ファイアーエムブレム 聖戦の系譜 ‐ 登場人物 (親世代)

スポンサーリンク

シグルド

クラスロードナイト
スキルついげき
加入序章

親世代の主人公。シアルフィ公子。ティルフィングの継承者。
誠実な義理と人情を持つ人格者ですが、少々抜けたところがあり、特に第一章の特殊な展開で発するディアドラへの愛の吐露は天然の粋。こっちが恥ずかしくなります。
ユニットしては非常に優秀で、初期ステータス・成長率・移動力すべてが高く、スキルも最低限の「ついげき」持ちと、使いやすいことこの上ありません。主力でも囮でも村の解放でも好きに運用したらいいと思います。基本武器は序章に入手できる「ぎんの剣」で十分です。

ノイッシュ

クラスソシアルナイト
スキルひっさつ
とつげき
加入序章

シアルフィの騎士。
シリーズ伝統の赤緑騎士の赤のほう。アレク・アーダンも含めてグリューンリッターの一員なのでしょうか。恋人以外の会話がほとんどなく、存在感はやや薄め。
スキルはなかなか攻撃的も、基本の「ついげき」を持たないために使いやすさでアレクに劣ります。主力として運用したいのなら「ゆうしゃの剣」や「ついげきリング」を持たせるなりのテコ入れが必要です。

アレク

クラスソシアルナイト
スキルついげき
みきり
加入序章

シアルフィの騎士。
シリーズ伝統の赤緑騎士の緑のほう。ターバンのような被り物からなんとなく中東の王族を思わせるイケメンさん。シルヴィアとの会話から軟派な性格が窺えます。
スキルは安定感があり、ノイッシュよりは使いやすいのですが、それでも意識して経験値を与えてあげないといつの間にか本城待機になりがちです。主力として運用したいのならやはり「ゆうしゃの剣」あたりを。

アーダン

クラスソードアーマー
スキルまちぶせ
加入序章

シアルフィの重騎士。
固い・強い・遅いの三拍子が揃った本作のネタキャラ。しかし「ついげきリング」の入手や5章のステータスアップなど、固有イベントには恵まれています。
屋内戦のない広大なマップばかりの本作において、馬に乗っていないだけでもマイナスだというのに、その中でもさらに使いにくい部類に属します。第二章で「ついげきリング」を入手したら、あとは乱数調整人として本城に居座ってもらうのが王道でしょうか。

アゼル

クラスマージ
スキルついげき
加入序章

ヴェルトマー家の第2公子。アルヴィスの異母弟。
エーディンを助けたいのと、アルヴィスの元から逃げ出したいという二重の想いからシグルドの軍に駆けつけます。アルヴィスとは対照的な気弱顔が特徴。
序盤しばらくは唯一の魔法攻撃者なのと、「ついげき」を持つことから攻撃面は優秀なのですが、歩兵クラスのためにどうしても出遅れてしまいます。この点はクラスチェンジで解消されるので、それまでは積極的に使っていきたいところです。武器は血統的に「エルファイアー」を主にしたいところですが、重さ的に「ウインド」のほうが安定します。

レックス

クラスアクスナイト
スキルまちぶせ
エリート
加入序章

ドズル家の第2公子。
アゼルとともにシグルドの軍に駆けつけます。ニヒルな雰囲気を持ちつつも、親と敵対しながらその死を冷静に受け止めるなど、割と客観的な視点の持ち主。
斧装備かつ「ついげき」も持たないのに、「エリート」ひとつでこの使いにくさを十分にカバーし、クラスチェンジ一番乗りも珍しくない恵まれたユニットです。さらに第一章の隠しイベントで「ゆうしゃのおの」を入手すれば、槍装備者に対して無類の強さを発揮します。耐久力も優秀。

キュアン

クラスデュークナイト
スキルれんぞく
加入序章

レンスターの王子でエスリンの夫。ゲイボルグの継承者。
シグルドとはバーハラの士官学校の同期であり、エルトシャンを含めた3人で未来を語り合った熱い間柄となっています。エルトシャンとの会話がまったくないのは残念。
シグルドと同じ上級職で成長率も悪くないのですが、序盤の敵が斧ばかりなのと、何より「ついげき」を持たないために使い勝手の差は大きいです。ちなみにエスリンともども第四章以前で倒されると、2人仲良く早めにレンスターへ帰る展開となります。

エスリン

クラストルバドール
スキルひっさつ
加入序章

キュアンの妻でシグルドの妹。
キュアンとは恐らくシグルドを通して知り合ったと思われます。タレ目でおっとりとしたいかにもなお嬢様風ですが、トラバントによれば「気の強い女」とのこと。
最初に加入する回復担当。しかし「リターンの杖」と3万弱のお金があれば早々にクラスチェンジをすることができ、回復に削りにシグルドやキュアンへの支援と、主力とはならないまでも重要なユニットとなります。
ちなみに「トルバドール」とは中世ヨーロッパにおける詩人達の呼称からの引用ですが、この言葉自体は「男性」を指すようです。女性は「トロバイリッツ」とのこと。

