不思議の国のラビリンス (3DS) ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

■ 公式サイト
http://www.rideongames.com/3ds/laby/

PSPや3DSで人気を博した「不思議の国の冒険酒場」のスピンオフ作品。メインメンバーの一人であった盗賊娘のリーディアを主人公に据え、ダンジョン探索を繰り返すローグライクゲームとなりました。
元々はPSMoblieで配信された作品ですが、2015年7月15日に配信が終了。現在ではこの3DS版が唯一のプレイ環境となっています。

基本事項

  • セーブデータは1つのみ
  • アイテムの所持数は24個まで。増加はなし
  • 倉庫は最初から140個まで
  • ダンジョン進入時はアイテム欄がいっぱいでない限り「お弁当」が支給される
  • 10行動につきHP+1・満腹度-1
  • 敵隣接時に「Yボタン」でその敵の方向を向く
  • 「Rボタン」で斜め移動のみにできる
  • 「A + Bボタン」でその場で足踏み
  • フロアごと敵の沸きに限りがある
  • フロアごと滞在ターン数にも限りがある。超えると強制的に次の階へ

体験版

4月20日のアップデートから配信されるようになりました。
プレイ範囲は冒頭の訓練所から、街を出てラビリンスへ向かうまで。製品版へのデータの引継ぎも可能です。

アイテムの識別

ダンジョン内でのアイテムの取得時、武器と盾は強化値が、指輪と杖は正式名称が未識別の状態となっています。武器と盾は装備すれば識別となりますが、指輪と杖は「識別の書」等を使用するか持ち帰るかしないと識別されません。
さらに、クリア後に挑める「アビス」と「EXダンジョン」では本と薬も未識別での入手となります。これらは使用することでそのまま識別となります。

アイテムの整備

同じ種類の武器・盾・杖をまとめてひとつにすること。
アイテム「ニコイチの御守」を所持することで可能になります。武器と盾は特に意味はありませんが、有効な杖の回数を溜められるのは大きいです。可能な限り行えるようにしておきましょう。一部の料理効果でも可能です。

料理効果

前作以上に様々な効果のものがありますが、有効範囲は使用したフロアのみと非常に短く、正直オマケ的な存在となっています。ダンジョン内で料理を作成できるシステムが欲しかったところです。

古井戸

シュペック亭の裏にある井戸。
ここはダンジョン扱いであり、同じ仕様でアイテムが使用できます。各強化の書や整備を行いたいときに便利です。ただし、プレイ実績の「チャレンジ回数」も加算されます。気にする人は一応注意を。

行商人

ラビリンスとアビスの「5の倍数の階」に出現します。
ラインナップは幾つかのパターンの中からのランダム。詳細はお店情報をご覧ください。その階にいる限り何度でも売買が可能です。ちなみに飛び道具や魔法ならダメージを与えることができますが、恐らく無敵と思われます。

状態異常

名称 こちら
10歩ごと最大HP10%ダメージ 1歩ごと?
眠り 行動不能になる 同じ
混乱 移動と攻撃がランダムになる ほぼ同じ。攻撃をしてくることもある
封印 杖などが使用不能になる 特殊攻撃をしてこなくなる
麻痺 攻撃を加えるまで行動不能になる
盲目 地形しか見えなくなる 何かに当たるまで直進する。進路にいると攻撃をしてくる
恐慌 通常攻撃ができなくなる 逃げていく
幻覚 敵やアイテムが別のものに見える 混乱か盲目と同じような感じ?
忘却 全アイテムが未識別になる
倍速 2回行動になる 同じ
鈍足 1/2回行動になる 同じ
透明 敵の攻撃対象にならなくなる 見えなくなる
弱体化 防御力が0になる

麻痺と弱体化以外は数ターンで効果が切れます。空欄はその状態になることがないと思われるもの。

モンスターの巣

ローグライクでお馴染みの敵とアイテムがひしめく小部屋。各階に一定確率で出現します。
敵とアイテムのほかに罠も豊富なので、敵を殲滅させてさあアイテムを回収!という矢先に落とし穴に落ちるなんて展開はお約束です。また、踏み込んだ時点でフロアの全マップ情報が開示されます。

敗北のデメリット

装備中の武器と盾は強化値が下がるのみで、消失しないのが特徴です。矢は本数の低下、指輪は確率で消失、非装備品は確実に消失します。ただし、これは持ち込み可能なダンジョンの話であり、持ち込み不可のダンジョンは問答無用で全消失となります。

PSMoblie版との違い

  • ユーザーインターフェイスの改善
  • 合成システムの登場
  • やり込み専用の新ダンジョンが追加
  • アルフィネとカメリナが使用可能に

公式アナウンスは上記の4点。
このほか細かい変更点もあるかと思いますが、PSMoblie版が未プレイのため比較できず。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^