ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙 ‐ 登場人物 (仲間)

スポンサーリンク

主人公

記憶喪失かつ正体不明の青年。しかも不死身。
本作の物語は彼の出自を追い求めることがメインになります。主人公の特性上か、基本的に無口のようです。
パーティーの位置付けとしては、攻撃力も十分なのですが、本作の魔法習得の関係上どうしても回復を担当することが多くなりそう。

レイオン

主人公と同じく不死身の青年。
不死身を活かして飛び降りショーで生計を立てていたところ主人公に会い、一緒に旅をすることになる本作最初の正式な仲間。序盤から無口な主人公に代わってよく喋り、終始パーティーの発言者として機能してくれます。また、見た目の割にマメな性格のようで、イベントごとに日記を記します。詳細はレイオンの日記にて。
正式な仲間で回復魔法を扱えるのは主人公とこのレイオンのみ。しかし個人的には「タクストン」というハイドーピングな魔法を習得するため、ボス戦ではヘラクレス以上のアタッカーになることもしばしばです。

ヘラクレス

シリーズお馴染みの武神。
本作では自らの意思で地上に降りてきたということから従来の力を発揮できないとされていますが、それでも自慢の肉弾戦能力は十分頼りになります。また、戦闘をオートにしていると天に祈って魔法のような攻撃を行うことも。

ステイア

テミシオスの召使いの女性。不死身。
同行者から正式な仲間に昇格する人。レイオンの日記では「大人しすぎる」と書かれていますがそんなことはなく、むしろレイオンに突っかかったり窘めたりします。パーティーでは主に攻撃と補助魔法を担当。

謎の男

冥界にて加わる謎の男。やはり不死身。
金髪の青年なのでしょうが、初プレイから今に至るまでどうしても半端な仮面を被っているようにしか見えません。少しはまとまってきた情報を再び混乱させるような時期に登場するせいか、レイオンには初対面から猛烈に嫌われます。パーティーでは攻撃も魔法もそれなりですが、ボス戦では結構手が空いてしまうことも。

キュレネー

冒頭で記憶喪失の主人公を介抱してくれていた女性。
こういう立場は主人公に仄かな好意を寄せているのが定番ですが、本作はそんなありきたりな展開にはなりません。

ようせい

冒頭の主人公をいろいろと手助けしてくれる妖精さん。最大9人構成。
戦闘では応援をしてくれたり暖かく見守ったりしてくれるほか、回復魔法のパウも使用可能。ダメージを受けるたびに減っていってしまうのが切ないです。村で補充可能というのがまたなんとも。

ドレイ

クノッソスに連れてこられた女性ドレイ。最大9人構成。
戦闘では通常攻撃に、「やくそう」による回復や叫んで眠りを解除したりしてくれます。こちらもドレイ舎に戻ることで自動補充が可能です。

ろうじん

クノックスで地下水路で加わる町一番のお金持ち。
ドレイと同じく「やくそう」で回復したり、装備している「こくたんのつえ」で眠りを解除したりしてくれますが、ドレイがいる状態で攻撃を受けるとドレイを盾にするという下衆野郎。

へいし

スパルタの兵士。最大9人構成。
戦闘職だけにさすがにそこそこの強さがあり、戦闘中でも援軍を呼んだり、主人公が瀕死だと庇ってくれることもあります。補充は加入するラコニアではなく、スパルタにある宿舎のほうにて。

アテネおう

アテネの王様。
お忍びでドレイの見学をしていたところ、格好のせいで王と信じてもらえず帰れなくなってしまったマヌケな人。しかし、ドレイの実態を知るやすぐに制度を廃止する、良識と行動力を併せ持つ立派な人物のようです。
戦闘ではご老体だけあってHPが25しかありませんが、セルフで「やくそう」を使用しなかなかしぶとく、また懐から「ぶどうしゅ」を取り出して敵全体を眠らせたりもしてくれます。

テミシオス

ドリスコスの東の山に住む彫刻家。
身元不明のステイアを助けて世話をしていた人。そのせいで不死身の方々と同じ夢を見ることになり、その風景を壁画にしていたことで不死身と間違われてレイオンにパーティーに誘われます。しかし実際は不死身ではなく、落石によって帰らぬ人に。後に冥界で再会。

クリン

まくろきものに飲み込まれていたケンタウロスの子供。
本作においてはレア種扱いのケンタウロスなのに危機感がなく、ベンガジに着くなり即行で誘拐されます。

アルビオン

トランティアの王様。
若さと実力と野心を併せ持つ気鋭の人。若いといっても40代ぐらいだと思っていましたが、モバイル版の絵を見る限り20代もありうるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^