ファイアーエムブレム 聖魔の光石 ‐ 登場人物 (仲間)

スポンサーリンク

エイリーク

クラスロード
加入序章

ルネスの王女。エフラムの双子の妹。
まるで戦闘に向かない性格でありながら、自ら剣を取って戦う姫騎士様。それ自体はいいとしても、さすがにミニスカートはまずいのでは…。ややブラコン気質あり。
ユニットとしては主人公として優秀な成長率を持ち、若干力が伸びないときもあるかな程度でほぼ当たり前のように強くなります。難点は転職イベントがやや遅い程度でしょう。

ゼト

クラスパラディン
加入序章

ルネスの将軍。真銀の騎士の異名を持ちます。
地位と実力と、鋭い洞察力まで併せ持つルネスの柱。忠誠心も非常に高く、およそ欠点の見当たらない完璧超人となっています。その性能と顔色の悪さから、初回プレイでは絶対に裏切る奴だと思ってすいませんでした。
初期メンバーかつ上級職という典型的な救済ユニットでありながら、成長率も上位という、ある意味シリーズの伝統を覆す存在です。中盤までは無類の強さを誇り、てやりでも持たせて敵陣に突っ込ませればまず無難に蹴散らしてくれます。本作の難易度が低いと言われる要員の一部はこの人にあるんじゃないかと思うほど。

フランツ

クラスソシアルナイト
加入1章

ルネスの騎士。フォルデの弟。
見た目の通り、清らかで素直な心を持つキャラクター。雰囲気的には新人に近く、アメリアとも波長が合うようです。趣味は釣りで、鞄を自作したりもします。
ユニットとしては可もなく不可もなくといったところ。丁寧に育てればもちろん強くなるのですが、騎馬系はゼトがいるだけに割を食ってしまいがちです。

ギリアム

クラスアーマーナイト
加入1章

フレリアの重騎士。左利き。
無骨な雰囲気のあるコワモテのおじさんですが、老けて見られるだけでそんなに年齢は行っていないとのこと。シレーネとの結婚エンドがあったりします。
本作では割と貴重なアーマーナイト。守備の伸びもトップクラスなので、壁が欲しいスタイルの場合は重宝すると思います。

ヴァネッサ

クラスペガサスナイト
加入1章

フレリアの天馬騎士。シレーネの妹。
少女よりも凛々しい少年といった感じ。ヒーニアスに惚れており、ペアエンドではなんと「愛人」という生々しい関係に落ち着いたりします。愛馬の名前はティターニア。
最初に加わる飛行系だけあって、2章のロスの救出に、6章のNPCの保護と序盤はそれなりの出番がありますが、その後はなんとなくターナに取って代わられるパターンが多そうではあります。あと、今作では三姉妹でこそないものの、ターナとシレーネとで伝統のトライアングルアタックが使用可能です。

モルダ

クラス神官
加入1章

フレリアの熟年の神官。
ヘイデン王の戴冠式で王冠を運んだこともある古参の癒し手。ギリアムとの支援で「疲れているのではないですか?」と言われるのはあのネタなのか果たして…。
最初に加入する回復役とはいえ、ほどなく加入するナターシャを差し置いて彼を使い続けるのは上級者の選択だと思います。タフなHPの成長率が特徴。

ロス

クラスかけだし戦士
加入2章

イムの村の戦士。センシガルシアノムスコロス
父ガルシアやジストを尊敬する一方で、自身と同じ最下級職のアメリアとユアンに対しては「兄貴」と呼ばせたがったりと、ガキ大将的な気質を見せます。
本作特有の最下級職。有望成長株ですが、初期状態は本当に弱いので、育成はEXマップの開放まで待つのが無難です。戦士と海賊で転職アイテムが異なる点にも注意を。また、初期装備の「なげおの」は完全な一品物だったりします。

ガルシア

クラス戦士
加入2章

イムの村の戦士。ロスの父。
元ルネスの部隊長。妻シルリアの死を切っ掛けに退役しますが、息子ロスの激で再び戦いに身を投じることに。現役時代はジストもおののく猛将であったとのこと。
現役を退いてから結構経つためか下級職であり、また息子の仕様上とはいえ、成長率も息子よりも高かったりします。特にHPと力がよく伸びます。

