じゃじゃ丸忍法帳 ‐ 登場人物

スポンサーリンク

じゃじゃ丸

本作の主人公。
今作ではだいぶ垢抜けた感じになりました。ドヤ顔で宝玉を掲げます。

さくら姫

本作のヒロイン。
これまたアクティブに垢抜けました。今作では仲間として優秀なサポート能力を発揮します。

なまず太夫

前作・前々作のラスボス。
今作では心を入れ替え、貴重な潜水艦係として仲間に加わります。その後は何もないところで「はなす」と「懐のなまず太夫が目を覚ました」となるので、小型化してじゃじゃ丸の懐にでもいるのでしょうか。またその際、じゃじゃ丸に悪態をついたり、海や晴天に感動して粋な台詞を吐いたりします。

はっぽうさい

一章に登場する伝説の忍者。
その昔からすてんぐと戦ったこともあるというご老人。実はとある人物が化けています。

おゆき

一章に登場する雪女。前々作の最初の敵。
「ちえのあかし」や「しのびのよろい」と、なぜか大事なアイテムを持っています。

くり丸

一章に登場する忍者。
じゃじゃ丸たちよりも先に「しのびのしょ」を取り戻し、プレイヤーに仄かな脱力感を与えてくれます。

おゆう

一章に登場する忍者。
そんなくり丸の恋人?姉?

からすてんぐ

一章のラスボス。
おゆきやなまず太夫が味方に回る中で、章の大ボスへと大幅な出世を遂げた前々作の2番目の敵「クロベエ」。見た目・強さ共に風格が漂っています。

むさし

二章に登場する剣の達人。
本作では妖怪の姿にさせられていたり、荷物を落としたり駆けつけたら戦いが終わっていたりと、どうも間の悪い人になっています。

りゅうじん

三章に登場する神様。
何かと疑惑をかけられて大変そうです。

ようまだいおう

ラスボス。
結局何がしたかったのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^