不思議の国の冒険酒場 (3DS) ‐ 登場人物 (仲間)

スポンサーリンク

シーラ・シュペック

本作主人公。15歳。
両親の遺した酒場「シュペック亭」を守るため、天然の姉に代わって店長を務めます。自力で食材を採集し、最終的に約400もの料理を使いこなし、果ては古代の魔竜を討伐するまでになり、なおかつその証拠として魔竜の死体から鱗や翼を「笑顔で」もぎ取るスーパー女子。姉とは対照的な貧乳をコンプレックスとしています。
武器は片手剣・両手剣・弓の3つを装備でき、スキルは「キュアオール」を習得したりと、攻撃から回復まで柔軟に対応できる万能型。本作ではパーティーから外せるようにもなりました。

フレット・マーカス

マスハイムの道具屋「マーカス商店」の息子。17歳。
情報通で頼れるシーラの幼馴染。なんだかんだで協力的な様子から少なからずシーラに好意があると思われますが、そのような描写がほとんどないのがまたもどかしい。年齢の割には非常に大人びています。
序盤の主力であるとともに、ほどなく「アナライズ」と「採集強化」を習得することからまずパーティーから外そうとは思えません。武器の両手剣と槍が順調に手に入ることや、ボス戦で「スティール」がほぼ必須なことからも、そのまま主力として使い続ける人は多いんじゃないかと思います。

アルフィネ・コレッタ

魔法学校に通う魔術師見習い。15歳。
アップルパイの匂いに釣られてシュペック亭に現れます。魔法学校の一年生でありながら全学年のトップに輝く優等生なのですが、反面「食べるほど痩せる」という夢みたいなスイーツを追い求めるスイーツな面も持ちます。
条件さえ知っていれば開始すぐに加えることもできる本作の魔法担当の一人。火・風・光の属性を得意とし、この相性から中盤までは大活躍が望めます。「キュアオール」も習得するため回復も任せることができますが、さすがに終盤はサンクチュアリを覚えるミリヤに譲ることになりそう。

アルター・ノイラント

冒険者ギルドに所属する戦士。43歳。
シーラたちの親の代からシュペック亭の常連で、指定席である隅の席にてほぼ毎日飲んだくれています。加入後はその場所でオヤジギャグを連発しますが、駆け出しの時代にメッツという相棒を失った悲しい過去を持ちます。
唯一斧を装備できる完全な肉弾系。「酔い度」という特有の仕様を持ち、その上で放つ「おやじ乱舞」は本作において抜けた攻撃性を誇ります。が、フレットが同じ戦士系として十分優秀なのと、パーティーのバランスからなかなか使う機会はないかもしれません。

リーディア・ヴァール

盗賊団ヴァール一家の元一員。19歳。
空腹で匂いに釣られてシュペック亭に忍び込んだところをシーラたちに見つかり、以後まかない「のみ」の従業員となります。特殊な生い立ちからその方面に知識があり、情報面や技術面でシーラを支えます。
盗賊系キャラということで、専用スキルの「ステルス」が最大の特徴。香水よりも効果が強く、特に採集を重視したいときに重宝します。「スナッチ」「応援」「ウィークン」あたりもボス戦のサポート向き。回復アイテムが充実しているならシーラの代わりに入れるのもいいと思います。

エーリアス・エストル

魔法学校の主席エリート。18歳。
家柄・容姿・実力の三拍子を備えるナルシスト。しかし年下のアルフィネに全校トップの座を奪われたことで焦り、実戦経験を求めてパーティーに参加してきます。発言の節々にアルフィネへのライバル心が見られます。
本作唯一となる加入任意のキャラで、その手順のややこしさからほぼ隠しキャラ的存在となっています。得意属性はアルフィネと真逆の水・風・闇。西方大砂漠やギバルト山では活躍が望めますが、この加入手順と初期レベルの低さからなかなか起用する気が起きないのが正直なところです。

ミリヤ

森の亜人種「アミエーラ」の少女。120歳ほど。
要するに他作品でいうエルフのこと。紫紺の森で魔竜コールマッハのいけにえになろうとしていたところ、シーラたちによって勝手に助けられます。おっとりとした見た目に反して性格は意外に気丈。パッツンな前髪が可愛い。
何よりも秘伝魔法の「サンクチュアリ」が全員に状態異常を含めた全回復と大変優秀な性能で、特にクリア後のボスたち相手にはこれだけでレギュラー入りする要素となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^