ファイナルファンタジー3 ‐ ジョブ

スポンサーリンク

たまねぎけんし

コマンド
たたかう
ぼうぎょ
にげる
アイテム

デフォルトのジョブ。
ステータスは軒並み低く、装備品も限られていますが、隠し的な最強装備の「オニオンシリーズ」が存在したり、またレベル90手前からステータスが急激に伸びたりと、この「たまねぎ剣士に始まりたまねぎ剣士に終わる」かのような構成はFF5の「すっぴん」に近いものを感じさせます。キャラごとにカラーが異なるのも恐らくこのたまねぎ剣士だけ!

せんし

コマンド
たたかう
ぼうぎょ
にげる
アイテム

風のクリスタルのジョブ。
オーソドックスな前衛職で、まあ~大半のプレイヤーの先頭キャラの初職になるかと思われます。完全上位互換のナイトが登場するとお役御免に。マップ上のグラフィックは前作のフリオニール。

モンク

コマンド
たたかう
ぼうぎょ
にげる
アイテム

風のクリスタルのジョブ。
知性と精神がほぼ1という清々しい脳筋タイプ。レベルに応じて素手の攻撃力も上がっていき、レベル18で最強の「さんせつこん」を越えます。何より素手のほうが打撃音が気持ちいいので、もうずっと素手でもいいんじゃないかと思います

しろまどうし

コマンド
たたかう
まほう
にげる
アイテム

風のクリスタルのジョブ。
本作の当面の回復担当。完全上位互換の導師がいるものの、登場がかなり遅いため、序盤からかなりの長期間をお世話になると思います。なんとなく3番目のキャラが担当することが多そうで、白魔⇒導師⇒賢者という経歴を徹底すれば女性というアイデンティティを確立させることもできそうです。

くろまどうし

コマンド
たたかう
まほう
にげる
アイテム

風のクリスタルのジョブ。
本作の攻撃魔法担当で、白魔と同じく完全上位互換の魔人の登場が遅いのですが、こちらは黒魔法が威力不足に感じる期間もあり、幻術士などに取って代わられることも多そうな。また、本作はこの黒魔系列というか、要するに「銀河鉄道999」の車掌さんみたいな見た目のジョブが幾つか存在します。

あかまどうし

コマンド
たたかう
まほう
にげる
アイテム

風のクリスタルのジョブ。
初代作から名を馳せる器用貧乏職。レベル4までの白黒魔法が使用可能です。本作では序盤の封印の洞窟で有効な「ワイトスレイヤー」が専用装備になるなど、どうにかプレイヤーに使ってもらおうと画策した意志が感じられます。

かりゅうど

コマンド
たたかう
ぼうぎょ
まほう
アイテム

火のクリスタルのジョブ。
弓矢のスペシャリストですが、本作は矢が消耗品なのと、なぜか一度に20本までしか装備できない使い勝手の悪さとなっています。一応エアロを除くレベル3までの白魔法も使用可能。

ナイト

コマンド
たたかう
ぼうぎょ
にげる
アイテム

火のクリスタルのジョブ。
戦士の完全上位互換。戦士に引き続き、先頭のキャラをこの職にする人は多いと思われます。白魔道士と同じくらい長期間お世話になることが多いため、マップ上のアイコンがこれでないと落ち着かない人も多そうです(自分だ)。専用コマンドはありませんが、HPが1/10以下で泣いている仲間に直接攻撃が来ると庇ってくれます。

シーフ

コマンド
たたかう
ぬすむ
とんずら
アイテム

火のクリスタルのジョブ。
RPGでは出番の多い盗賊職。本作もその例に漏れず、敵からアイテムを掠め取る「ぬすむ」や、逃亡可能な敵から必ず逃げられる「とんずら」、また先頭にすればカギのかかった扉を開けたりと、使いどころは多いです。特に本作は「にげる」が物理攻撃を倍食らうという難仕様のため、「全員後列+とんずら」の組み合わせは多くの場面で有効です。

がくしゃ

コマンド
たたかう
しらべる
みやぶる
アイテム

火のクリスタルのジョブ。
ハイン撃破のために生まれたかのようなハインキラー。「しらべる」はライブラと同じですが、「みやぶる」はその後でもピンポイントで役立つかもしれません。装備武器は本と辞典。居眠りしている生徒を教科書のカドで小突いて起こしていた国語教師を思い出します。

