ファイナルファンタジー2 ‐ 攻略のコツ

スポンサーリンク

回避至上主義

本作の現在の主流である育成方針。
回避率を重視することで、以下のメリットが生まれます。

  • ヒット数を減らせることで結果的に被ダメが減る
  • 完全回避が増えて追加効果を食らいにくくなる
  • 素早さが上がりやすくなり、先制の可能性が高くなる
  • 何より逃走がしやすくなる

逃走確率が上がるのは非常に大きなメリット。盾は必ず装備して熟練度を上げ、防具は軽い物を重視し、早めに99%の境地に到達しましょう。ただし、どんなに回避が高くても逃げられないザコ敵の構成は存在します。

大半の魔法は不要

  • 黒魔法 … ファイア、ブリザド、サンダー
  • 白魔法 … ケアル、エスナ、レイズ、テレポ

本作は魔法にも個々の熟練度が設けられていますが、上げるにはかなりの手間を要するうえ、大半の魔法は苦労に見合うだけの効果もありません。正直、上記の7点以外はほとんど不要で、あとは「アスピル」があれば便利だなという程度ではないかと。特に「アルテマ」には何も期待してはいけません。

隠し通路の活用

本作には、宝箱に続くタイプではなく、主にショートカットの意味合いの隠し通路が多く存在します。対象はほとんどが「1マスの壁」で、「ここをすり抜けられたら楽だな」という箇所の、だいたい3~4つに1つは実際にすり抜けられるのではないかと(個人の感想です)。怪しい箇所は試してみてください。

「こだいのつるぎ」の活用

雪原の洞窟で入手できる「こだいのつるぎ」はステータスを全般的に下げる「呪い」の追加効果があり、これは耐性を持つ敵にも有効という地味に脅威な性能となっています。中盤以降のボスクラスにはまずこの呪いを発動させるのがセオリー。同様に、大戦艦で拾える「ねむりのけん」の眠りの追加効果もそこそこ便利です。

「ブラッドソード」の活用

本作の「ブラッドソード」の吸収性能は「1ヒットにつき最大HPの1/16」となっており、つまり16回ヒットさせればラスボスとて一撃で葬り去るという脅威の剣となっています。終盤の堅すぎるボスたちへの最終手段として憶えておきましょう。フィン城の地下とポールのお宝での2本が手に入ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^