新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~ ‐ 攻略のコツ

スポンサーリンク

待機枠に全員フリーマン

追加クラスの1つフリーマンの習得するスキルは、待機しているだけで商店の金額が安くなったり、蘇生・療養の期間が短縮されたりする縁の下の力持ち的なもの。効果の幾つかは重複するので、16のキャラ作成枠のうち、余りはすべてこのフリーマンで埋めておくと何かとお得です。

マッピング済みのマップは自動移動

基本事項にも書いたように、自動移動は倍速で移動できるだけでなく、可能な限り敵シンボル、落とし穴、ダメージ床などの障害を避け、かつ回転床や移動床まで考慮してくれる優れものです。同階層であれば積極的に使っていきましょう。レベルの低いダンジョンで使用する際は、魔術の「フォースハイド」を併用するとなお快適です。

強敵にはガードカウンター

この新釈版から追加された「ガードカウンター」の性能は凄まじく、意識的に利用するとしないとでは難易度にかなりの差が出ます。後衛の2人ぐらいに杖か弓、ほか全員にそれ以外を装備させ、特に血統種などのボス戦では最初のターンから積極的に狙っていきましょう。防御時の保険としての「空蝉」や、気絶させたあとの攻撃手段としての「クロックアップ+ヘビースイング」といったスキルが相性抜群です。

基本は「○不死 ○精霊」以上の武器

不死と精霊のモンスターは、これらの表示のある武器でないとまともなダメージを与えることができません。ウィザードとクレリックのスキルで付与できるとはいえ、ザコ戦のたびに使用するのはさすがに煩雑です。序盤の「邪教のメイス」に始まり、以降も「チェリーパイク」や「妖刀」など、可能な限りこの表示以上を持つ武器で繋いでいくのが快適と思われます。

対策アイテムを常備する

中盤以降の血統種戦に備え、破壊された隊列を戻す「笛玉」、武具の呪いを治す「蝶の粉」、所持しているだけで連れ去りを防ぐ「フェイクドール」あたりのアイテムは必須です。これらは商店の在庫も無限なので、常に一定数以上をストックしておきましょう。

神気スキルの2回目の選択は「精霊の壁」

確証はありませんが、精霊の壁の防御対象の「状態異常」には、致命攻撃やレクイエムなどの即死魔法も含まれていると思われます。つまり「聖なる魂」や「守りの奥義」が全員に備えられない終盤までは、このスキルの取得の有無は結構な差になるんじゃないかと思います。

乱れ撃ち + 撃ち抜き + 両手に状態異常投擲

レンジャー単体で成立できる組み合わせ。両手で別の状態異常を持たせることで、結構な状態異常のばら撒き係になれます。特に「睡眠」「気絶」「致命」がおすすめです。

斬り込み + 星系ハンマー

こちらはサムライと、鈍器の心得を得られるいずれかのクラスの経由が必要。しかし、状態異常のばら撒き率や凄まじく、ハンマーのエフェクトも相まってかなりのストレス解消になります。もちろん「?」表示の状態異常はロード&購入を繰り返してでも多くの付与を狙いましょう。特に「睡眠」は絶対に欲しいところです。
各ハンマーの最速のドロップは、「星屑のハンマー」は湖の廟の深度100のクラーケン、「星のハンマー」は禁魔廟Ⅲのクラーケン、「煌星のハンマー」は黒の宮殿のシルバースプリガンで確認しています。

Bセットでも効果あり

解毒ガムシリーズの武器の2点は、AセットとBセットのどちらに装備していても毒ダメージ無効の特性効果が得られるようです。つまり常用していないほうへ着けておけば攻撃力の低下を回避できます。

装備品の使用効果を何度も使用する

道具使用で何かしらの効果がある装備品は、大抵使用後に呪われてしまいますが、「蝶の粉」で解呪すれば1戦闘内で何度でも使用可能です。おすすめはもちろん「冥王の杖」など終盤の装備品の幾つかで発動できる「神の奇跡」。行動順を意識すれば毎ターン発動させることも難しくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^