フィン

クラスランスナイト
スキルついげき
いのり
加入序章

レンスターの騎士。
恐らくランスリッターの一員と思われます。親と子の二世代に登場する唯一のユニットであり、「トラキア776」にも登場するユグドラル大陸の皆勤賞的存在です。
キュアンと同じく序盤こそ武器相性で使い辛いものの、第二章で「ゆうしゃのやり」を入手してからが本領発揮。積極的に経験値を与えれば、キュアンよりも格段に使いやすい主力ユニットへと成長します。七章で楽をしたければ、四章までに心行くまで強化しておきましょう。

ミデェール

クラスアーチナイト
スキルついげき
とつげき
加入序章

ユングヴィ家の弓騎士。
アゼルと同じ気弱顔で、同じくエーディンに惚れていますが、エーディンにそっくりのブリギッドを見つけるや、いきなり口説こうとする侮れない肉食ぶりを見せます。
騎乗系でスキルも攻撃的なのに、力の成長率が悪いせいでどうもワンパンチが足りません。当攻略のようにジャムカを誰とも結婚させないのなら、早々に「キラーボウ」を持たせてあげましょう。「ゆうしゃのゆみ」の入手後はそれ一筋で。

エーディン

クラスプリースト
加入第一章

ユングヴィ家の公女。ブリギッドの双子の妹。
アゼルとミデェールの気弱男子のほか、ジャムカにも一目惚れされる魅力的な女性。行方知れずの姉にいつ出会ってもいいよう、常に神器のイチイバルを携帯しています。
スキルは何もありませんが、生粋の回復職だけに何ら問題はありません。第二章で入手できる「リブローの杖」を振りまくっていれば割と簡単にクラスチェンジまで到達できます。お金はデューにもらうなりで。また、第四章までに恋人がいると有用なアイテムが手に入るパターンが多いです。

デュー

クラスシーフ
スキルたいよう剣
ねぎり
加入第一章

盗賊の少年。
シグルドと直接の会話がないのはほかのキャラでもあるのですが、彼の場合は職業が職業なだけに、シグルドがちゃんと把握しているのがちょっと不安になります。
クラス性質も所持スキルも特異なユニット。第一章のガンドルフ相手にチクチクと経験値を稼ぐなりで早めにクラスチェンジさせておけば使い勝手が大きく向上し、金欠気味のユニットも安心です。魔法剣との相性も抜群なので、第三章では「かぜの剣」の取得を忘れずに。

アイラ

クラスソードファイター
スキルみきり
りゅうせい剣
加入第一章

イザーク王国の王女。
亡き兄の息子であるシャナンを人質に取られ、ヴェルダン王国のキンボイスのいいなりになっています。レックスとホリンの2人の強者に惚れられる女傑。
固有スキルの「りゅうせい剣」が強烈なうえ、第三章では優秀な「ゆうしゃの剣」を入手することになり、まず親世代最強ユニットの一人となります。欠点は馬に乗っていないことくらい。兵種のお陰で常に「ついげき」も得られます。

ジャムカ

クラスボウファイター
スキルれんぞく
とつげき
加入第一章

ヴェルダン王国の第3王子。
第一章開始時の解説画面で露骨にわかるように、兄弟の中で一人「味方顔」とも言うべき端整な顔立ちと、グランベルへの侵攻に反対するまともな思考を持っています。
アイラと同じく兵種スキルによって終始「ついげき」を得ることができ、個人スキルも攻撃的で、また初期装備の「キラーボウ」が優秀な性能のため、これまた馬に乗っていないこと以外の欠点がない強力な弓兵となります。

ディアドラ

クラスシャーマン
スキルみきり
加入第一章

精霊の森に住む女性。
シグルドとお互いに一目惚れをして夫婦となります。その正体はグランベルのクルト王子とシギュンの娘であり、いろいろな血筋を受け継ぐ本作の最重要人物。
魔力や魔防がよく上がるものの、クラスチェンジはできず、第三章では出撃不可かつ途中でさらわれるという、ほぼイベントユニットのような扱いです。「オーラ」の攻撃力は目を見張るものがありますが、基本的に意識してレベルを上げる必要はありません。

ホリン

クラスソードファイター
スキルげっこう剣
加入第二章

イザーク王国にあるソファラ城の息子。
何があったかエバンス城の闘技場にて活動しています。幼い頃に一目惚れした王女様を守ることが自分のすべてと言い切る、意外にナイトな気質を持つ人。
「りゅうせい剣」ほどではなくとも後半ほど有効打になる「げっこう剣」を持ち、同様に終始兵種スキルの「ついげき」がありと、アイラほどではなくとも優秀な歩兵ユニットとなります。武器は第三章で入手できる「ぎんの剣」がいいでしょうか。