ふうすいし

コマンド
たたかう
ちけい
ぼうぎょ
アイテム

水のクリスタルのジョブ。
黒魔道士もどきその1。「ちけい」はその地形に応じた攻撃をMPを消費することなく行えますが、失敗すると最大HPの1/4のダメージを食らうという難仕様となっています。この職が真価を発揮するのはリメイク後のお話。

りゅうきし

コマンド
たたかう
ジャンプ
ぼうぎょ
アイテム

水のクリスタルのジョブ。
サロニアを解放するために生まれたガルーダキラー。「ジャンプ」中のターンは敵は攻撃対象にならないため、ガルーダのほか、オーディンやバハムートら全体攻撃を多用するボスにも全員竜騎士という構成は有効です。ただし、槍自体が冷遇されているため、使おうと思っても終盤手前までが限度。

バイキング

コマンド
たたかう
まほう
にげる
アイテム

水のクリスタルのジョブ。
黒魔道士もどきその2。特徴のない前衛職で、中盤まではナイトとそれほど違いもないのですが、だからなのか滅多に使われません。一応、武器の大半に電撃属性が付いており、海の敵には強いです。

からてか

コマンド
たたかう
ためる
ぼうぎょ
アイテム

水のクリスタルのジョブ。
モンクの上位互換であり、モンク以上に清々しい脳筋タイプ。ただし武器の系統は異なります。「ためる」は重ね使用も可能で強力ですが、コマンド中は物理ダメージが倍になる点に注意。やはりレベルに応じて素手の攻撃力が上がり、レベル41で最強の「じごくのつめ」を凌駕します。

まけんし

コマンド
たたかう
ぼうぎょ
まほう
アイテム

水のクリスタルのジョブ。
本作では「暗黒剣」と呼ばれる刀を扱う特殊職。暗黒の洞窟をこの魔剣士なしで挑むのは無謀です。意外にエアロ以外のレベル3までの白魔法を扱うことができ、また「ラグナロク」や「えんげつりん」も装備できるため、その気であれば最後まで使うことも可能です。

げんじゅつし

コマンド
たたかう
まほう
にげる
アイテム

水のクリスタルのジョブ。
シリーズ初登場となる要するに召喚士。しかし召喚獣の真価を100%発揮できるわけではなく、黒か白かのランダムというやや安定しない仕様となっています。そのランダム性が魅力という見方も。

ぎんゆうしじん

コマンド
うたう
おどかす
おうえん
アイテム

水のクリスタルのジョブ。
「たたかう」が「うたう」となって独自コマンド数は最大ですが、「うたう」は竪琴を装備していないと素手での攻撃すら行わない劣化攻撃、「おどかす」は敵を逃げやすくするだけの無意味なもの、「おうえん」は劣化全員ヘイストという使えなさ。もはやドラクエ3の遊び人的な存在です。

まじん

コマンド
たたかう
まほう
にげる
アイテム

土のクリスタルのジョブ。
黒魔道士もどきその3。というか完全上位互換職。知性の値が大きく上がり、その威力の向上には感動すら覚えます。しかし登場が遅いために、すぐに賢者に取って代わられてしまうのが残念です。

どうし

コマンド
たたかう
まほう
にげる
アイテム

土のクリスタルのジョブ。
こちらは白魔道士の完全上位互換。何より「ネコミミ」という外見は、この時代にしては数歩先を行った「萌え」の演出だったと思います。魔人と同じくすぐに賢者が登場してしまいますが、白魔法は出番が多いため、導師のままで貫くことも十分可能です。

まかいげんし

コマンド
たたかう
まほう
にげる
アイテム

土のクリスタルのジョブ。
召喚魔法がより強力な「合体」の効果のみになる幻術士の上位互換職。殲滅力は随一も、魔人と同じくすぐに賢者に役目を奪われる運命にあるのは惜しいところ。また、実は前衛職並みの力を持ちます。

けんじゃ

コマンド
たたかう
まほう
にげる
アイテム

エウレカで得られるジョブ。
すべての魔法を使いこなし、ステータスも使用回数も最高で、装備も魔法職のものなら大半が装備可能というエキスパート。魔法職としては導師のネコミミ以外に抗う理由はありません。各レベルにどの魔法を装備させるかでプレイヤーの個性が出ると思います。

にんじゃ

コマンド
たたかう
ぼうぎょ
にげる
アイテム

エウレカで得られるジョブ。
オニオンシリーズと「さびたよろい」以外のすべての武具を扱える武のエキスパート。もちろんステータスも優秀で、専用の「しゅりけん」も必殺武器として重宝します。オニオンシリーズを集めたりレベルを90以上まで上げないのであれば、最終物理職の大本命となるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^