新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~ ‐ 氷結の廟

スポンサーリンク

巨人の神殿

氷結の廟は石版の通り全域が「常時麻痺」であり、通常スキルを使用するとダメージを食らいます。通常攻撃と神気スキルのみでザコ敵に対応できるのが理想です。ただ、ダメージ量はスキルによって大よそ決まっており、「斬り込み壱」や「人形遊び」など一部のものはダメージが軽微なので、聖なる光を併用すれば常用も可能です。鉄壁の守りなどの防御系もダメージはありません。

まずは敵シンボルを片っ端から倒していきましょう。そのうち血統種のネフィリムが出現します。

ネフィリム & サイクロプスx1~2

適正レベルは20。別段変わった行動もなく、サイクロプスのやや強化版でしかありません。ガードカウンターでサクッと。

撃破で「巨人の鍵」が手に入り、右側の大扉を開けることができます。扉の先でドランサークと会話をしたら、十字路はまず北へ進みましょう。
また、十字路のすぐ右上の隠し部屋の石版にある通り、氷結の廟は多くの隠し扉が存在し、特にその先が2マスの小部屋の場合は大抵隠し宝箱があります。お見逃しなく。

※ 色付き座標は隠し宝箱

巨人の神殿

  • X08:Y14
  • はく製師の5つ道具
  • X15:Y07
  • 奥義の器

人狼宮 前宮 ~ 人狼宮 後宮

人狼宮に差し掛かると、ほどなく数体のコボルトと戦闘になります。恨み云々の件は血統種の出現条件のことなので、気にせずむしろガンガン倒していきましょう。そのうち主にシンボルから血統種のアーモンが出現します。戦う前に後宮の魔石に到達してセーブしておくと安心です。

アーモン & コボルトx4

適正レベルは22。回避持ちのほか、アイスブラストやオーマの波動を使ってきます。簡単にカウンターできるので問題はないでしょう。雰囲気的に致命もありそうですが、今のところ確認できず。

続いてもう1体。待ち伏せポイントでの戦闘で3ターンほど経過させると、血統種のベヒモスが乱入してきます。

ベヒモス

適正レベルは22。行動はたまに毒のブレスを吐くくらいで大半が物理攻撃なのですが、そのぶん攻撃力が非常に高く、さらに一部の攻撃が貫通性能を持っており、カウンターが決まる前に後衛が葬られるパターンが多いです。乱入される前にデバインアーマーで防御を高め、登場後は黒金の壁を張るなどしっかりと対策を施しましょう。

2ヶ所の制御扉は付近の石版の通り、石版を調べてからそれぞれ時計回り・反時計回りで帰ってくれば開きます。自動移動で適当に。上の扉の中で女の子の妖精を救出したら十字路まで戻り、次は南の竜人宮へ。

※ 色付き座標は隠し宝箱

人狼宮 前宮

  • X15:Y10
  • ポイニードール
  • フェイクドール x2
  • X11:Y17
  • 異邦人の遺品
  • 経験の書 三万頁
  • 経験の書 一万頁 x2
  • X10:Y02
  • 体力の結晶
  • 運の結晶
  • X06:Y02
  • 大精霊の実 x3
  • 星樹の葉 x2
  • X09:Y13
  • 力の結晶
  • 体力の結晶
  • 敏捷性の結晶
  • X02:Y15
  • はく製師の5つ道具

人狼宮 後宮

  • X03:Y02
  • 神の盾
  • 天使の鏡 x2
  • X03:Y01
  • オル=ドール x2
  • X05:Y07
  • 異邦人の遺品
  • 経験の書 三万頁
  • 経験の書 一万頁 x2
  • X13:Y15
  • 黒い魂のかけら
  • 力の結晶 x2
  • 神秘性の結晶 x2
  • X13:Y06
  • はく製師の5つ道具