ネイミー

クラスアーチャー
加入3章

ラクの村の女性。
コーマの幼馴染の泣き虫さん。しかし、祖父のゼルヅァはかなりの弓の名手だったようで、本人もその素質や、視力を高める方法などを受け継いでいます。
本作では意外に貴重な弓使いの一人。また、職業柄コーマの出番が多いだけに、普通に支援を構築するなら自ずと出番も多くなるのではと思います。闘技場での稼ぎが楽。

コーマ

クラス盗賊
加入3章

ラクの村の盗賊。
ネイミーを泣かせてばかりの幼馴染。軍においてはシーフ的業務のほか、カイルに頼まれてか仲間の細やかな観察も受け持っている模様です。
本作では2名しかいない盗賊系ユニットの1人。もう1名のレナックが後半の加入のため、可能な限りのアイテム奪取を狙うなら大半の章で出撃必須となります。クラスチェンジもまずローグが無難。どうしてもアサシンにしたい場合はレナックが加入するまで待ちましょう。

アスレイ

クラス修道士
加入4章

ルネスの聖職者。
天然パーマが特徴的なルーテの幼馴染。職業の通り真面目な性格で、テティスやヨシュアの対応にタジタジな一方、ルーテには男らしい一面を見せたりします。
魔法兵としてバランスの良い成長をし、転職では本作で非常に有用な司祭になることができ、また本命的な相方であるルーテも優秀と、使う理由は多いです。

ルーテ

クラス魔道士
加入4章

ルネスの女魔道士。
稀代の天才魔道士を自称する変わり者で、口癖は「私、優秀ですから」。何気の変人の多い本作の中でも、トップクラスにキャラクターが立っています。
ユニットとしてはさすが優秀を自負するだけあり、よく伸びる魔力で高い殲滅力を発揮します。上述の通り、まずアスレイと魔法兵の2枚看板となるでしょう。

ナターシャ

クラスシスター
加入5章

グラドのシスター。
心優しく、気弱に見えて芯も強いという、ある意味で王道のシスターキャラ。兵士たちには「戦場に現れる癒しの精」という正直微妙な名で親しまれています。
2人目に加入する回復役でが、まあ~恐らくはモルダを退けてレギュラーとなるパターンが多そうです。ただ、本作の司祭は有用なので、2人とも育てるのもいいと思います。

ヨシュア

クラス剣士
加入5章

グラドの傭兵。
その正体はジャハナ王国の王子でイシュメアの息子。とある理由により国を出て傭兵家業に勤しみます。ケセルダとは友人と呼べる間柄。賭け事を好みます。
最初に加入する純正な剣使いユニット。ちょっと守備が弱いかなー程度で順当に成長します。立場的にもアウドムラを持たせるのが王道です。

エフラム

クラスロード
加入8章

ルネスの王子。エイリークの双子の兄。
5章外伝で初登場するもう1人の主人公。精悍な顔つきに、槍術と戦術にも長ける王道的な主人公と言えますが、やや脳筋な一面と、支援次第ではシスコンやロリコンと取られかねない結果になったりします。伝統の「けだもの」呼ばわりされるパターンも。
ユニットとしては、エイリークに劣らぬ成長率でやはり普通に優秀です。ただ、エイリークと同様に転職イベントが遅く、また上限値が若干低く感じるかもしれません。

フォルデ

クラスソシアルナイト
加入8章

ルネスの騎士。フランツの兄。
登場こそ遅いものの、シリーズ伝統の主人公を脇を固める赤緑騎士の赤のほう。性格は赤にしては珍しい飄々とした軽いタイプで、特にヴァネッサとの支援の「君も…俺の風を感じてみないか?」というぶっ飛んだ台詞が印象的です。風景画が趣味。
成長率を含めて弱くはないのですが、騎馬系はすでにゼトとフランツがいる中で、そのうえカイルとともに加入という状況から、レギュラー定着は厳しめでしょうか。

