ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙 ‐ 神話辞典

スポンサーリンク

アテネのお城で入手できる「しんわじてん」の内容です。神様以外に地名や世界観なども載っています。
こちらも読みやすいよう漢字変換しております。

ゼウス

ギリシアの神々、そして天界と地上の支配者。

父親のクロノスを倒して現在の地位を手に入れた。

ゼウスの命令には他の神々も逆らえない。

言わば、この世界の支配者と言えるが、ゼウスにもどうにもならないこともある。

ヘパイトス

職人の神様。

ヘパイトスに見込まれたものは、とても腕の良い職人になることができる。

人間が大好きで、かつては役に立つ道具をたくさん発明して人間に与えた。

ポセイドン

ゼウスの兄。

海の支配者であるが、ゼウスには頭が上がらない。

かつては何度かゼウスに反抗して地上の支配者になろうとしたが、 ことごとく失敗した。

ほとんど天界にはいない。多くの時間を海底の神殿で過ごしている。

ビーナス

美の女神。

世界の美しいものは、すべてビーナスの慈しみを受けている。

かつて冥界に閉じこめられてしまったことがあるが、そのときはヘラクレスが助け出した。

ビーナス自身も美しい神である。

アレス

戦いの神である。

体と体がぶつかり合うような勇ましい戦いが得意。

しかし、大勢が作戦に従って行動するするような戦いは苦手である。

勇猛な神様であるが、最後には知恵の前に屈することが多い。

アテナ

知恵の女神。

アテネという町の名前はこの女神にあやかって付けられた。

アレスと違う意味で戦いの神でもある。

アレスは力で戦いに勝とうとするのに対して、アテナは知恵で勝とうとする。

そして、多くは知恵が勝つのである。

アルテミス

狩りの女神。

女神であるが、活発に野山を駆けめぐる姿で知られる。

多くの妖精たちを引き連れて獲物を追い回す、元気な女神様。

ヘーラー

家庭の守り神。

ゼウスの奥方であり、アレス、ヘパイトスなどの神々の、母親でもある。

普段は優しい母親だが、その怒りは凄まじく、ゼウスも逃げ出すほどである。

デメーテル

地上の緑の、女神。

しかし、その慈しみの心は植物だけでじゃなく、ほかの生き物にまで及ぶ。

従って、常に感謝を捧げなくてはならぬ女神である。

バッカス

ブドウの神様。

ほかの神々よりもついつい低く見てしまうが、

美味しいブドウを作るためには、デメーテルと共に感謝を捧げなくてはならない神様。

陽気な親しみやすい神である。

ヘルメス

旅人の神として知られる。

旅人にとってはもっとも親しみ深い神様であろう。

その一方、商人と泥棒の神としても有名。

かつては商人も泥棒も、同じように考えられていたのである。

アポロン

音楽などの芸術の神様。

青年の象徴として見なされることもある。

若くて整った顔立ちで、数々の恋物語を持っている。

しかし、そのほとんどは悲しい結末を迎えることが多い。

ハデス

地中の奥深くに広がっている冥界の支配者。

ゼウス、ポセイドンの兄である。

かつて兄弟でクジを引き、現在の地位を得た。

しかし、事あるごとに地上の支配権を得ようと事件を起こした。

クロノス

時を司る神様。

ゼウス、ハデス、ポセイドンらの父親である。

時間を自由に操るという偉大な力を持っているため、

ゼウスたちによって冥界のさらに奥深くに封印されているという。

ガイア

母なる大地ガイア。

ウラノス

天空の神。ガイアについで古い神様。

ガイアとの結婚によりクロノスが生まれ、クロノスは妻をめとり、ゼウスたちが生まれた。

まだまだ力を持っているので、ゼウスたちによって天空に封印されている。

プロメテウス

人間に火を与えてくれた神様。

ギリシアやそのほかの国々の繁栄、人間の文明の発展は、プロメテウスのおかげである。

ゼウスはプロメテウスを嫌っていると言われている。

