光の4戦士 ファイナルファンタジー外伝 ‐ クラウン

スポンサーリンク

すっぴん

クラウンなしの初期状態。
一応「全滅しても宝石がへらない!」という特性がありますが、ステータスは基礎値でアビリティもなく、使うとすれば「オニゴロシ」相手の全滅稼ぎのときくらいのものでしょう。FF5のような存在ではありません。

旅人

★0にげる
★1とんずら
★2かいふく
★3すけっと

魔女の館のグリプス撃破後に入手。
クラウン特性は「回復アイテムの効果がアップ!」。本作で戦闘から逃走をするにはこの旅人の「にげる」か「とんずら」を行うしかなく、特に辛い一人旅のときにお世話になるかもしれません。また「すけっと」は何気に強力な攻撃アビリティ。

白魔法使い

★0いのる
★1しゅくふく
★2かくれる
★3きせき

流砂の城のサンドデビル撃破後に入手。
クラウン特性は「白魔法の消費APが-1!」。「白魔道士」でないのが珍しいというか、ややドラクエとの融合感があります。生粋の回復担当だけに当然出番は多く、「いのる」はボス戦におけるかなりの重要アビリティ。一人旅でない限りは誰かしらを担当に。

黒魔法使い

★0まりょく
★1めいそう
★2はんしゃ
★3まどう

流砂の城のサンドデビル撃破後に入手。
クラウン特性は「黒魔法の消費APが-1!」。威力を高める「まりょく」と「めいそう」や、全体攻撃の「まどう」もかなり強力なのですが、個人的には白魔法使いほど出番がない印象です。これは「ルクス」と「ミーティア」の性能差とも言えるかもしれません。

盗賊

★0ぬすむ
★1まきあげる
★2いちげき
★3ぶんどる

動物の小道のオニゴロシとの戦闘後に入手。
クラウン特性は「ドロップアイテムの質がアップ!」。敵からのアイテムを望むなら誰かしらをこれにしておけという感じです。終盤のボスからレアアイテムを盗むには素直に「ぶんどる」まで習得したいところ。また、初期クラウンの中では力が高めです。

詩人

★0エール
★1モテット
★2アリア
★3フーガ

動物の小道のオニゴロシとの戦闘後に入手。
クラウン特性は「楽器を装備すると能力がアップ!」。力・知性・精神が約10%上昇します。「エール」「モテット」「アリア」とも地味ながらかなり便利であり、「ルクス」の効果と被らないのも強み。枠が余っているなら積極的に使用したいクラウンです。

商人

★0さがす
★1たかのめ
★2みがわり
★3カネしだい

ウルペスのデーモン撃破後に入手。
クラウン特性は「宝石の入手率がアップ!」。本作の宝石は重要なファクターであり、ありすぎて困るものではないので、やはり枠が余っているなら入れておきたいクラウンです。「カネしだい」は条件次第ですべての敵を一撃で葬ることのできる強力なアビリティ。

薬師

★0ちょうざい
★1こういき
★2どくやく
★3レベルやく

ウルペスのデーモン撃破後に入手。
クラウン特性は「消費APなしでアイテムが使える!」。アイテムの効果を全体にする「こういき」は白魔法使いの「いのる」よりもお手軽で、また「ちょうざい」との併用も可能です。エクスポーションでは少々回復量不足ですが、エリクサーがあれば優秀な回復役になれそう。

精霊使い

★0きょうか
★1エンハンス
★2ミステリオ
★3エレメント

世界樹のウィツィロ撃破後に入手。
クラウン特性は「自分が受ける属性ダメージが半減」。正確には全属性の耐性が1段階上がります。耐性が重要な要素である本作においてはトップクラスに重要なクラウンで、特に「ミステリオ」はこのアビリティの存在に気付けるかどうかがそのまま難易度に直結するレベル。故に星の奈落の序盤はえらく辛いものに感じます。

狩人

★0ねらう
★1そげき
★2えんご
★3ひっさつ

世界樹のウィツィロ撃破後に入手。
クラウン特性は「弓を装備するとダメージがアップ!」。特別ボス戦で有用なアビリティはないものの、たまに出現する異様に回避率の高いザコ敵に「ねらう」や「そげき」が有効です。また通信の景品の「ヘラクレス」を使用する場合も常に「ねらう」を併用したいところ。

