ファイアーエムブレムif ‐ 像の対応能力

スポンサーリンク

概要

  • 各ユニットの撃破数に応じて配置&レベルアップが可能
  • 設置するとその像のユニットの「長所」の上限が+1される。詳細は効果をご参照
  • 像の形は対応する能力値によって決まっており、ズームで見ても本人にはまったく似ていない
  • 主人公の長所は冒頭に設定したもの
  • カンナの長所は冒頭に設定した「主人公の短所」となる

「像」はマイキャッスルの設置物のひとつで、上記の特徴があります。
対応の能力値は主人公の設定から便宜上「長所」と表記していますが、アクアの魔力やリンカの力など、他のユニットにおいては必ずしも正しい表現ではなさそうです。

効果

Lv 撃破数 竜脈値 効果範囲
20 0 本人のみ
50 3 本人と支援「C」以上の相手
100 9 仲間全員

少々混乱しがちですが、例えば「幸運」が長所であるフェリシアの像のLv2を設置した場合、フェリシア&フェリシアと支援「C」以上のユニット全員の「幸運」の上限値が「+1」されるということです。
ちなみにレベルごとの効果は被らず、Lv1でもLv3でも本人への効果は「+1」となります。また「配置 ⇒ 上限到達 ⇒ 撤去 ⇒ 再配置」とした場合、上昇した能力値はきちんと保たれています。

長所一覧

共通

白夜

暗夜

合計

各ルート、可能な限りの像を設置した場合の上限値の合計です。これにあとは主人公とカンナの値が加算されます。
なお、透魔の場合は建物配置数の制限に引っかかるため、すべてを配置することはできません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^