ファイアーエムブレム トラキア776 ‐ 登場人物 (その他)

スポンサーリンク

アウグスト

あるお方の命によりリーフ軍の軍師を務める男。
第2章で「賊に拷問のやり方を教えた奴」というすごい登場の仕方をし、こちらを見透かしたような言動と、その風貌もあってかなりの怪しさを放ちますが、実際は徹底した現実主義者であり、リーフに対しても厳しい態度でトラキアの現状を説きます。ある程度大人になってみると、この人の台詞の重さに今更ながら気付かされます。

コープル

第3章にて捕まっている男の子。前作後半のメインメンバーの一人。
登場の仕方が仕方なだけに最初は同名の別人かと思いきやそんなことはなく、きちんと助け出していると第7章のクリア時に初めての「ワープ」をもたらしてくれます。

ハンニバル

第7章のタイトルにもなっているトラキアの武人。前作後半のメインメンバーの一人。
前作に比べて顔グラの角度が変わってやや雰囲気イケメンになりました。第7章では条件次第でリーフ軍のために出撃してくれることも。

ドリアス

レンスターの伯爵。セルフィナの父親。
レンスターが落ちる際に片腕を失います。山荘での再会以降はリーフ軍のもう一人の軍師として従軍しますが、レンスター奪還後はアルスター解放を息巻くリーフをなだめるために先発隊として出兵し、アウグストに後事を託しつつ無念の最後を遂げます。意見をぶつけながらも、お互いを認め合っていた2人の軍師の間柄に痺れます。

ケンプフ

帝国の第12軍団の将軍様。
ラインハルトを勝手にライバル視し、その妹のオルエンに対して執拗な嫌がらせを繰り返すいわゆる小物キャラ。しかし敵の中ではそれなりの出番があり、公式絵も用意されています。

ラインハルト

イシュタルの近衛隊長。オルエンの兄。
いかにも有能そうな風貌で敵に回したくない空気をまとっており、実際22章ではかなりの能力値でリーフ軍に立ちはだかります。妹のオルエンに対してはやや過保護というか貴族的というか、要するに典型的な「お兄様」。

セリス

終盤に登場する前作後半の主人公。
本作のこの人はどこか人をイラッとさせる雰囲気があります。

ユリア

終盤に登場する前作後半のメインメンバーの一人。
ほんのちょっと、本当にちょっとなのですが、前作よりも「馬鹿っぽい」お顔になったような気がします。

レヴィン

中盤に唐突に出現するシレジア王。前作前半のメインメンバーの一人。
ただし、この頃にはもうすでに別人となっていたとかなっていなかったとか。

マンフロイ

ロプト教の最高司祭にして、前作の諸悪の根源的存在。
本作では可愛らしい孫娘がいることが判明し、ますます憎らしい存在となっていますが、その孫娘には嫌われているようなのでセーフといったところでしょうか。冷たくあしらわれてアワアワするこの人を見てみたい。

ベルド

本作ラスボス。
シリーズでは非常に珍しい人型のラスボスさん。一応「ストーン」という専用魔法を持つものの危険度は低く、やろうと思えば丸腰にできてしまう性能は「封印の剣」のイドゥンを抑えて歴代最弱と言ってもいいくらいの能力です。GB版のヘラクレスの栄光などと同じく、道中の難易度に比べて弱いラスボスというのはこれはこれで印象に残ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^