武道家

★0かくとう
★1きゅうしょ
★2チャクラ
★3おうぎ

インビディアの地下のアイスドラゴン撃破後に入手。
クラウン特性は「素手攻撃のダメージがアップ!」。「きゅうしょ」「チャクラ」「おうぎ」とアビリティはどれもボス戦向きで、勇者を得るまでは主力に据えるのもいいでしょう。

学者

★0ひりき
★1なんたい
★2あしどめ
★3じゃくたい

インビディアの地下のアイスドラゴン撃破後に入手。
クラウン特性は「本を装備すると能力がアップ!」。力・知性・精神が約10%上昇します。★2までのアビリティは詩人の逆バージョンといったところですが、こちらは命中判定があるぶん使い勝手はやや低下。個人的には「みやぶる」的なアビリティが欲しかった。「じゃくたい」はオニゴロシ殺しなアビリティ。

遊び人

★0みりょく
★1もりあげ
★2うんだめし
★3あげあげ

スペルビアのロラン撃破後に入手。
クラウン特性は「同時攻撃のダメージがアップ!」。アビリティの大半が気合関連ですが、ただでさえボス戦は気合が上がりやすいため、正直活用する場面が思いつきません。名称的にも、パルプンテ的なアビリティを持つことからも、かなりドラクエ色の強いクラウンと言えます。

勇者

★0ふみこむ
★1ぜんぎり
★2てんばつ
★3とどめ

スペルビアのロラン撃破後に入手。
クラウン特性は「気合が上がりやすい!」。この特性もステータスもアビリティ全般も優秀で、個人的には欠点の見当たらない最強の前衛クラウンだと思います。ザコ敵には「ぜんぎり」、ボスには「てんばつ」「とどめ」を炸裂させましょう。「とどめ」の自身の攻撃が必中という点も地味に大きい。

魔法剣士

★0まほうけん
★1まじんけん
★2まふうじ
★3まれんけい

流砂の城のアスモデウス撃破後に入手。
クラウン特性は「魔法の後に攻撃すると大ダメージ!」。武器の属性をある程度自由に変えられるのが主な特徴ですが、それほど求められる場面もなかったり。「王家の短剣」と「光の剣」があれば大抵の場面は事足ります。

道士

★0しえき
★1りこう
★2じばく
★3ひゃっき

グルグ火山のベルフェゴール撃破後に入手。
クラウン特性は「復活するたびに強くなる!」。サイヤ人か。この特性と「じばく」の相性が非常に良く、このクラウンを主力として使うのなら、恐らく「じばく」が基本攻撃というハードな運用になるかと思います。自身は「エルメスのくつ」を装備し、同ターンに誰かにレイズを使ってもらえば毎ターンの「じばく」が可能。

踊り子

★0おどる
★1はじける
★2おうえん
★3カーニバル

ケトスに乗ってリヴァイアサン撃破後に入手。
クラウン特性は「短剣を装備するとダメージがアップ!」。アビリティは全般的にAPを溜める系ですが、「ルクス」の存在がその価値を半分以下にしてしまっています。ただ、短剣のダメージが上がるという特性は、「王家の短剣」の底上げとして利用できるかもしれません。

ナイト

★0かばう
★1ひきつけ
★2アベンジ
★3ふんばる

ロランのココロのルシファー撃破後に入手。
クラウン特性は「盾を装備すると防御力がアップ!」。ジョブチェンジのあるFFでは代表的な前衛職ですが、本作ではHPが飛びぬけて上がったり、アビリティの内容的にも守備中心のクラウンとなっています。使うことは…正直あまり…。

錬金術師

★0じっけん
★1れんせい
★2ごうせい
★3みだれなげ

天空への塔のベルゼブブ撃破後に入手。
クラウン特性は「攻撃アイテムのダメージがアップ!」。アビリティ的にも錬金術というよりは攻撃アイテムのスペシャリストと言ったほうが正しいです。マモン戦では活躍が見込めます。

呪術師

★0ぎしき
★1のろう
★2じゅばく
★3きんじゅつ

太陽のほこらのマモン撃破後に入手。
クラウン特性は「闇魔法の消費APが-1!」。恐らく最も怖い見た目になるクラウンです。しかし肝心の闇魔法が微妙なため、このクラウン自体の存在意義も微妙な感じに…。せめて「ルクス」「ミーティア」に続く伝説の闇魔法があるとよかったのですが。

