ファイアーエムブレム 紋章の謎 ‐ 登場人物 (第2部)

スポンサーリンク

マルス

クラスロード
加入1章

アリティアの王子様。
第2部ではグラフィックの向きが変わリ、マントも羽織って風格が出始めました。ユニットとしての特性は特に変わらず。やはりオーブの入手まで温存するが吉でしょう。

アラン

クラスパラディン
加入1章

アリティアの聖騎士。
第2部のジェイガン枠に抜擢され、成長率を抑える理由として「病気」を患う悲劇の人となりました。エンディングではそのまま病没。サムソンとの差が悲しすぎます。

ルーク

クラスソシアルナイト
加入1章

アリティアの新米騎士のひとり。
新米3名の中では一番成長率が悪く、そして支援的にも悲しい立ち位置。エンディングで遊び人になるのも頷けるというものでしょうか。

ロディ

クラスソシアルナイト
加入1章

アリティアの新米騎士のひとり。
新米3名の中では最も初期レベルが低いものの、成長率は最優秀を誇ります。選んで育てるとしたら彼でしょうか。

セシル

クラスソシアルナイト
加入1章

アリティアの新米騎士のひとり。女性。
新米3名の中では最も強く、そして成長も良く、さらに支援効果が一番得られるという使いやすいユニット。

ドーガ

クラスアーマーナイト
加入1章

アリティアのアーマーナイト。
1部に続いての初期メンバー。初期レベルは6に上がりました。しかし、1部のエンディングで「体重も10キロは増えた」とあったのに、ウリの守備力がまったく増えていないのは残念です。成長率も相変わらず残念。

ゴードン

クラスアーチャー
加入1章

アリティアのアーチャー。
同じく1部に続いての初期メンバー。同様に初期レベルが上がっており、また序盤にドラゴンナイトが多いこともあって活躍の場面は多そうです。ただ、最終的には優秀な成長率を持つ弟に出番を譲ることになりそう。

ライアン

クラスアーチャー
加入1章

アリティアのアーチャー。ゴードンの弟。
初期レベル1でグラフィックもかなり幼いのですが、1部2部通して弓兵の中では最高の成長率を持つ実力者。序盤からどんどんドラゴンナイトを射落とさせましょう。

マリーシア

クラスシスター
加入1章

グルニアのシスター。レナの弟子。
1部2部通し、まともに運用できるシスターの中では最高の成長率を誇ります。「ハマーンの杖」による経験値の荒稼ぎも可能なため、星のかけらも活用すれば序盤から意外な戦力になれるかもしれません。

カチュア

クラスペガサスナイト
加入2章

マケドニアの天馬騎士。
第2部では登場が早く、健在の高い成長率で安定して使っていけます。使わない理由が見当たらないほど優秀です。

ウォレン

クラスハンター
加入2章

マケドニアのハンター。
第2部では初となる寝返り仲間。しかし成長率が高いわけでも即戦力なわけでもなく、弓兵もすでに2名いるため使いどころもありません。玄人向けか。

リンダ

クラス魔道士
加入2章

アカネイアの魔道士。
グラフィックがやや明るめにマイナーチェンジ。第2部の最初の魔法兵であるのと、相変わらずの高い成長率で頼りになります。こちらも使わない理由がありません。

パオラ

クラスペガサスナイト
加入3章

マケドニアの天馬騎士。
成長率は依然そこそこも、3章の構造上すぐにレベルが上がり、特に力の上がりやすさで序盤の頼れる主力となってくれます。カラー的にもドラゴンナイトが似合います。

ジュリアン

クラス盗賊
加入3章

マケドニアの盗賊。
成長率は依然として高く、また第2部は埋もれた財宝の発掘や終章での説得と、出番はさらに増えています。

マチス

クラスソシアルナイト
加入3章

マケドニアの騎士。
3章の攻略を非常に面倒臭くしてくれる人。ユニットとしては変わらず半端であり、もはやお笑い担当みたいなものでしょうか。

オグマ

クラス傭兵
加入4章

タリスの傭兵。
第2部でも初の傭兵として、変わらず主力となってくれます。

ユミナ

クラスシスター
加入4章

グルニアの王女。ユベロの双子の姉。
成長率はぼちぼちも、有用な「レスキューの杖」が彼女専用という手前どうしても出番は出てくるでしょう。なぜか「オームの杖」も使用できます。

