精霊神世紀フェイエリア ‐ 基本事項

スポンサーリンク

作品概要

本作「精霊神世紀フェイエリア」は、1992年1月24日というメガCDの初期に発売された、ウルフチームのRPG作品です。

精霊神世紀フェイエリア

本作の特徴は、何と言っても独自の戦闘画面にあります。
右に味方・左に敵のグラフィックを表示し、それが各行動に応じて変化するという方式で、「防御」「逃げる」「瀕死状態」に至るまで実に多彩な絵が用意されています。当時のRPGは顔グラさえ表示されないものが多かったのと、またメガCDという機種の気高さも相まって、かなりの高級感を放っていました。
またCD音源ということもあり、BGMのクオリティも全般的に数段上をいっています。まずは開始直後、村のBGMに耳を澄ましてみてください。

基本事項

  • 村人・町人の台詞は人によってはかなり豊富に用意されている
  • アイテムの売値は買値の75%
  • セーブは宿屋にて
  • 戦闘不能は戦闘後にHP1で自動復活
  • 全滅はセーブデータからやり直し
  • 鍛冶屋はランフェールの町で+1まで、ラーダの町で+2まで可能
  • 鍛冶屋の+1は、性能+6と、その武具の価格を倍にする
  • 鍛冶屋の+1の金額は、そのアイテムの価格
  • レベルは49が最高?
  • うっしー だよ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^