ラケシス

クラスプリンセス
スキルカリスマ
加入第二章

ノディオン王国の王女。エルトシャンの異母妹。
村人に噂されるほどエルトシャンと仲が良く、「エルト兄様のような人でなければ好きにはなれない」と言っておきながら、傭兵や盗賊と恋人専用会話があったりします。
下級職では一応攻撃もできる回復職といった程度の存在ですが、クラスチェンジで化けるユニットの筆頭であり、強烈なステータスボーナスに加え、「ついげき」の付与、騎乗クラス化、ほとんどの武器レベルが「A」となる強化ぶり。さらに足並みが揃うことで個人スキルの「カリスマ」が活きてきて、シグルドとともに攻撃時の主力となることができます。エルトシャンの説得のためにも、第二章中に「リターンの杖」でクラスチェンジまで漕ぎ着けたいところです。

レヴィン

クラスバード
スキルれんぞく
ひっさつ
加入第二章

シレジア王国の王子。フォルセティの継承者。
後継者争いに嫌気が差し、旅の吟遊詩人として放浪します。子世代でも軍師として従軍しますが…。12回クリアでのデモに重要な演出が隠されています。
歩兵ユニットでありながら高い魔力と素早さで使いやすく、クラスチェンジボーナスもかなり大きく、そして第四章からは「フォルセティ」の入手もあり、まず親世代の最強ユニットの一人となります。基本の「ついげき」を持たないというのに、そのことを忘れるくらい優秀です。

シルヴィア

クラスダンサー
スキルれんぞく
いのり
加入第二章

旅の踊り子。
レヴィンに惚れて付きまとうかたちで参戦します。公式の設定かわかりませんが、ブラギの血筋を持つことからも、クロードの行方不明の妹という見解が一般的です。
本作の踊り子は周囲の4名全員が対象と、使い方次第で攻略に差が出るキーユニットとなっています。「レッグリング」と「ナイトリング」を持たせるのがおすすめです。

ベオウルフ

クラスフリーナイト
スキルついげき
とつげき
加入第二章

自由騎士という要するに傭兵。
エルトシャンの古い友人であり、ラケシスのことを頼まれたりもしています。周りが貴族ばかりのせいか、やや大人びているといか、つまりは老け顔に見えます。
特徴としてはアレクとそう変わらないはずなのに、気がついたらクラスチェンジ可能レベルに達してるパターンが多い地味に強力なユニット。フォレストナイトは技が30まで上がるため、武器は「ぎんの大剣」が向いています。

フュリー

クラスペガサスナイト
スキルついげき
加入第二章

シレジアの天馬騎士。
出奔したレヴィンを探してアグストリアを訪れます。素直すぎて騙されやすい内向型ですが、シルヴィアとのやり取りでは気丈な反撃を見せる一面も。
親世代では唯一の飛行系ということで、村の解放や離れた仲間の援護、丘の上のメティオ使いの討伐などに重宝します。武器は「いかずちの剣」などの魔法剣がおすすめ。それでなくても「てやり」など間接攻撃は必携です。「ライブリング」も欲しいところ。

ブリギッド

クラススナイパー
加入第三章

ユングヴィ家の公女。エーディンの双子の姉で、イチイバルの継承者。
幼い頃にオーガヒルの海賊にさらわれ、頭目の娘として育てられますが、エーディンからイチイバルを渡されることで、当時の記憶など様々なものを覚醒します。
エーディンと同じくスキルこそないものの、初めから上級職であり、兵種スキルで「ついげき」もあり、そして何よりすぐに「イチイバル」が手に入るため、戦力としては申し分ありません。

ティルテュ

クラスサンダーマージ
スキルいかり
加入第三章

フリージ家の公女。
ボディーガードと称してブラギの塔へ赴くクロードに同行します。難しいことはわかんない自称アホの子ですが、それなりに空気は読める模様です。アゼルとは幼馴染。
スキル「いかり」と「トローン」の組み合わせが強力ですが、登場時期にしてはレベルが低く、意識して育てないとクラスチェンジすらできずに終わってしまいがち。子供たちのためにも、第三章のピサール隊の増援で稼がせてあげたいところです。

クロード

クラスハイプリースト
加入第三章

エッダ家の公子。バルキリーの継承者。
オープニングでただ一人グランベルの現状を憂いている人。神父らしく非常に柔らかな物腰をしており、シルヴィアやティルテュらの困った子たちも丁重に扱います。
上級職での登場とはいえ、実際は「バルキリーの杖」での蘇生担当といったところ。仲間が死亡していない限り主だった出番はないかと。レベルも「リザーブの杖」を振っていれば簡単に30に達します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^