ユベロ

クラス魔道士
加入4章

グルニアの王子。ユミナの双子の弟。
幼少の王子様といかにも素質がありそうな設定なのに、実際の成長率は並レベル。そして転職させて驚くのはマリクの特別扱いです。

シリウス

クラスパラディン
加入4章

謎(バレバレ)の騎士。
即戦力かつ成長率もそこそこ高めとさすがに優秀です。ただしすでに上級職なのと、終章で出撃必須なことから、できればオーブやかけらをフル活用したいもの。

カシム

クラスハンター
加入4章

タリスのハンター。
第2部ではマルスを相手に詐欺を働きますが、危うく失敗しかけ、こちらもヒヤヒヤさせられます。エンディングではようやく貯金もできたとのこと。よかったよかった。

シーダ

クラスペガサスナイト
加入4章

タリスのお姫様。本作ヒロイン。
第2部では少し遅めの登場で、グラフィックもマイナーチェンジしました。加入時にはすでに優秀なペガサスナイトが2名もいるわけですが、マルスへの支援のためにやっぱり使いたいと思わせるあたりがさすが正ヒロインです。

リカード

クラス盗賊
加入5章

ジュリアンの子分的な盗賊。
第2部では5章と6章で二度の説得機会がある珍しいキャラとなっています。ユニットとしての立ち位置は変わらず。多くの埋もれた財宝がある11章など、ジュリアン一人では手一杯なマップで出撃させましょう。

サムトー

クラス傭兵
加入6章

ナバールもどきの傭兵。
初期能力も成長率も本物に遠く及ばないネタキャラ的存在です。しかし、ナバール死亡時のエンディングはちょっと泣けます。

ウェンデル

クラス司祭
加入6章

カダインの最高司祭様。
第2部ではガトーの命を受けて星のかけらを収集中。魔法職の多い2部でユニットとして使うことはほぼないでしょうが、相変わらず高齢者とは思えない成長率をしています。

ナバール

クラス傭兵
加入7章

スゴ腕の傭兵。唐突に「紅の剣士」という通り名が付きました。
第2部ではラディがいなくなったことで、傭兵系では一番の成長率に。

フィーナ

クラス踊り子
加入7章

旅の踊り子。
カチュアとエストを差し置いて、成長率の総合トップに文字通り「踊り」出た娘。しかしユニットとしての本質はもちろん再行動をさせることであり、肝心の耐久力が伸びないのは痛いところです。攻撃時のBGMが人を小馬鹿にしている感じでグッド。

カイン

クラスソシアルナイト
加入8章

アリティアの騎士。
登場のタイミングがやや悪いとはいえ、騎士系では変わらず最高の成長率を持ち、きちんと育てればきちんと強くなります。アベルに比べて下級職なのも嬉しい点。

バヌトゥ

クラスマムクート
加入8章

マムクートの一人。
第2部では戦力というよりも、8章の難易度を上げる要因のひとつとなります。せめてほかの竜石も使用可能なら面白かったのですが。

ジョルジュ

クラススナイパー
加入8章

アカネイアのスナイパー。
5章では敵として登場するも、アストリアに比べれば圧倒的に無害でそれだけで好感が持てるというものです。第2部では全体的に出番が増えました。それでもユニットとして使うことはあまりないかと。

ミネルバ

クラスドラゴンナイト
加入9章

マケドニアの王女。
上級職のレベル8というだいぶ育った状態での加入となります。終章の必須メンバーなだけに、残り12回のレベルアップはオーブを用いて大事に行いたいところです。

マリク

クラス魔道士
加入10章

カダインにて修行中の魔道士。
個人的に加入マップはレスキューを使うかどうかで悩みどころ。終章の必須のメンバーですが、その中では唯一クラスチェンジ可能なので、強さ的に問題はありません。

エルレーン

クラス魔道士
加入10章

カダインにて嫉妬に燃える魔道士。第2のガーネフになる素質を持ちます。
肝心のマリクに対しては、まず総合的な成長率では及ばず、専用の魔法もなく、そして転職後のグラフィックとあらゆる面で差をつけられます。ただ、ウェンデルの後継者を自負するのなら、あの見た目こそ本望なのかもしれません。

