幻想クロニクル (PSP) ‐ エクストラ

スポンサーリンク

27:エレシュキガルを退けろ

罪過の遺跡
ワイルドコート (タンス)
精霊の実 (ツボ)
セルカ村
フィナの好きな花 (お墓)
イグレシア大迷宮
レアメタル (宝箱)
竜玉 (宝箱)
教会内部
悟りの印 (宝箱)
グロリアスドレス (宝箱)
クルヌギア
ナインテイル (宝箱)
ヴァルキリー (宝箱)
クノイチ (宝箱)
グロリアスドレス (宝箱)
魂の道着 (宝箱)

罪過の遺跡の入れなかった小屋からスタート。
幾つかの変化が生まれています。

  • 一部のエリアに最上級の固定敵が出現する
  • それに応じたクエストが追加される
  • ハムスターズに6匹目のハムレットが追加される
  • 各地の道具屋のラインナップが追加される
  • クリスタルクイーンのご褒美のラインナップが追加される
  • 抜け道とイグレシア大迷宮の奥から教会地下・教会内部へ行けるようになる
  • クルヌギアの闇が消えて通れるようになる

また、再開時に守護獣のジャンヌシルバードが仲間に加わります。守護獣が1体あぶれてしまいますが、役割的にジャンヌはグレイスの上位互換と考えていいかもしれません。

寄るとこ寄ったら、クルヌギアの最深部にいるエレシュキガルの下へ。
戦闘前、ラストバトル同様にライトが「ナイトクロニクル」を習得します。

エレシュキガル

2回行動で、通常攻撃のほか無属性全体攻撃の「ソドム」と「ゴモラ」、全属性防御を上げる「エレメントバリア」、自身の低下効果を打ち消す「邪神の印」、こちらの補助効果を打ち消す「破邪の陰風」、全体魅了の「誘惑の微笑み」、あとはクロスヒールを使用してきます。
何よりソドムとゴモラが強烈で、ナイトクロニクルの低下がない状態で食らうのは絶対に避けねばなりません。攻撃はライトのナイトクロニクルのみに任せ、他の2名は回復や補助に徹しましょう。守護獣を含め、男性陣は「理性のリング」の装備が無難。あとは全員にエナジーポットや生命の秘薬の装備を。

撃破後、演出のあとに「女王の紋章」を入手します。

ここから先がPSP版で追加された部分。
その後、リテアによって守護獣、そしてウラノスが解放されますが、ライトの不用意な一言によってウラノスは怒ってしまい、ウラノスに力を示さねばならなくなる展開へ。イグレシアの上部に擬似の天空世界が出現します。

28:ウラノスからの試練

審判の回廊
クリスタルの破片
クリスタルの欠片
クリスタル
がたくさん

天空の案内所は、回復・買物・練成・ハムスターズへの指示と施設が充実しています。
また、オメガコルシアムに「温泉」が設置され、クリスタルクイーンのご褒美に追加された「温泉ペアチケット」があれば2人で温泉に入ることができます。詳細はオメガコルシアムをご参照。
ほか、追憶の遺跡では歴代のボスとの連続交戦が可能です。こちらも詳細は追憶の遺跡の項を。

ウラノスの待つ審判の回廊では、まずこちらの守護獣7体の過去の姿と戦わなくてはなりません。いずれも1回行動ですが、ある程度のダメージを与えるとこちらと同様に怒り状態の技を使ってきます。攻略は左下から。

ロキ

ロキ自体は男性の括りですが、「誘惑の微笑み」は男女両方に効果があります。全員に「理性のリング」を装備させれば磐石です。

グレイス

通常攻撃が意外に強力なのと、「ノクターン」の睡眠がやや厄介な程度。必要であれば「目覚めのリング」の装備を。ジャンヌのレヴリーヴォレの怯みが有効です。

ジャンヌ

ある程度のダメージを与えると「戦乙女の行進」と「アヴェマリア」を使ってき、こちらは攻撃力が低下しているのに毎ターンHP8000弱を回復という悪循環に陥ってしまいます。攻めの姿勢でアヴェマリアを使われる前に撃破したいところ。

ルキウス

状態異常を伴う攻撃はないので、正攻法での力押しが可能です。強烈な「怒りの咆哮」を食らう前に終わらせることも。

シルバード

こちらも状態異常はたまに「チャーム」を使ってくる程度。守備力も高くはなく、「インフィニティ」を使われる前に終わらせることもできます。

バロン

さすがに守備力が高いうえ、最初から「母なる加護」で防御面を強化します。プロテクトダウンで対応を。

ザムト

「ベスティア」の即死が怖いですが、基本的には正攻法で押し切れます。必要であれば「おたけび」対策に「勇気のリング」を。

7体全員を倒すと、1Fの中央に魔方陣が出現します。
その先で、ウラノスとまずは小手調べの前哨戦へ。

ウラノス

もちろん2回行動で、ジャスティスやホーリーブレスなどの光属性の攻撃が中心です。途中で「聖印」を使用し、毎ターン16000ほどのHPを回復してしまうのが厄介ですが、それでも正攻法で押し通せると思います。

撃破後、衝撃的事実を経て、真ウラノスとの最終決戦へ。
例の如くライトが「ナイトクロニクル」を習得します。

真ウラノス

正真正銘のラストバトル。2回行動で全体攻撃の「慈悲なき翼」のほか、それぞれの守護獣を召喚してきます。内容はザムトとロキがそれぞれ「ベスティア」と「クリムゾン」で、ほか全員は怒り技を発動。バロンとジャンヌの効果からダメージはかなり抑えられ、長期戦になること必至です。全員「生命の秘薬」を中心に回復アイテムを限界まで装備し、入れ替えも駆使して臨機応変に立ち回りましょう。

真のエンディングへ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^