トリトン

まだ子供であるが、れっきとした神様である。

イルカを使って海の落とし物などをポセイドン神殿に届ける仕事を任されている。

パエトーン

パエトーンの父親はヘリオスである。

やがて、父親のあとを継ぐと考えられているが、まだまだ時間がかかりそうである。

太陽を毎日東から西へ運ぶためには、2頭立ての馬車をうまく操らなくてはならないので、

厳しい修行が必要なのである。

ゴルゴーン

メデューサ、ステンノー、エリュアレーの3人の姉妹をゴルゴーン三姉妹と呼ぶ。

3人とも髪の毛がヘビになっており、その姿を見た者は石になってしまう。

ペガサス

翼を持った白い馬。

空を駆け抜けることができる。

絹の手綱と呼ばれる道具を使うと、どこからともなく現れる。

ケンタウロス

人間の上半身に馬の下半身を持つ不思議な生き物。

ときおり見かけられるが、どこに住んでいるのかはわからない。

ケイローンという長老が一族を率いている。

まくろきもの

海の怪物。

海を悠然と泳いでいる姿を、ときおり見かけるでろう。

大きなのが2匹、小さなのが1匹いる。3匹は親子と考えられている。

バオール

あるときは英雄、あるときは残忍な悪人としてトランテイア地方では知られている。

トランテイアの発展に大きく貢献したが、現在の行方は誰も知らない。

まほう

神殿の泉に浸かることによって、覚えることができる。

しかし、誰でも覚えられるわけではなく、その者の血筋、性格、知力などに深く影響される。

また、その魔法を使うのに相応しい成長を遂げていなければ、覚えていても何も起こらない。

ギリシア

アテネを中心とする高度な文明を誇る国。

アテネ、クノッソス、スパルタなどが主要な町である。

古くから天界の神々のお告げに従い栄えてきた国である。

トロイ

ギリシアの中心アテネとは海を隔てて隣同士。

東に位置する小さな国である。ほとんどの物をギリシアとの通商で手に入れる。

かつてはギリシアと敵対していたが、今ではすっかり頼りきっている。

ペルシア

ギリシアの南。海を隔てた遠い国である。

しかし、その距離にもかからわず、商人達は行商のために命がけの旅に出る。

基本的にはギリシアとはそれほど仲が良くないので、旅するときは注意が必要である。

トランティア

ギリシアの遙か西にあるという国の名前。

めいかい

死者の世界。

地上と天空のあいだと同じだけ地中へ進んだところにあるという。

地上に近いところには邪悪なものが集まる。

さらにその下には善良な死者たちの国がある。

さらに下は許し難い罪を犯したものが閉じこめられる場所があるという。

てんくう

我々の頭上に広がる空のこと。

天界は天空よりさらに高いところにある。

てんかい

神々が住まうところ。

オリンポスの山を登ると行くことができる。

かつては良き心の持ち主なら誰でも行くことできたというが、

今では恐ろしい試練を乗り越えなくてはいけなくなっってしまった。

しんでん

神々は神殿の巫女を通じて御神託やお告げをくださる。

神殿は各地に建てられているので、訪れてみるのが良いだろう。

近頃はせっかくのお告げも従う者が少なくなり、神々はお怒りになっているであろう。

アトラス

神々はみな巨大な姿をしているが、その中でも特に巨大な神様。

ヘラクレス

英雄ヘラクレス。半分ずつ神と人間の血をひいている。

数々の冒険と難事件の解決をした。

天界に住んでいると言われているが、人間が危機に見舞われたときには、必ずや力を貸してくれるであろう。

ヘリオス

2頭立ての馬車がヘリオスの仕事道具である。

ヘリオスは毎日、一日の半分をかけて馬車で太陽を運んでいる。

東から西へとゆっくりゆっくり。

息子のパエトーンが修行を終えるまでまで、ヘリオスの仕事は終わることがない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^