四章 決戦!般若島 ‐ じゃじゃ丸忍法帳

スポンサーリンク

はんにゃとう

四章は章自体がラストダンジョンのようなもので、施設も初期位置付近にあるいたこと宿屋と万屋のみ。ここから怒涛の中ボスラッシュ6戦を乗り越えたのち、ラスボス「ようまだいおう」との最終決戦となります。

注意したいのは、この中ボスたちは画面が切り替わると復活する点。途中の洞窟に入ったらもう後戻りは逆に手間になります。万屋で持てるだけのひょうろうがんを買っておき、術は「あい」での回復を狙っていきましょう。

せいりゅう

通常攻撃しかしてきません。だからといって攻撃力が高いわけでもなく、正直やや体力の高いザコといったところ。

ぶたまじん

これまた同じく直接攻撃のみ。せいりゅうよりも攻撃力が高いぶん、防御力は低いです。同様にサクッと撃破を。

かえんりゅう

こいつはさすがに40ダメージの「ほのお」を使ってきますが、同様に防御力が低めです。適宜回復をすれば苦戦する相手ではないでしょう。

じごくのばんにん

こいつは「すいとりの術」を使ってきます。防御はそこそこ高めですが、攻撃力は並程度。やはり苦戦はしないと思います。

ここまで終えて、消耗しているようなら一旦宿屋へと戻りましょう。後戻りができるのはここまでです。
準備ができたら洞窟の中へ。中央付近でのっぺらにゅうどうとの戦闘があります。

のっぺらにゅうどう

体力と防御が高く、また厄介な「しろいいと」を使用してきて長期戦になりがちです。「たいこ」や「ちからもちの術」があるなら使用を。

城の中へ突入。エンカウントはなく、手下の方々がうろついていますが物腰も丁寧です。
最深部の手前でひとつめだゆうと戦闘へ。

ひとつめだゆう

見た目はなんだかフレンドリー。攻撃力も防御もそこそこなので負けることはないと思いますが、「あやかしの術」を使ってくるため、場合によっては無駄に術を消費させられるのが厄介です。

そして、最深部でようまだいおうとのラストバトルへ。

ようまだおいう

攻撃は「ほのお」「しゅりけん」「はりのあめ」、そしてたまに電光石火の一撃を繰り出してきます。さくら姫は「れんぷくの術」で常に体力80以上を保ちたいところ。じゃじゃ丸は、これは三章から四章に突入した場合の話ですが、「すいとんの術」が一番ダメージを与えられます。さくら姫も隙を見て「あい」での術回復を狙いましょう。

エンディングへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^