不思議の国の冒険酒場 (3DS) ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

■ 公式サイト
http://www.rideongames.com/3ds/sakaba/

本作はモバイルゲームの人気作「不思議の国の冒険酒場2」を3DSに移植したもの。iPhone版、PSP版に続く、現在最後発の最終版とも言うべき内容になっています。主な変更点は下記PSP版との違いをご覧ください。
2016年10月20日auスマートパス版が配信され、そちらが最後発となりました

基本事項

  • どこでもセーブ可能。セーブ欄は3つ
  • 戦闘中「Lボタン」で自動戦闘
  • 自動戦闘は倍速&攻撃のみ。うまく使えば演出のショートカットにもなる
  • すべての月は30日で統一。1年は360日
  • 食材や料理に「腐る」という概念はない

基本的な流れ

当面の目標は「酒場ランクを上げてマイスターリーグに出場して七天使亭を倒す」ことであり、それまではフリーシナリオ的に進行します。しばらくは以下の流れの繰り返し。

ダンジョンへ食材を集めに行く
食材はお店でも売っていますが、採集でしか取れないもの、敵からしか取れないものなどいろいろあります。特に序盤は金銭的にもダンジョンで集めるのが基本です。なお、ダンジョンかほかの町か問わず、マスハイム以外の場所へは「1日1ヶ所1回」しか訪れることができません。
酒場に戻って料理を作成する
集めた食材と、各所で入手できるレシピやヒントを参考に料理を作成します。作り方さえ知っていれば食材だけでも作成は可能です。完成した料理は店に出すか、キャラが食すかのどちらかに。
酒場ランクを上げる
序盤の幾つかのイベントを終えると「料理コンテスト」に出られるようになり、このコンテストで一定ポイントを得る+店の売上げが一定以上で「酒場ランク」が上昇します。ランクが上昇すると新たなイベントが発生し、新たな場所へ行けるようになり、食材の幅が広がっていきます。

食べてレベルアップ

何よりの基本事項。本作の経験値は「作成した料理を食べる」ことでしか得られません。料理は店の売上げにもかかわるものなので、この作成した料理を「店に出す」か「自身で食す」かのバランスが本作のキモと言えます。

料理効果

一部の料理は、食することでステータスや耐性がアップしたり、ダンジョンの寒さや暑さに強くなったりといった「料理効果」が得られます。効果はその日中か、別の料理を食するまで有効です。「先制攻撃し易い」がおすすめ。

季節

  • 春 … 3月~5月
  • 夏 … 6月~8月
  • 秋 … 9月~11月
  • 冬 … 12月~2月

季節は上記の括りで分けられ、料理の売行き、採集できる食材の種類、各店の食材の入荷量などが変化します。が、基本的にそこまで気にする要素ではないと思います。

時間制限

確証はありませんが、恐らく特に存在しないと思われます。一応1年弱まで確認済み。よほどのんびりプレイしたとしても、1年を越えることはまずないんじゃないかと思います。

モンスターの凶暴化

手負いのモンスターは凶暴化することがあり、HPの回復+ステータスが上昇する一方で、アイテムを落としやすくもなります。バイソンなどのレア食材を持つモンスターはあえて狙ってみるのも。

ボスから盗む

結構な重要事項。ほとんどのボスはレアな装備品を盗むことができ、そのうえ大半のものはこの方法でしか入手できません。なので図鑑のコンプを目指すのであれば、ボス戦は「スティール」を持つフレットか、「スナッチ」を持つリーディアの参加が必須になります。なお、もし取り損ねても、各ボスは最後の最後に再戦が可能です。

PSP版との違い

公式アナウンス

  • インターフェイスの改善
  • キャラデザの一新と表情差分の追加
  • シーラをパーティーから外すことが可能に
  • 料理価格の調整
  • 新しく獲得したヒントレシピの一覧表示
  • 戦闘バランスの調整
  • 装備の可否や習得スキルの調整

そのほか細かい点

  • 採集のスムーズ化
  • 「編成」がカメリナさんのメニューに
  • 売上げ進行度合いの表示
  • 酒場ランクの下に行商人などのアイコンの表示
  • イベントのところどころでBGMの変更
  • 一部アイテム名の変化
  • 敵の落とす・盗めるアイテムの変化

キャラデザの一新と表情差分の追加は本当に素晴らしく、リメイクとすら感じてしまうほど。採集も十字キーを押しっぱなしでの取得が可能になり、ポコポコと非常に快適になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^