貝獣物語 ‐ 攻略チャート (4)

スポンサーリンク

ファットバジャーのしろ

城の中はかなり複雑で、本当は付属のマップでも載せられたらいいのですがとっくに紛失しておりまして、拙い言葉のみの説明になってしまうことをご了承ください。

まずは本作の開始時と同じく4人が四隅に配置されているため早急に合流を。最初は近い位置にいる主人公とバブを合流させ、ヤドカリ戦法も用いつつあとの2人を迎えに行くのがいいんじゃないかと思います。

この城の特有の仕様として、壁を「さがす」で通れるようになる箇所が幾つか存在します。場合によってはエレメンタルとの戦闘を伴ったり、ダイナマイトが必要だったりします。扉はクピクピのノックの魔法が便利です。

また、敵はほぼ固定で出現するタイプが多く、ラストダンジョンといえどもその種類は豊富です。いずれも攻撃力が高いものの、アパラパーとデスケンタウロス以外は必ず1体のみの出現なので、どうにかなると思います。

イベントというか、やれることはかなり多いのですが、実質不要なものも多く、以下では個人的に必要と思う事項のみを記載していきます。

最強武器の入手

主人公以外の3人の最強武器は、中央やや下あたりにある2軒の道具屋にて購入できます。水に囲まれているほうの道具屋は落とし穴に注意。壁際を歩きましょう。

主人公はカウンターのある道具屋から壁伝いに上へ進み、せんしのともの入った宝箱の横の下の壁を調べてエレメンタルを倒し、その奥で「パワーハンマ」を入手します。次に道具屋を出て6歩下の左の壁をダイナマイトで壊すと中に鍛冶屋のラバンがいるので、「キングソード」「クインソード」「パワーハンマ」を渡し、一度セーブ&ロードを経由すると最強剣「あいのつるぎ」が手に入ります。
また、先ほどの「パワーハンマ」を入手したあたりの左側か、バブの初期位置の左下あたりの壁を壊した先にほのおのつるぎをくれる老人がいて、鎧を外して二刀流にすることが可能です。もちろん守備力は下がりますが、長所を伸ばすほうがメリットは大きいでしょう。

「うるおいのすな」の入手

カウンターのある道具屋から左に進み、突き当たった左の壁をエレメンタルとの戦闘とダイナマイトで2回壊し、扉の先の左側に進み、その奥の宝箱に「うるおいのすな」があります。これはファットバジャーの部屋へ続く井戸を使用するのに必要です。

「アクマのカギ」の入手

右上の水路を上へ進み、2体のゴブリンの部屋でボブゴブリンを倒し、右側の壁を壊し、その先の宝箱に「アクマのカギ」があります。これはファットバジャーの部屋の扉を開けるのに必要です。

「オーラのたま」の入手

これは厳密にはなくてもいいのですが、あったほうが早く終わります。
最初に「パワーハンマ」の右上の老人がいる通路を抜け(落とし穴があるので壁沿いを歩くのが無難)、その奥にあるパン屋で「パン」を入手します。「パン」は道具屋の左の部屋の宝箱でも入手できますが、名前は同じでもこちらは腐っている厳密には別物なので注意。
次に道具屋の下を水路を進み、突き当たって右の行き止まりの壁を開け、その先の扉を開き、その奥で怯えているアサシンに「パン」を渡すと「オーラのたま」の入手となります。「いのちのしずく」も忘れずにと言われますが、特になくても問題ありません。

ファットバジャーの部屋へ

道具屋の下の行き止まりの左側の壁をダイナマイトで壊し、もう一度下側の壁を壊し、ゴブリンを倒し、井戸で「うるおいのすな」を使用し、階段をずんずん進めば、1Fの中央に見えていた十字型の空間にたどり着きます。
ここから階段を下るたびにシルバードラゴンゴールドドラゴンドラゴンキングとの戦闘になりますが、もはやまともに戦う必要はありません。「ラッキーベル」や「エスケープ」で回避してしまいましょう。

最深部の扉を「アクマのカギ」で開け、ファットバジャーと話すとまずはラストドラゴンとの戦闘へ。

ラストドラゴン

ホスピピスを使うため、低レベルでのヤドカリ戦法だと戦闘が長期化してしまいます。バリヤーで守備力を上げて積極的に攻めたいところです。ラストバトルへは連戦なので回復もお早めに。もちろん「ラッキーベル」があるならそれを使っての速攻決着でもいいでしょう。

そしてファットバジャーとのラストバトルへ。

ファットバジャー

さすがに「ラッキーベル」は通用せず、またなぜか主人公の特技も使用できません。とはいえ、1ターン目に「オーラのたま」とバリアーを使用したら、あとは適宜回復で問題ないんじゃないかと思います。非常用に「せんしのとも」や「サラサのみ」が幾つかあると安心です。

エンディングへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^