事な物を人の出入りの多い劇場の隅というすごい場所に隠したりし、案の定盗まれます。

ライラ

ジオン族の女騎士。
リアの村でメッサーラと下手な芝居を打ってきます。

メッサーラ

ジオン族の呪術士。
リアの村でライラと下手な芝居を打ってきます。石の城ではザコ敵としても登場。

マッドゴーレム

全然巨人っぽくない巨人。

カクリコン

ジオン族の戦士。
ところどころで自分の知名度を確かめてくる人。

キッカ

迷いの森の妖精。
森では目印がわりになってくれます。カードダスでは左右にカツとレツも載っていました。

マクベ・カッツェ

ジオンの偉い人。
大事なツボを一行に盗まれ、その怒りで一行を巨人で踏み潰そうとしてきます。

サイコゴーレム

ウオオオオ~ンン……

ジーク・ジオン

ジオン族の総大将。
本作では怪しげな影での登場のみ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^