カイル

クラスソシアルナイト
加入8章

ルネスの騎士。
こちらはシリーズ伝統の緑のほう。フォルデとは対照的に真面目でお堅く、本作の赤緑はシリーズ従来とは逆の性格付けが成されていると言えます。
ユニットとしての特性はフォルデと大差ない感じ。職種の被りの少ない本作で3・4人目での加入となるのが厳しいです。

ターナ

クラスペガサスナイト
加入9章A
9章B

フレシアの王女。ヒーニアスの妹。
シリーズではシーダ以来となるペガサスナイトの王女様(一応フィーもか)。立場や兄妹構成がエイリークと似ていますが、彼女と比べても幼さが滲み出ています。
ペガサスナイトにしては力が伸びるのと、支援相手に主要メンバーが多いことで、ヴァネッサに代わって飛行系のレギュラーに収まることが多そうです。もちろん、トライアングルアタックのために全員を使用するのもいいでしょう。

アメリア

クラス新人兵士
加入9章A
13章A
9章B

グラドの新人兵士。
デュッセルに憧れて志願兵となった娘。母ミリアーナが山賊にさらわれるという重い過去を持ちますが、奇しくもその母はデュッセルによって救出されています。
2人目の最下級職。イメージはともかく、シリーズでも貴重な女性ジェネラルになることも可能です。Aルートだと2度の加入機会がある珍しいユニット。

ヒーニアス

クラススナイパー
加入10章A
15章B

フレリアの王子。ターナの兄。
クールでニヒルな自信家というキャラ付けですが、説明の「実はいい人」という一文でネタキャラというかいじられキャラ的になっています。助けてエイリーク!
ユニットとしては、上級職かつ成長率も低めという、純粋な性能ならまずネイミーに劣るのですが、立ち位置と支援周りを考慮するなら、やはりニーズヘッグの所持者となるのが王道でしょうか。

ジスト

クラス傭兵
加入10章A
13章B

ジスト傭兵団の隊長。
1人で百人分の働きをすると言われている実力者。いろいろ割り切った大人の男で、テティスとマリカの2人の美女に惚れられている幸せ者でもあります。
本作では唯一となる傭兵。剣士組よりも耐久力面が成長します。転職はやはり勇者のほうが似合います。

テティス

クラス踊り子
加入10章A
13章B

ジスト傭兵団の一員。ユアンの姉。
艶っぽい風貌と、回りくどい言い回しが特徴のお姉さん。しかし孤児でもあり、ユアンのために幼い頃から踊り子を生業としていた苦労人でもあります。
シリーズ恒例の再行動を司るキーユニット。本作の難易度的にそこまで重要でないとはいえ、一部の要所ではやはり頼るに越したことはありません。早めにレベルを上げて最低限の耐久力を確保しておきましょう。

マリカ

クラス剣士
加入10章A
12章B

ジスト傭兵団の女剣士。
サカ族みたいな喋り方が特徴の美人さん。そのせいか、どこかマスコット的な可愛さがあります。一応、がんばれば普通に喋ることは可能なようです。左利き。
成長率が封印の剣のフィルとまったく同じという、要するに技や速さがガンガンに上がる代わり、力と守備が伸び悩みます。この特性やイメージ的にも、転職先はアサシンのほうが適しているかもしれません。

ラーチェル

クラストルバドール
加入11章A
11章B

ロストンの聖王女。
昔話に感化されて、ドズラとレナックを引き連れて魔物退治に勤しみます。恐れ知らずに猪突猛進する一方で、上半身を脱いだ?だけのエフラムを伝統の「けだもの」呼ばわりするウブな一面も。ルーテと同じくらい個性的なキャラと言えます。
成長率は主人公の2人に次ぐかなりの上位。加入こそ遅めなものの、主要キャラとの支援も多く、回復役の1人として育てる価値はあります。転職まではトーチの杖を振りまくりましょう。