竜人宮 前宮 ~ 竜人宮 後宮

こちらも進入ほどなくリザード系と戦闘になります。また、移動床と針の罠が多く、初回時は面白いように吸い込まれます。その都度解除していきましょう。

後宮の下部で再びドランサークと話したあと、2度の三連シンボルを抜けた先で、血統種のドレイク・ラジャが待ち受けます。

ドレイク・ラジャ & リザード系x4

適正レベルは22。ボス的な行動はオーマの波動くらいで、危険な要素はありません。連続攻撃やマルチスローなど、カウンターは非常に狙いやすいです。

撃破後、奥の小部屋で男の子の妖精を救出したら、十字路の東、子供の宮への扉が開きます。
が、そこは魂の救済にかかわる箇所なので、詳細はそちらをご覧ください。

※ 色付き座標は隠し宝箱

竜人宮 前宮

  • X15:Y09
  • 白い魂のかけら
  • X09:Y10
  • 蝶の手 x2
  • 蝶の粉 x2
  • X03:Y16
  • はく製師の5つ道具
  • X09:Y07
  • 星樹の果実 x3
  • X06:Y01
  • 異邦人の遺品
  • 経験の書 一万頁 x3
  • X18:Y07
  • 蝶の羽根 x3

竜人宮 後宮

  • X02:Y19
  • エリクサー x3
  • X15:Y02
  • 奥義の器 x2
  • X15:Y08
  • 知性の結晶
  • 神秘性の結晶
  • 敏捷性の結晶
  • X01:Y08
  • お供え物 松
  • お供え物 竹 x2
  • X01:Y06
  • 知性の結晶
  • 神秘性の結晶
  • 運の結晶
  • X00:Y07
  • はく製師の5つ道具

ルートの確定

ここまで終えたら、各「証」の選択までいずれかの勢力に純血晶を渡しましょう。再び異邦人ギルドが襲撃され、最終クエストの「運命の扉」がスタートします。
なお、各証はその時点でトップの勢力しか選択できません。つまり2種のヴェールと剣の絆の選択を終えた時点でルートが確定するということ。その時点で同値の勢力がある場合のみ証の選択で確定となります。また、証の選択時は勢力に応じて光のオーラ竜のオーラ闇のオーラのいずれかと、剣のエスカリオンがもらえます。

異邦人ギルド

到着するなりキョウ&ゲオルギウスと戦闘へ。

キョウ & ゲオルギウス

キョウはともかく、ゲオルギウスのほうが高い攻撃力とタフな耐久力を持ち、後衛からでも物理攻撃をしてくる強敵です。気絶しているとき以外は常に黒金の壁を張りましょう。両者ともカウンターはしやすい部類です。

撃破で「黒い蝶の血晶」を落とします。

その後は、ドランサークがキョウを抹殺したり、ルートによってザコ戦が挟まったりして、最終的に雪と森の廟の儀式の森の石碑からラストダンジョン「長しえの箱舟」に乗り込めるようになります。

向かう前に、新たに発生した血統種2体を討伐しておきましょう。

鉄の廟 ‐ 暗い廃道

いつぞやの旅客機の残骸で血統種のル’ ロワラパンと戦闘。

ル’ ロワラパン & アーティファクトx2

適正レベルは20。可愛らしい見た目に反した高い致命率を持ち、後衛にも連続攻撃を加えてくる危険生物です。必ず精霊の壁を維持して、ガードカウンターを中心に戦いましょう。アーティファクトには魔法のほうが有効です。

続いて、属性付きの武器を用意して嵐の廟へ

嵐の廟 ‐ 嵐の廟 有頂天

右下の待ち伏せポイントにて、確率で血統種のトリコロールが出現します。

トリコロール & 蝶の巣系x1

適正レベルは15。防御も魔法防御も異常に高く、暗撃かソウルブラスト、または神気スキルの一斉突撃でしかまともなダメージを与えられず、そのうえ自動回復の間隔も早いという難敵。また意外に攻撃に致命を伴うので、精霊の壁を張ってから属性付き武器でカウンターを狙い、気絶したところを有効な打撃で一気に畳み掛けましょう。

撃破したら、改めて長しえの箱舟へ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^