ファイアーエムブレムif ‐ サポーター名鑑

スポンサーリンク

概要

  • マイキャッスルの執事メニューで利用可能
  • 「魔符、絆ユニット、ゲスト、捕虜」の4種があり、合計で99名まで登録可能
  • 内容は全セーブデータで共通 (セーブで正式登録)
  • 有料で自軍に加えたり、同ユニットへのスキル継承ができる
  • サポートユニットは敵将マークの緑色バージョンが付いている

サポーター名鑑の特徴はこんなところ。
活用することで編成の自由度が上がり、全員同じクラスや全員同じユニットなどのカオスな部隊をマイキャッスルに登録することも可能になります。

種類

魔符
「魔符屋で購入」「通信のマイキャッスル戦で勝利」「本編クリア(5名)」のいずれかで登録されます。
このうち「本編クリア」での登録のみ、装備していないスキルも継承の対象になるのでお得です。
絆ユニット
通信で他所のマイキャッスルを訪問し、同じ相手と何度かアクセサリーの上げ合いを繰り返すと誕生します。
特徴は以下の通りですが、いろいろと未確認です。
  • 見た目はほぼマイユニット作成時に選択可能なパーツで形成される
  • 頬に特有のタトゥーが入っている
  • 初期レベルは1
  • 初期クラスと素質は主人公職と双方の主人公の素質で決定する?
  • 初期クラスから変更するとそのクラスに戻ることはできない?
  • 初期スキルは固有1つと兵種3つをランダムで所持
  • 固有スキル欄に兵種スキルが入っていることもある
  • 成長率、上限値補正も双方の主人公のどちらかから決定する?
ゲスト
恐らくアミーボやサイファ関連で得たユニットが登録されると思われます。
現状未確認。
捕虜
オロチかゼロで「捕獲」し、牢屋でスカウトか説得に成功したユニットが登録されます。

小技

名鑑は全セーブデータ共通なので、以下のような小技が可能です。

登録だけならノーリスク
例えば白夜のユニットを暗夜で使用したいという場合、まず白夜のデータで魔符登録するわけですが、このとき本データとは別欄にセーブをしてしまえば実質無料で登録ということになります。同様に捕虜を登録する場合でも、スカウト後に別欄にセーブすれば素材が減ることはありません。
スポットでスキル継承
例えばとあるスキルを得たいけれど、結婚してマリッジプルフを使用しないと目的のクラスになれない、だけど結婚は別のユニットとさせたいという場合、スキル習得後に魔符登録して別欄にセーブをすれば、本データでは未婚のまま目的のスキルを継承で得ることが可能です。
永久ドーピング
加入 ⇒ ありったけのドーピングを使用 ⇒ 強さ上書き ⇒ 別欄にセーブ ⇒ 本データで加入、と繰り返すことで、いくらでも能力値フルのサポートユニットを作成することができます。ただし、加入料金も跳ね上がります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
^