ドズラ

クラスバーサーカー
加入11章A
11章B

ラーチェルのお供の一人。
年齢は中年くらいと思われますが、戦える爺や的にラーチェルに付き従います。支援相手にはユアンやミルラなどの子供?キャラも目立ちます。
上級職かつ中年キャラなのに、成長率は意外にそこそこ。クラスの特性的にも元々がそれなりに強力なので、育てれば十分に強くなります。

サレフ

クラス賢者
加入12章A
15章B

ポカラの里の賢者。
本作屈指の真面目キャラ。エイリークとの支援では「パレガ」という宗教的な瞑想を披露します。また、過去にはジストの親友を亡き者にしていたりします。
上級職での加入かつ、実は本作で最低の成長率を持つユニット。しかし、そのぶん初期値がそこそこ高く、また成長率も飛び抜けて低いというわけではないので、運用は十分に可能です。

ユアン

クラス魔道士見習い
加入12章A
12章B

サレフの弟子。テティスの弟。
掴みどころのない性格をしたイタズラ盛り。ロスをからかったり、アメリアのスカートの中を覗いたりと、同年代の扱いにも長けています。発明家の気がある模様。
3人目の最下級職。貴重な闇魔法を使用できる1人でもあります。ノールの成長率を考慮するならグレイプニルの一番手と言えるかもしれません。

クーガー

クラスドラゴンナイト
加入13章A
10章B

グラドの竜騎士。グレンの弟。
兄と同じホストのような外見を持ちながら、どちらかと言えば無骨で不器用な性格をしています。しかし「こいつを治してやってくれないか」と傷ついた子猫をナターシャに持ってくるのはいくらなんでも狙いすぎでは。愛竜の名前はゲネルーガ。
本作唯一のドラゴンナイトであり、自ずと唯一のドラゴンマスターになれるユニットでもあります。ただ、トライアングルアタックの仕様的に、ワイバーンナイトが欲しい場合は一番手とも言えます。

レナック

クラスローグ
加入14章A
14章B

ラーチェルのお供の一人。
ただし、ドズラと違って雇われであり、隙を見てはラーチェルの元から逃げ出したいと目論んでいます。実はカルチノの豪商の息子で、それなりの教養はある模様。コーマには普通におっさん呼ばわりされており、やや年齢不詳です。
2人目の盗賊系。19章や一部のEXマップなど、コーマだけでは手が足りない場面でお世話になることもあると思います。成長率は低め。

デュッセル

クラスジェネラル
加入15章A
10章B

グラド帝国将の一人。黒曜石。
帝国将の中では最も古参と思われますが、唯一こちら側に付きます。エフラムの槍の師匠でもあります。また、どうも槍コレクターの気があるような。
立場ある降将の例に漏れず成長機会が少なめですが、そのぶん成長率はやや高めに設定されています。万が一ほかの騎兵がヘタれた場合は…といったところでしょうか。

ノール

クラスシャーマン
加入15章A

グラドのシャーマン。
リオンと一緒に聖石や闇魔道の研究を進めていた人。自軍では一番真相に近い位置にいるせいか、やや厭世的なきらいがあります。
貴重な闇魔法の使い手の一人。ユアン次第では唯一の使用者となりますが、成長率は良くはなく、グレイプニルを積極的に利用するなら丁寧な育成が求められます。

ミルラ

クラスマムクート
加入16章

竜神様。ムルヴァの義娘。
恒例とも言えるマムクートの女の子。性格は控えめで台詞も「…」が多いですが、エフラムに唐突に「私のおにいちゃんになってください」とか言ったりします。
成長率がダントツなのも恒例と言えますが、ファと同じく武器が有限の竜石1点しかないのが気になるところ。育てる場合は慎重に。ハマーンも効きません。

シレーネ

クラスファルコンナイト
加入17章

フレリアの天馬騎士隊長。ヴァネッサの姉。
長女のためか包容力があり、主に同性の相談を受けることが多いとのこと。また料理も得意のようで、良妻の素質が見て取れます。カイルやギリアムと結婚エンドあり。
通常ユニットでは最後に加入する仲間となります。EXマップまで考慮するなら、トライアングルアタックのために育成するのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^