暗黒剣士

★0あんこく
★1しっこく
★2サガクけん
★3ぼうそう

魔法研究所のサタン撃破後に入手。
クラウン特性は「剣を装備するとダメージがアップ!」。この特性的にも、力が大幅に上がるステータス的にも王道で優秀な前衛クラウンになりそうなのですが、アビリティの大半がダメージを伴うクセの強い仕様となっており、常用は難しいと思われます。分裂する敵だらけの長く辛い洞窟があるわけでもなし。

針子

★0ふくろぬい
★1なみぬい
★2そせい
★3ゆうごう

ウルペスのミニゲーム「ジュスカの一日店長」で20000ギルを売り上げると入手。
クラウン特性は「針を装備すると攻撃力がアップ!」。かなりアップするのですが、その「針」自体が終盤のランダムダンジョンまで入手できないというやるせなさ。アビリティもクセが強いものばかりの中、唯一「そせい」は実質半分のAPでアレイズと同等の効力という優秀な性能となっています。

獣使い

★0はなつ
とらえる
★1てかげん
★2めいれい
★3ほんきだせ

インビディアのミニゲーム「学者グマと暗算ゲーム」で250ポイントを達成すると入手。
クラウン特性は「どうぶつ状態の味方の能力がアップ!」。ただし動物状態自体ステータスが下がっているため、人間状態からの換算だと力・知性・精神が+30%ぐらいだと思います。自身が動物状態でも有効であり、全員動物状態での「めいれい」は割と強力。
また、「とらえる」と「はなつ」はあまり試していませんが、エクストラダンジョンのザコ敵なら結構な戦力になりそうでしょうか。シリーズ従来と違い、「はなつ」ではその魔物を消費しないのが特徴です。

音楽家

★0セレナーデ
★1ノクターン
★2マーチ
★3オラトリオ

リベルテの通信所で「音楽家の楽譜」を交換すると入手。
クラウン特性は「詩人がいると能力がアップ!」。力・知性・精神が約10%上昇します。これまた「ルクス」の存在によって価値の薄められていそうなクラウンで、取得に貴重なバトルポイントを必要とするのも痛いところ。よほどバトルポイントが余っていたらで。

忍者

★0みきる
★1ぶんしん
★2カウンター
★3はやわざ

月砂の遺跡のキリンジュ撃破後に入手。
クラウン特性は「エンカウント率がダウン!」。本作で唯一のエンカウント減少手段であり、残り3つのランダムダンジョンの踏破に大いに活かしたいのですが、「効いている…よね?」程度の効力なのが残念なところ。主力として使用するなら「はやわざ」の性能を上げるため「シラヌイ」と「忍者の衣」を装備したいところです。

賢者

★0れんぞくま
★1けんきゅう
★2ぞうきょう
★3しろくろま

神木の塔のトルテ撃破後に入手。
クラウン特性は「白魔法と黒魔法の効果がアップ!」。相変わらず白黒両方の魔法を使いこなすスペシャリスト的な位置付けも、肝心の「いのる」がないためにFF3のような完全無欠の上位互換とはならない感じ。「れんぞくま」もAPの上限的に活用しきれません。

記録士

★0じかん
★1つうしん
★2クラウン
★3やりこみ

試練の塔のぼうけんか&あいぼう撃破後に入手。
クラウン特性は「プレイ時間によって能力が変化!」。正確には「力=戦闘回数、知性=調べた回数、精神=歩数」が影響しており、基本的に多いほど上昇すると考えていいのではないかと。アビリティ的にもとにかく「やり込んだ人ほど強力になる」クラウンであり、やり込みの報酬のひとつの形態として面白い存在だと思います。

語り部

夢幻の灯台のロラン&リコッテ撃破後に入手。
クラウン特性は「覚えたアビリティを使いこなす!」。★の数に応じて他のクラウンの習得済みかつ同レベルまでのアビリティを使用できるようになります。「なんでFF5のような仕様じゃないんだ!」と憤っていた自分にとってはようやく登場したクラウンなのですが、いざ考えてみるとそれほど有効な組み合わせは浮かばなかったり。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^