ファイアーエムブレム 聖魔の光石 ‐ 闘技場

スポンサーリンク

概要

  • 基本はシリーズ主流と同じ。掛け金制の非武器持ち込み型
  • 物理職は「鉄装備・鋼装備・銀装備」の三段階
  • 魔法職は「ファイアー・ライトニング・ミィル」のみ確認
  • 複数の武器レベルを持つ場合は一番高いものが適用される
  • 必ずこちらの先制で始まる

シリーズお馴染みの稼ぎ施設ですが、本作はEXマップによる安全な稼ぎができることから、はっきり言って存在感は希薄です。しかし、経験値とお金が同時に稼げる効率はさすがにEXマップより分があります。利用できるならできるに越したことはない…といったところでしょうか。

登場章

  • 5章 帝国の影
  • 10章A カルチノの内乱
  • 12章B 上陸 タイゼル港

登場章は上記の3つのみ。実質本編中2回となります。
このうち、5章はEXマップの登場前であり、章自体が簡単なことや、また6章の難易度が微妙に高いことからも、できる限りは利用しておきたいところです。ライブの売っている道具屋も完備されています。
10章Aと12章Bは、経験値と一緒にお金も稼ぎたい、または闘技場のヒリつく緊張感が好きだ、という場合は利用すればいいと思います。ただし、10章Aのほうは道具屋がありません。

コツとか

対戦相手を選ぶ
GBAシリーズ共通の基本事項。対戦相手の情報が表示された段階でリセットすれば闘技場に入る前からやり直すことができます。不利な相手が続くと面倒な面はありますが、できるだけ三すくみで有利な相手が出るまで粘りたいところです。
相手の必殺率が1%以上ならキャンセル
お馴染みの基本事項。相手のCRTの値が1%でもあれば迷わずキャンセルしましょう。封印の剣ほどの必殺率ではないとはいえ、ソードマスターとバーサーカーは可能な限り避けるのが賢明です。
支援効果は乗らない
烈火の剣に引き続き、支援効果は乗らない仕様となっています。ご注意を。
アーチャーは上げやすい
要するにネイミー限定。アーチャーの相手はアーチャー、魔道士、シャーマンしか出てこず、全般的に守備が低くて戦いやすいです。特に5章でレベル20まで上げることができれば、6章の報酬の「オリオンの矢」で一気に主力ユニットになることができます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^