時空戦記ムー ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「時空戦記ムー」は、1991年9月13日にハドソンから発売されたゲームボーイのRPG作品。
正直当時の本作の知名度がどの程度のものだったかはわかりかねますが、本作のウリのひとつである「マルチパーティー」は確かな輝きを放っていて、それなりに知名度はあったのではないかと勝手に想像しています。「ふくわらいシステム」もまあーそこそこ話題に一役買ったのではないかと。

基本事項

  • どこでもセーブ可能
  • レベルはキャラごとではなく仲間全体で一括
  • 「どく」「ねつ」は病院、「いし」「ほね」は教会で治す
  • HP回復魔法は戦闘中だと回復量が増える
  • 道を進んでいけば大抵の村・町に到着する
  • メンバーの入れ替えは互いのパーティーが村・町にいる場合のみ可能 (建物内は不可)

人々・地域解放

本作のマップは16箇所の地域に分かれており、それぞれに村か町が存在します。厳密には必須ではありませんが、このすべての地域を解放することが本作のひとつの目標となるでしょう。
解放には「人々解放」と「地域解放」の二段階があり、それぞれ所定のボスを倒すことで達成できます。地域によっては町のボスが地域のボスを兼ねている場合もあります。

人々解放
大抵の村・町は魔物に支配されているため、ボスを倒してこの人々解放を行わないと、施設を利用することができません。ボスは村・町人に化けており、異常に速い動きが目印です。
地域解放
地域を解放すると、その地域のフィールドBGMが爽やかになってエンカウント率が下がり、ダンジョンはエンカウントがなくなり、そして村・町が移動魔法「ムーブ」の対象になるというメリットが生まれます。地域のボスは地域内のダンジョンにいる場合と、町のボスが兼ねている場合があり、もちろん後者の場合は人々解放=地域解放となります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^