ファイアーエムブレム外伝 ‐ 登場人物 (セリカ軍)

スポンサーリンク

セリカ

クラス神官
加入第2章

一応最初から上級職という本作ヒロイン。その正体はソフィア王家で唯一生き残ったとされているアンテーゼ王女様。
アルムに比べてクラスチェンジの機会が早く、意識して育てておかないと損をします。アルムほど強ユニットではないものの、顔グラの可愛さはファミコン全体でもトップレベルです。もし本作がリメイクされたら逆に劣化してしまいそう。

メイ

クラス魔道士
加入第2章

修道院の魔道士。
セリカ軍の初期メンバーでは一番成長率が低いのですが、攻撃力がよく伸びるという個性がはっきりしており、そんなに悪いイメージはなかったり。

ボーイ

クラス魔道士
加入第2章

修道院の魔道士。
メイと素早さの成長率は同じはずなのに、上昇パターンの問題かよく伸び悩みます。しかし一度のレベルアップで4項目上がることがある数少ない一人でもあり、丁寧に育てれば強くなります。

ジェニー

クラスシスター
加入第2章

修道院のシスター。
セリカ軍では唯一のシスター。「イリュージョン」とか要らんから「ワープ」を覚えてほしかったのです。

セーバー

クラス傭兵
加入第2章

ノーヴァの港にいる片目眼帯の傭兵。
実は傭兵の中では一番成長率が低かったりするのですが、序盤に加わるのと、攻撃力&守備力の組み合わせで上がりやすいこともあり、主力になることが多いと思います。わざわざ魔道士にした場合は男性で唯一「エンジェル」を覚えたりします。

バルボ

クラスアーマー
加入第2章

ダッハに家族を殺され仇討ちに燃えるアーマー。
ルカとフォルスによって従来の「アーマー観」を崩されかけていた人を安心させる、これでもかというほどのアーマーキャラ。魔法防御「0」はもはや立派な個性です。なぜだかアルム・セリカと共にパッケージに載っています。

カムイ

クラス傭兵
加入第2章

バルボ組の傭兵。
セーバーより成長率が高いものの、加入時期からどうしてもセーバーに遅れを取ります。

レオ

クラスアーチャー
加入第2章

バルボ組のアーチャー。
成長率は平均以下も、「ぎんのゆみ」を装備する頃には結構な攻撃力に。

パオラ

クラスペガサスナイト
加入第3章

前作にも登場するペガサス三姉妹の長女。
相変わらず三姉妹の中では成長率が悪いですが、今作ではファルコンナイトというクラス自体が非常に強力なため、普通に主力として使っていけます。

カチュア

クラスペガサスナイト
加入第3章

前作にも登場するペガサス三姉妹の次女。
前作トップクラスの成長率はややダウン。しかし、やはりファルコンナイトのクラス性能で普通に主力となります。また、それ以上に初の「てんしのゆびわ」をもたらしてくれるありがたい御方でもあります。

アトラス

クラス村人
加入第3章

ギースに弟や妹をさらわれ怒りに燃える山の村の村人。
セリカ軍唯一の村人ということで、足りない部分を補える…ほどには成長率が高くないのが残念。とりあえずは傭兵にするのがいいでしょうか。

ジェシー

クラス傭兵
加入第3章

エストを助けようとしてギースに捕まったケチな傭兵。
半端な加入時期ながら、傭兵の中では成長率・魔法防御ともに一番優秀です。

ソニア

クラス魔道士
加入第3章

ギースの部下の魔女。ジュダの娘でマーラとへステの妹。
本作の二者択一。総合的に見るとこちらを選ぶ人のほうが多くなりそうな。ただし仲間になると魔道士となり、「ワープ」は使用できません。

ディーン

クラス剣士
加入第3章

ギースの部下の剣士。
本作の二者択一。すでに傭兵系の多いセリカ軍にこの成長率では…。一応、無理やり魔道士にするとレベル3で「アロー」を覚えたりします。

エスト

クラスペガサスナイト
加入第3章

前作にも登場するペガサス三姉妹の末っ子。本作でも遅れて登場します。
初期レベルは低めも、育てればダントツの成長率であっという間にエースに昇格する超有望株。村人ループなんてものがなければ確実に本作最強のユニットでした。トライアングルアタックのためにも早めに育て上げましょう。

ノーマ

クラス賢者
加入第4章

修道院の最高司祭様。意外とお茶目な一面を持ちます。
成長率はマイセンに次いて壊滅的ですが、マイセンほど即戦力でもないのが痛いところ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
^