チェイニー

クラスコマンド
加入14章

神竜族の青年。
1部の正体不明の変な奴という立ち位置から、2部では思わぬお役目が与えられました。これ、ファミコン版からの構想なのかリメイクでの後付けなのかわかりませんが、どちらにせよお見事な配役だと思います。ユニットとしては戦力が足りないようなら。

チキ

クラスマムクート
加入14章

神竜族の娘。
見た目の成長に伴って成長率も落ちたものの、加入と同時にオーブが手に入るため何ら問題はありません。神竜への変身が1部よりも神々しくなり、攻撃もすべてのドラゴン系に特効のある「きりのブレス」になりました。メディウスにもダメージを与えられます。

アベル

クラスパラディン
加入15章

アリティアの騎士。
2部ではエストを人質に取られたことで敵として登場します。ファミコン版をやりこんでいる身としてはこれも結構な衝撃展開でした。ユニットとしては初めから上級職も、持ち前の成長率とオーブの入手後という登場のタイミングで問題なく戦力となるでしょう。

エスト

クラスペガサスナイト
加入15章

マケドニアの天馬騎士。
相変わらず三姉妹の中では一番遅い加入も、彼女が恵まれていると思うのは、1部も2部もちょうどオーブを持って闘技場に挑める章に登場するという点かもしれません。

アストリア

クラス勇者
加入16章

アカネイアの剣士。
7章から敵として登場し、8章と9章では殺る気満々で迫ってくる困ったさん。「いい剣を持っているし強いはわかるのだけれど、弓とかを使えば倒せないわけでもない。だけど別の理由があって倒せない」という点で長坂坡の趙雲と被ります。初回プレイでは説得者を探すのにも大変苦労させられました。

シーマ

クラスジェネラル
加入17章

グラの王女。
ジェネラルとは思えないスレンダー系の美人さん。戦闘中はプリティーなピンクの鎧をまといます。成長率はかなり優秀で、最終マップの「グラディウス」担当にもってこいなのに、登場の遅さとユニットの特性からなかなか思うようにレベルが上げられないのが痛いところ。闘技場も難しく、これは最悪グラ兵の「協力」を仰ぐという手も…。

サムソン

クラス勇者
加入17章

グラに雇われている傭兵。
2部を見るに、1部でアリティア軍が選んだのはアランというのが正史のようですが、あちらが病魔に蝕まれるのに対し、こちらはちゃっかり一国の美人王女といい雰囲気に。人生ってわからないなぁと思わされます。

ロシェ

クラスパラディン
加入19章

オレルアン「狼騎士団」の聖騎士。
ハーディンズの中では唯一冷静な意見を持ち、忠誠や友情を相手に葛藤します。成長率は1部に続きまずまず優秀で、また仲間になるのが最高の闘技場マップのため、便乗して育ててみた人もいるかもしれません。

ミディア

クラスパラディン
加入20章

アカネイアの騎士隊長。
1部に続いてまたしても捕らわれの状態で登場します。レベルは16と跳ね上がり、それに応じて能力値も強化されているものの、使う機会ないんだよなぁ…。

レナ

クラス司祭
加入終章2

マケドニアのシスター。
2部では仲間というかほぼ救出対象。ジュリアンとの会話は感動します。マチスでも説得が可能だったら面白かったかもしれません。もちろん失敗で。

マリア

クラス司祭
加入終章2

マケドニアの王女。
同じくほぼ救出対象。ステータスがとても上級職とは思えないほど低く、不憫な気持ちにさせられます。しかし、第2部はこの娘の優しさなくして「スターライト」はもたらされませんでした。

ニーナ

クラス司祭
加入終章2

アカネイアの王女。
同じくほぼ救出対象も、ユニットとして仲間になるのは2部が初めて。ファミコン版の毅然とした王女像から、2部では「女性」の面を覗かせてしまい、プレイヤーの評判を落としてしまった感じです。しかし、個人的には彼女だけを責められない。

エリス

クラス司祭
加入終章2

アリティアの王女。
やはりほぼ救出対象ですが、場合によって「オームの杖」を使用することになるかもしれません。ほぼ意味はないのに依然として成長率は優秀です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^