不思議の国のラビリンス (3DS) ‐ その他の登場人物

スポンサーリンク

シーラ・シュペック

前作の主人公であるシュペック亭の店長。カメリナの妹。
今作では王室料理人になったことで、冒頭から国王夫妻の外交に随従します。訪問先の国の王様からプロポーズを受けるというシンデレラガールになりかけますが…。

フレット・マーカス

マーカス商店の息子。
今作でもマスハイムで基本の道具屋を担当。しかし何か作業でもしているのか、いつもカウンターの外の微妙な位置にいます。シーラの動向がなんだかんだで気になっているあたりは前作よりも年相応な感じ。

アルター・ノイラント

冒険者ギルドに所属する戦士。
冒頭ではリーディアやアルフィネと一緒に訓練所に挑戦しますが、プレイアブルキャラにはなりません。いつもの定位置で相変わらずオヤジギャグみたいなことを連発します。この台詞は到達階に応じて変化する模様です。

エーリアス・エストル

魔法学校のエリート。
今作ではエリートらしく、国王夫妻やシーラがアルトブルクへの訪問を終えてロカウル王国へ向かう際に合流し、その後にシーラのシンデレラストーリー?をシュペック亭に持ってきます。

ミリヤ

森の亜人種アミエーラの少女。
今作でもEXダンジョンのイベントという終盤にようやく登場します。

ウルガン

マスハイムの王室魔術師。
今作では冒頭のラビリンスの説明を担当します。

モクアーニ

マスハイムに住む謎の人物。もふ。
今作ではシュペック亭の前で追加要素の「合成」を担当。ほかにもリーディアに追加衣装をもたらしたり、前作と同じくEXダンジョンのイベントにかかわってきたりします。ミリヤが気になっている模様。

モリア国王

マスハイムの王様。
ゲオルグ王のシーラへのプロポーズは、この人が美味い料理を食い続けたいがために破談になった模様です。ちなみに最初に向かった自治都市アルトブルクとは、同社「不思議の国の鍛冶屋2」の舞台となっている街のこと。

モ・クー

偉大な鍛冶職人。
アビスの33階に登場し、チケットなしでも合成を制限なく行ってくれるありがたい人。見た目はモクアーニまんまのようですが、語尾に「もふ」とは付きません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^